【発見!札幌】ビールの聖地・札幌「サッポロビール博物館」へ!

【発見!札幌】ビールの聖地・札幌「サッポロビール博物館」へ!

2019/08/11

好感度トップクラスを誇る札幌市。なのに「札幌の観光」というと、どこに行ったらいいのかわからないという声をよく聞きます。そこで、地元から全国へ北海道の魅力を発信する「北海道生活」が、札幌で発見できる観光ポイントをご紹介します。

北海道生活

北海道生活

日本のビールの聖地・札幌~「サッポロビール博物館」のプレミアム・コースが面白い!

札幌で美味しいジンギスカンとビール!といえば、「サッポロビール園」に足を運ぶ方も多いでしょう。
その「サッポロビール園」のおとなりに、「サッポロビール博物館」があるのをご存知ですか?
ここはビール好きにはツボを押さえたポイント満載の博物館なのです。

2016年にリニューアルしたサッポロビール博物館

札幌は日本で最初の国産ビールがつくられた地。「ビールのまち・さっぽろ」を提唱しています。
それは「マッサン」こと竹鶴政孝さんが国産ウィスキーをつくるよりももっと昔、今から140年以上前の話なのです。
北海道開拓を進めていた札幌のまちで、なぜビールもつくることになったのか?その秘密がここにあります。

平成15年まで稼働していた大きな煮沸釜は「未来技術遺産」に選定

博物館は入場無料で自由に見学できるのですが、ぜひオススメしたいのが「プレミアムツアー」500円。
たったワンコインで、ますます面白く見学ができるのです!

ブランドコミュニケーターの案内で見学する「プレミアムツアー」

「プレミアムツアー」では案内役のブランドコミュニケーターとともに見学。
わかりやすくビールの歴史や豆知識などを教えてもらいながら見学できるので、自由見学よりも格段に知識が深まります。
しかもコミュニケーターの方一人ひとりの説明やポイントに多少のちがいがあり、いつ訪れても新しい発見があるんです。

大河ドラマのような感動が味わえる6Kシアター

そして「プレミアムツアー」では、自由見学では見られない場所にも案内してもらえます。
特に「プレミアムシアター」では、北海道開拓における国産ビールの誕生をドラマチックに描いたワイド6K映像が見られます。
まるで大河ドラマを縮約したような劇的な展開で、この映像を見るだけでもツアーに参加する価値は十分にあるといえるでしょう。

見学の最後のお楽しみは、やはりビールの試飲

そしてビール博物館見学の最後のお楽しみが、ビールの試飲。
これも自由見学でオトクに「サッポロ生ビール黒ラベル」や北海道限定「サッポロクラシック」などが飲みくらべできるのですが、何より「プレミアムツアー」参加者だけの特典は、「サッポロ生ビール黒ラベル」と創業当時の製法を再現した「復刻札幌製麦酒」の飲みくらべ。この復刻ビールはツアー参加者のみの特典なのです。

写真右より「サッポロ生ビール黒ラベル」と「復刻札幌製麦酒」

140年以上前につくられたビールの味は?そして、現代のビールとのちがいは?
……それはぜひ、現地で確かめてください。
ほかにも有料試飲が楽しめたり、「自宅でできる缶ビールの美味しい注ぎ方」を教えてもらったり、ビール好きにはたまらないひとときが過ごせます。もちろん飲めない方にはソフトドリンクを用意しています。
「ビールのまち・さっぽろ」に訪れたなら、ぜひ「サッポロビール博物館」へも足を運んでみましょう!

なお、この「サッポロビール園」と「モエレ沼公園」「サッポロさとらんど」を結ぶ循環バスが運行。
2019年8月1日~9月30日まで毎日運行しています。※8月25日(日)および9月7日(土)は運休
オトクなプランもあるほか、各施設の特典も用意されているので、観光客の方には特に便利です。ぜひ利用してみてください。

全国誌「北海道生活」72号

全国誌「北海道生活」72号

巻頭特集「北海道の農家カフェ」

<特集・連載> ■特別企画「なつぞら」広瀬すず・草刈正雄 ■旅する北海道「日高路から十勝平野へ」

北海道生活

北海道生活

WEB版

地元に密着した取材で、個人の旅の町歩き、北海道の暮らしに役立つ情報を発信!観光で訪れる北海道とは違う「暮らしの中で発見し、出会える」魅力を紹介。田舎暮らしや移住を考えている方に向けた情報も満載。

この記事を書いたライター情報

北海道生活

北海道生活

北海道で編集し、全国で発売している雑誌『北海道生活』は、「ほっかいどうが好きなすべての人へ」をテーマとした“北海道LOVEマガジン”。一般的な観光ガイドブックにはない身近な旅の情報から、暮らし、移住まで、地元目線で取材した記事が評判。北海道の“本当の”魅力が見つかります。

北海道生活 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載