洋食ランチが美味しい! 池田町銘菓【バナナ饅頭】発祥の店

洋食ランチが美味しい! 池田町銘菓【バナナ饅頭】発祥の店

2019/08/05

明治38年から親しまれてきた池田町の銘菓「バナナ饅頭」。JR池田駅から徒歩1分のところで、米倉商店が製造・販売しています。バナナ饅頭はもちろん、同店が運営する「レストラン よねくら」には「ランチメニュー」が充実! ステーキの他、1,000円以下で美味しい洋食ランチがいただけます。

トカチニッチ

トカチニッチ

洋食ランチが美味しい! 池田町銘菓【バナナ饅頭】発祥の店

池田町の銘菓といえば、皆さんご存知……

バナナ饅頭!

池田町の銘菓「バナナ饅頭」

白あんを小麦粉生地で包んだバナナ風味のお菓子です。

箱の裏面に書いてあるように、温めるととっても美味しい! 「本物の焼きバナナを食べている」ような錯覚に陥ります。

8本入り620円 / 16本入り1,240円

明治に誕生!

「バナナ饅頭」の歴史は古く、なんと100年以上前から作られています。

1904(明治37)年に池田駅が開業し、それからまもない1905(明治38)年、鉄道を利用する旅行者や開拓者に向けて、当時高価だったバナナの風味を再現した「バナナ饅頭」が開発されたのだそうです。

現在も多くの人に親しまれている「バナナ饅頭」。米倉商店さんが、製造・販売しています。

JR池田駅の様子。池田町といえばワイン、葡萄やワインオープナーがモチーフに!

鉄道の利用客に向けて開発された「バナナ饅頭」。
このような背景から、米倉商店さんは池田駅の真ん前! 徒歩1分の場所にありました。

「バナナ饅頭」の看板が目立っていて分かりやすい!

米倉商店さん、実はレストランも運営されています!
というか、今回の主目的は……

「レストラン よねくら」のランチ!

さっそく、中に入ってみました~!

「池田牛」が食べられるお店

「これぞ洋食屋さん」といった雰囲気の店内には「バナナ饅頭」販売コーナーがあり、レストランで食事をしないお客さんも気軽にバンバン購入している様子です。

「牛のワイン漬けステーキ弁当 1,080円」がめちゃくちゃ気になる!

「バナナ饅頭」は最後に買うとして……

何はともあれ、ランチメニューを確認ッ!

写真付きでわかりやすいランチメニュー

どれも美味しそう!  迷っちゃ……ん?「いけだ牛ステーキ」!?
待てよ。そもそも「ステーキ推し」のお店だったの……?

いや……「バナナ饅頭」推しッ!?

(取り乱しましたが)

大人しく「ランチメニュー」から「カットステーキセット ※みそ汁付 980円」を注文しました☆

カットステーキセット※みそ汁付 980円

こちらが、その……
カットステーキセット ※みそ汁付 980円」だぁああああ!

見た目通り美味しい! ←食レポ

そして、夫と娘は「ハンバーグスパ  980円」を選択。

ハンバーグがぷりぷり(?)で美味しい! ←食レポ

ミートかナポリタンが選べちゃう!画像はミートスパ
食後にコーヒーも付いていて、とっても贅沢なランチとなりました!

いただいたもの全部、美味しかったです!

よねくらさん、ありがとうございましたーー!

取材・文・撮影=狂虎(きょうこ)

この記事を書いたライター情報

トカチニッチ

トカチニッチ

トカチニッチとは、「十勝」の「ニッチ」な情報を気ままに収集・発信する、 個人的なワクワクが詰まったメディアです。 「十勝日誌」のオマージュとして(?)、明日から使えない十勝情報をダイアリーやレポート等にしたためて、ぼちぼち更新していきます。

トカチニッチ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載