讃岐の民家でまったり過ごす。こだわりのスコーンと紅茶

讃岐の民家でまったり過ごす。こだわりのスコーンと紅茶

2019/07/28

香川県宇多津町の外れ、坂を上がった民家を改装したこだわりのスコーンとミルクティーのお店「六角スコーン」さんに行ってきました。

ガーカガワ

ガーカガワ

まるで、田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような店内

六角スコーン

去年の10月にオープンしたという噂を聞きつつ、気になりながらもたどり着けなかったお店、六角スコーンさんに満を持しての訪問です。
しっかり地図を見ておかないと、「この辺かなぁ」なんて適当には行く事の出来ない、隠れ家的な場所にあります。

それもそのはず。元々はオーナーさんのお住まいだった民家を一部改装して作ったお店なのです。

青い看板が目印

お店の横にある、駐車場というより車庫に車を止めてスロープを上ると、そこはまさに普通のお家の玄関・・・。

店舗入り口

のれんが無ければちょっと戸惑うところでした。

それでも、ごめんください・・・。 なんて声をかけると、奥からオーナーさんの明るい「どうぞ~ お上がり下さい~♪」という声にほっとしつつ、靴を脱いで店内(というより、まんま民家)にお邪魔したのでした。

民家を改装した店内

こんにちは・・・。

なんだか既視感のある、まんま民家の広間を残したその空間。
まるで、僕のおばあちゃんちやん!

早くも寛いでしまう雰囲気のある空間

これで蚊取り線香と湿布の匂いがしたら完璧!

もちろん、蚊取り線香や湿布の匂いはありませんが、まったり寛ぐには十分な、どこか懐かしいスペースでした。

焼き立てのサクふわスコーンと牛乳たっぷりミルクティ

にっこり笑顔の気さくなオーナーさんとのご挨拶もそこそこに、さっそくスコーンをお願いしました。

今日のメニューはこんな感じ。

さまざまな手作りスコーンが楽しめます

1個単位で注文できますが、プレーン1個+お好きなスコーン2個の計3個で300円というお得なセットもあり。
これに、オーナーさんがこだわっているというミルクティ(280円)を注文される人が多いとの事。

セットでも良かったのですが、せっかくだからとオーナーさんおすすめの3品をチョイスしました。

20分ほどで焼き上がり

聞けば、元々はご家族の朝食用に作っていたそうで、本場イギリスのスコーンとは少し違っているのだそう。
生地を幾重にも折り畳み、パイのようなイメージなのですが、外はカリカリで中はふわふわ。しっかりキウイの果実や野菜もその存在を主張しつつ、実は砂糖や塩などの味付けは表面だけなので見た目よりあっさりしています。

蜂蜜レモンの蜂蜜は、お隣り坂出市の養蜂家さんのもので濃厚! これはいくらでも食べてしまいそうな美味しさでした。

そして、オーナーさんこだわりのミルクティ。

一番人気のミルクティ(280円)

オーナーさんがニンマリしながら出されたので、これは相当な自信作に違いないとひと口飲むと・・・。

なんだか、まろやかでほっとする美味しさ♪
甘めのスコーンにとっても相性が良いのです。

美味しいものを口にすると、自然に笑ってしまうんですよね~!
それを見たオーナーさんもこの笑顔。

とっても気さくなオーナーさん

この紅茶も実はこだわりがあって、20年以上前から同じお店で購入されているのだそう。
ブランドや高級茶葉などには左右されず、いろいろ試した中で「これだ!」と思う茶葉をたっぷり使ってコクを出している逸品です。
牛乳との相性まで計算しつくしたミルクティなんだそうです。

これ・・・

本当に280円でいいんですか??

絵本や漫画、ボードゲームなども楽しめます

飾らずに、まるで田舎のおばあちゃんちにでも遊びに行くような気安さで過ごせる六角スコーンさん。
またちょくちょく立ち寄りたいお店でした。

ガーカガワ

ガーカガワ

香川のあれこれをクスッ笑いでお届けする地域情報weマガジン。ランチやおやつ情報も満載!

この記事を書いたライター情報

ガーカガワ

ガーカガワ

香川県の「ヒト」「モノ」「コト」を中心に、クスッ笑いを交えながら紹介する地域情報webマガジンです。

ガーカガワ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載