【発見!札幌】大通公園に向かってダイブ!テレビ塔を倍楽しむ

特集

スケール特大! 北海道のおでかけ体験

2019/08/03

【発見!札幌】大通公園に向かってダイブ!テレビ塔を倍楽しむ

好感度トップクラスを誇る札幌市。なのに「札幌の観光」というと、どこに行ったらいいのかわからないという声をよく聞きます。そこで、地元から全国へ北海道の魅力を発信する「北海道生活」が、札幌で発見できる観光ポイントをご紹介します。

北海道生活

北海道生活

パワースポットもある?テレビ塔からダイブ!

さっぽろテレビ塔

札幌の観光スポットと言えば、おなじみテレビ塔。
札幌市民は日々見慣れていますが、意外と知らないテレビ塔の楽しみ方に迫ります!

晴れた日には遠くに大倉山ジャンプ競技場が見える

いまや高層ビルも増え、札幌のまちを展望できるところも次々できましたが、やはりテレビ塔からの眺めが随一!
遠くにスキージャンプで有名な大倉山を見ることもできます。

まずは、テレビ塔あるある。
展望台が3階にあるけど、1階のエレベーターがなかなか来ない、または多くの人で入れない。そんなとき、「階段であがろうか!」ということになったあなた、テレビ塔の2階までは「ビルの5階分」あるのです……ご注意ください。

もたれかかっても大丈夫!な窓「怖窓(こわそう)」

かなり年季の入った古い塔ですから、展望台も昭和の香りが漂います。
「高さ147.2m」と聞いて、さほど高くないと思ったあなた、数年前にできた「怖窓(こわそう)」へどうぞ。
ここだけ足元ぎりぎりまでガラス張りで、もたれかかっても大丈夫なのですが、高所恐怖症の方には近づけないほど怖いです。

テレビ父さんとテレビ母さんが並んでる神社

展望台には「神社」があるんです。これは札幌市街で一番高いところにあるという神社。
総本山・北海道神宮から頓宮までの間に建っているということで、風水的には大変ご利益があるとか……

いよいよ「テレビ塔ダイブ」へ

無事をお祈りしたら、いよいよ「テレビ塔ダイブ」へ! バンジージャンプのようにテレビ塔から大通公園へと飛び込むアトラクションで、じわりじわりと人気が高まり、この前はテレビ番組「イッテQ」でもいとうあさこさんがチャレンジしたとか。

なまら高ぁ~い、ココロの準備はいい?と言われても……

いんたん座って、気持ちが固まったら、そのまま腰を落としてダイブ!
飛んだ後はそれほど怖くないそうなんですが、最初の一歩が恐ろしくて踏み出せないらしい。
いとうあさこさんも、長い時間動けなかったらしいですね。ここに来ただけで、その気持ちわかります。

子どもから大人まで、体重20kg~100kgならOK
ついに、ダイブ!

「テレビ塔ダイブ」は2019年9月29日までの限定開催。
悪天候をのぞく毎日11:00~18:00 (14:00〜15:00の1時間は施設点検のため休止)行なわれています。
ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

テレビ塔ダイブからの360度画像はこちら!
全国誌「北海道生活」72号

全国誌「北海道生活」72号

巻頭特集「北海道の農家カフェ」

<特集・連載> ■特別企画「なつぞら」広瀬すず・草刈正雄 ■旅する北海道「日高路から十勝平野へ」

北海道生活

北海道生活

WEB版

地元に密着した取材で、個人の旅の町歩き、北海道の暮らしに役立つ情報を発信!観光で訪れる北海道とは違う「暮らしの中で発見し、出会える」魅力を紹介。田舎暮らしや移住を考えている方に向けた情報も満載。

この記事を書いたライター情報

北海道生活

北海道生活

北海道で編集し、全国で発売している雑誌『北海道生活』は、「ほっかいどうが好きなすべての人へ」をテーマとした“北海道LOVEマガジン”。一般的な観光ガイドブックにはない身近な旅の情報から、暮らし、移住まで、地元目線で取材した記事が評判。北海道の“本当の”魅力が見つかります。

北海道生活 が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES