十割そばと新鮮玉子の共演! 農家の絶品そば/北海道

十割そばと新鮮玉子の共演! 農家の絶品そば/北海道

2019/08/14

農家が営むそば店で、素材を活かした滋味あふれるメニューを堪能。(さっぽろライフを楽しむための情報誌「poroco」)

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

自然の恵みを大切にした、店主の誠実な人柄が伝わるそば

のどかな田園風景が続く札幌市郊外の山あいに、「農園の四季」はあります。小麦粉などを一切加えない十割そばは、独特の歯ごたえの中に豊かな香りを堪能でき、遠方から訪れるゲストも多いそう。緑が茂る夏場はもちろん紅葉の季節など、ドライブがてらにわざわざ足を運びたい一軒です。

永光克義さん、京子さんご夫婦。メインで切り盛りするのは京子さん

野菜農家のご夫婦が週末だけオープンする“幻の店”

店主の永光さんご夫婦はブロッコリーやスナップエンドウをはじめ、様々な野菜を生産する野菜農家。そのためお店は金~日曜、祝日のランチのみの営業です。息子さんがオーナーを務める、平飼い玉子で有名な「永光農園」の一角に店舗を構え、同店のメニューにも玉子がたくさん使われます

ライター 小澤
ライター 小澤
「お店の営業日も農作業をされているんですか?」
店主 永光さん
店主 永光さん
「そうですね、どうにか両立できています。でも、どちらかに手を抜くということはないですよ。お客様からお代をいただく以上はどちらも本気ですから。美味しく食べていただきたい一心です
「永光農園」の新鮮玉子
つなぎを一切使用しない十割そば
ライター 小澤
ライター 小澤
「そもそもどうして、農業をしながらおそば屋さんを始められたのですか?」
永光さん
永光さん
「広い畑の一部でそばの栽培を始めたのがきっかけです。そば粉ができたら、『じゃあ次はそれを誰かに食べてもらえるように、お店を始めたらいいんじゃないか』となって。とても自然な流れでしたよ」
ライター 小澤
ライター 小澤
「最初は自家栽培のそば粉でまかなっていたのですね」
永光さん
永光さん
「そう。ただ私たちも年をとってしまったから、農業用重機の扱いもだんだん難しくなってきて。今は沼田町産のそばの実を石臼で挽いてもらっています。上質なそば粉で、風味がとってもいいの
そばを茹でるのは大きな釜
こだわりの十割そばはのど越しが自慢

素材の旨さをダイレクトに感じる絶品そばをたぐる

生玉子付きの「もりたま」800円

そばつゆは小豆島から取り寄せる醤油や天然醸造のみりんを合わせ、6週間ほどしっかり寝かせた自家製のかえしがベース。そこに厚削りのカツオ節やサバ節などでとった香り豊かなダシを加えます。角がなくまろやかな味わいでそばによくからみ、絶妙なあんばい。

十割そばならではのほのかな渋みが美味

朝獲れの平飼い玉子とそばのマリアージュ

永光さん
永光さん
「まずはそのままシンプルに『もりそば』の要領で食べてもらって、そばそのものを味わってみてください」
ライター 小澤
ライター 小澤
「十割そばならではの風味がたまりませんね!」
永光さん
永光さん
「ある程度召し上がったら玉子をつゆに落として、からめて食べるとまた違った風味が楽しめますよ」
ライター 小澤
ライター 小澤
「そばと生玉子、意外な組み合わせですが……、とっても合いますね! あっさりとした中に黄身のコクが加わって味わい深いです」
添えられた生玉子をそばつゆに落として
そばにからめてどうぞ

ぷるんと食感の「厚焼き玉子」は必食のサイドメニュー

「厚焼き玉子」400円も大人気

「厚焼き玉子」もぜひ食べたい逸品。自慢の玉子をたっぷりと使い、ふんわりとした口当たりに仕上げています。基本的にはそばを食べるお客様に向けたサイドメニューですが、混み合う時間でなければ単品でも提供しているとのこと。

ライター 小澤
ライター 小澤
「まるでオムレツのようですね」
永光さん
永光さん
「玉子にかつおダシと少々の塩を加えています。お醤油も合いますが、ぜひ自家製のトマトソースでどうぞ
ライター 小澤
ライター 小澤
「酸味と旨味、ほのかな甘みがあってとってもさわやか。ケチャップとは全然違って新鮮です!」
永光さん
永光さん
「一般的に市販されている種類のトマトではなくて、加熱用のトマトを使っています。煮込むほどに独特の旨味や甘みが出て美味しいんですよ」
手早くふんわりと仕上げていく
あっという間に完成!

「もりそば」や「かけそば」が中心の素朴なメニュー構成ですが、だからこそ、その実直な美味しさをダイレクトに感じられます。薬味に添えられるネギも、収穫できる季節には採れたてを供されるのも農家ならでは。窓外の景色を借景に、手間ひまかけた絶品そばを心ゆくまで堪能してみてください。

開放的でおしゃれな店内

取材メモ/お店の外まで行列ができていることも多い人気店ですが、回転が速いのでご安心を。開放的な雰囲気の明るい店内は、車いすを利用される方にも気軽に外食を楽しんでもらいたいと、バリアフリーの造りになっています。子どもから大人まで、幅広い世代が利用しやすいのもうれしいですね。

取材・文=小澤和歌子 撮影=豊田誠

poroco

poroco

毎月20日発行、486円

アクティブにさっぽろライフを楽しむための情報誌。グルメ、ビューティ、ファッションなど新鮮な情報で女性の生活を豊かにします。

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載