千鳥が沖縄で感激、A5和牛に包んだいくらを炙ってギャグ連発

特集

全国のローカルスターが登場!「千鳥のロコスタ」を記事で楽しむ

2019/07/20

千鳥が沖縄で感激、A5和牛に包んだいくらを炙ってギャグ連発

お笑いコンビ・千鳥が、全国のローカルスター“ロコスタ”とご当地巡りをする番組「千鳥のロコスタ(GYAO!)」。この番組で千鳥たちが訪れたスポットや食べたグルメをご紹介。第16回の舞台は沖縄県那覇市。次々と登場する絶品いくら料理が、飛行機が迫る千鳥を帰さない。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

沖縄のバーでいくら? 不思議な組み合わせの激ウマ料理店

お笑いコンビ・千鳥が全国のローカルスターの案内でオススメのスポットやグルメを紹介するロケバラエティ番組「千鳥のロコスタ」

第16回は夏に行きたい沖縄県那覇市からお届け。

ロケ地が沖縄なので、衣装も楽園仕様だ
千鳥

千鳥

お笑いコンビ

ノブ
ノブ
「飛行機の時間がありまして、(ロケに残された時間は)あと30分。ちょっとやばいんですよね」
大悟
大悟
「(今回の)ロコスタは?」

本州へ帰る飛行機が迫る中、ギリギリまでロケを敢行するチームロコスタ。そんな中「千鳥さん早く!」という声が2人を呼ぶ。

沖縄のローカルスターはこの人!

第15回でも登場したゆっきーこと、長浜之人が2階からお出迎え
長浜之人(キャン×キャン)

長浜之人(キャン×キャン)

お笑いコンビ

ゆっきー
ゆっきー
「千鳥さん早く! 飛行機がもう発つよ! 足を動かして早く!」

今回紹介するお店はこちら!

訪れたのは、那覇空港から車で10分ほど、那覇市内にある「DiningBar Red Caviar」。いったいどんな料理が出てくるのか?
千鳥らが席に着くと、店長の上原さんがショットグラスを持って登場。店名の通り、やはりダイニングバーだ
店長の上原誠志郎さん
店長の上原誠志郎さん
「当店自慢のまず1品目……」
「『いくらショット』でございます」(上原店長)
ノブ
ノブ
「おもしろ! お酒とかじゃないんだ」
店長の上原誠志郎さん
店長の上原誠志郎さん
「まずは『駆け込みの一杯』を」

居酒屋なら「とりあえずビールで」となりそうなものだが、このお店では「とりあえずいくらショットで」になる。

とりあえず掻き込んでみる
大悟
大悟
「こんないいバーがあったんか。ナダルとクラブ行ってる場合じゃなかった」
ノブ
ノブ
「行くなよ! 品のない行動しやがって。自覚ないんか、千鳥の自覚が」

どうやら大悟、今回のロケに前乗りして、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)と沖縄の夜を満喫した模様。

いくらの駆けつけ一杯にノブが拍手
ゆっきー
ゆっきー
「このRed Caviarさん、沖縄では珍しく、いくら専門のダイニングバーなんです」
ノブ
ノブ
「お酒だけの雰囲気ですけど……」
店長の上原誠志郎さん
店長の上原誠志郎さん
「料理もしっかり出してます」

こちらのお店では、青森県産のいくらを使用している。店長に曰く「粒のハリと、薄皮が口に残らない感じ」が、青森県産の特徴なのだとか。

2品目は大根おろしにいくらをかけた「いくらおろし」。いくらはお店特製の漬け地で2時間漬けている
「いくらがおいしいわ。何でどうやって味付けしてるんやろ?」(大悟)
ゆっきーも食べてみることに
お得意の状態ネタでおいしさを表現
ノブ
ノブ
状態使いうまいな〜」
大悟
大悟
「とんねるずさん以来やな」
2品目からすぐに3品目。時間がないので料理がどんどん運ばれてくる
店長の上原誠志郎さん
店長の上原誠志郎さん
「最近新メニューで開発しました『にくら』でございます」
ノブもたまらん

国産A5ランクの和牛サーロインといくらのコラボメニュー。なんと、いくらを肉で包みその上から炙るのだという。

いくらを生の肉で包み
バーナーで炙る
ゆっきー
ゆっきー
「これが、沖縄によくある『バーナー』というものです」
ノブ
ノブ
「バーナーはどこでもある」
肉に一気に火を入れ
完成!
ノブ
ノブ
「間違いないね」
「いただきます!」(ゆっきー)。ゆっきーが食べるということは……
「痛風状態」(ゆっきー)

状態ネタが千鳥にハマりまくる。

ノブ
ノブ
ただの痛風やん! 状態じゃないやん」

そして4品目。千鳥の2人が大好物の丼モノが登場。

千鳥「う〜わ!」
これでもかといくらがのった「いくら丼」
大悟
大悟
「この店、1軒目で来る店なんかな?」
「うわ! うますぎて」
大悟も状態ネタを披露
大悟
大悟
「どうにもおもろいのが浮かばんかった……」
ノブ
ノブ
「沖縄関係ないやん。ほんで(視聴者)あんま知らんねん。クワマンさんが箸の持ち方変なの」
大悟が状態ネタをしてしまうほどうまい「いくら丼」だが、さらに進化してしまうのだとか
ゆっきー
ゆっきー
「もうだって飛行機もね。お時間が……」
上原店長は構わず、丼にイクラを追加していく。ちなみに店長によると、これを「追いいくら」と呼ぶらしい
店長の上原誠志郎さん
店長の上原誠志郎さん
「千鳥さん、お好きですよね

そう言いながら店長が運んできたのは、千鳥の2人がロコスタで何度も味わっている、丼にオンする卵黄だった。

ノブ
ノブ
「あ〜! うま〜い!」
食べる前から2人ともがおいしいと確信する
キラキラのいくらに黄身をオン。「待ってましたよ〜」(ノブ)
口に入れた直後に頭を抱えるノブ
ノブ
ノブ
「ぶちクソうめぇじゃない!」

ノブがシンプルに絶賛。それだけでいいのに、2人の状態ネタに対抗しようと、さらなるコメントを捻り出そうとする。

ノブ
ノブ
「あの〜あれあれ。えーっと。中の米も楽しめるけど、外側まで充実してる……」
長時間かけて発したネタがこれ
大悟と同じく、ノブもあんまり上手じゃなかった
大悟
大悟
「冷める時間が一回来んねん」

そうこうしているうちにも迫る飛行機の出発時間。それでもゆっきーが、最後の〆となる料理を食べてほしいという。いくら丼を超える〆のいくら料理とは?

大悟
大悟
「逆にちゃんと酒はありますか?」
〆もやはり、いくらをたっぷり使った料理「いくらのクリームパスタ」
大悟が食べる
「うますぎて……楽屋のゴリ状態」(大悟)
大悟
大悟
「(ゴリさん)常に楽屋では映画のこと考えてるから」
ノブ
ノブ
「そんなに一点見つめてる?」

状態ネタに熱中するあまり、もはや食リポになっていない……。

「千鳥さん、もう飛行機が飛ぶ時間ということで。どうでしたか?」(ゆっきー)
ノブ
ノブ
「最高です。ほんで、何とか状態。ほんまいいもん見せてもらいました」
大悟
大悟
「(ロコスタで)やっていっていいですか?」
ゆっきー
ゆっきー
「もちろんです!」
「最高! 亀田史郎状態」(大悟)
ノブ
ノブ
お前だけやねん。(亀田史郎)好きなの」

構成/井上良太(シーアール)

千鳥のロコスタ(GYAO!)

千鳥のロコスタ(GYAO!)

毎週火曜午後9時30分~配信

お笑いコンビ・千鳥が日本各地で活動するタレント・ローカルスターとオススメのスポットやグルメスポットを巡るロケバラエティ番組。ロケ名人の千鳥とクセが強いローカルスターとのやり取りは抱腹絶倒必至!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

SPECIAL

SERIES