【郡山市】桑野エリアで人気の和食処「山忠」「益元」

2019/07/27

【郡山市】桑野エリアで人気の和食処「山忠」「益元」

贅沢感たっぷりの特大エビフライの載った定食が味わえる『山忠(やまちゅう)』。魚料理の種類の豊富さと親しみやすい値段で、創業から客足が絶えない『益元(ますげん)』。郡山市桑野にある、人気の和食処2店をご紹介。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

大衆割烹『山忠』の人気定食で、特大エビフライを味わう

高い天井に木の梁や柱が落ち着いた雰囲気を醸す。テーブル席のほか、座敷もあり、宴会は最大40名まで。個室も完備

2017年2月にリニューアルオープンした創業30年余りの人気店『山忠』。ランチから家族の夕食、仲間内の飲み会や宴会まで幅広い利用客でにぎわう。

「特大海老フライ定食」(1,900円)。大皿に1尾25㎝ほどの大きな海老フライが2本。小鉢や茶碗蒸し、サラダなども添えられ、まずはそのボリュームに驚かされる

豊富なメニューの中でも魚料理はどれも人気が高い。「毎日市場で新鮮な魚を仕入れて料理するだけ」というご主人だが、刺身から煮魚、焼き魚、フライなど誰もが食べたいと思う定番料理だからこそ、食材の新鮮さ、料理人の腕がその出来栄えを左右する。「特大海老フライ定食」も、サイズを吟味したエビをサクサクに揚げ、アツアツで提供する。サラダなど野菜がたっぷりなのもありがたい。

新鮮な「荒磯盛り」(2、3人前2,980円)や、大ぶりな「銀たら西京漬け焼」(1,480円)、「うなぎ蒲焼」(3,200円)など、メニューは実に豊富

メニューは、ほぼ昼・夜共通。酒肴から定食、丼物、デザートまで200近くを数える。国産生鶏や「三元豚」など、魚以外の食材にもこだわる。米は店用に栽培する「あさか舞」。できるだけ安価に提供したいというご主人の心意気がうれしい。

旬の魚料理も気前の良さが身上。多種多彩な味わいに笑顔が広がる『益元』

「赤魚唐揚定食」(800円)。揚げる直前に衣を絡めるのがおいしさの秘訣。カラッと揚げた赤魚のから揚げは、身もプリップリ。たっぷり添えられた大根おろしに醤油をかけて、赤魚と一緒にさっぱりいただく

創業40余年。昼も夜も大勢の客でにぎわう人気店。この店の魅力は、なんといっても魚料理の種類の豊富さと親しみやすい値段。家族連れも多く、幅広い世代に愛されている。2代目店主の荒井陽平さんは、先代から受け継いだ「おいしい魚を手頃な値段で食べてほしい」という心意気を忘れずに味を追求する。 

ランチで評判の定食は、毎朝市場から仕入れた新鮮な魚介を使った料理を中心に、多彩なメニューが揃う。写真の「赤魚唐揚定食」は常連客に人気。そのほか、女性ファンが多い「刺身盛合定食」やサケとイクラのわっぱ飯など、目でも舌でも堪能できる味が勢揃いする。

季節限定(10月~4月)の人気メニュー、「けんちん汁と刺身定食」(1,150円)。根菜たっぷりで身体が温まる。とろろ、ご飯、漬物が付く

夜も同じ値段ですべての定食を味わえるが、毎日数十種類登場する「本日のおすすめ」もチェックしてほしい。冬には、クエやブリの刺身、アンコウ鍋などが並ぶ。季節を味わう楽しさを満喫しよう。

店主の荒井さん。気さくな雰囲気の落ち着いた店内は、カウンターとテーブル席、座敷がある。週末は予約がおすすめ。宴会は30名まで
シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES