つくる、食べる、出会う! 北海道伊達の最高に贅沢な食体験。

つくる、食べる、出会う! 北海道伊達の最高に贅沢な食体験。

2019/08/06

噴火湾を見下ろす丘の上に建つキッチンスタジオで旬の地元食材を使ったクッキングワークショップを体験。とびきりの料理と忘れられない出会い。本当の贅沢ってこういうこと!

ウェブマガジン「そ・ら・み」

ウェブマガジン「そ・ら・み」

北海道の旬を、皆で料理し味わう。本当の豊かさがある場所。

小高い丘の頂上に立つ、キッチンスタジオ

伊達の市街地から壮瞥/オロフレ方面に向かって10分ほど。
小高い丘の上に、赤い屋根に焦げ茶色の壁のおしゃれな建物が見えてきます。
HOKKAIDian Homestead(ホッカイディアンホームステッド)のキッチンスタジオです。

背後にそびえる活火山、有珠山

入り口脇のパーキングに車を止め、林の中のフットパスを登ってスタジオへ。街中の喧騒をすっかり離れ、小鳥のさえずりが聴こえてきます。
入り口に到着すると、素晴らしい景色が広がっていました。

ホッカイディアンの丘から、イエンさん撮影

伊達の街と噴火湾、その向こうに北海道駒ヶ岳が浮かび、西には有珠山と昭和新山がすぐそこに。さらに洞爺湖の中島、お天気がよければ羊蹄山まで見渡せる大パノラマです。
「ようこそ!」
オーナーのイエン・フォングさん、松下記子(のりこ)さん夫妻、シェフのバスチャンさんが迎えてくれました。

左からイエンさん、記子さん、バスチャンさん

イエンさんと記子さんは10年ほど前に香港から家族で北海道に移住し、2018年にスタジオをオープンしました。
「Homestead(ホームステッド)」とは、「家族経営の農場」や「牧場と母屋を兼ね備えた広大な土地」 といった意味があるそうです。

5、6月に旬を迎えるホワイトアスパラガス

また、アメリカ等では都会での暮らしを見直し、広々とした田舎の土地に移住して時給自足の生活を目指すことを「Homesteading」と言うのだとか。
「北海道全土を広大な農場と牧場に、キッチンスタジオを農場の母屋に見立て、まるで友人の家に遊びに来たような感覚でお客様に北海道を満喫してほしい」
という夫妻の思いから、ホッカイディアンホームステッドが誕生しました。

楽しいおしゃべりが誘う、一流シェフの料理術。

スタジオに響く、笑い声

こちらは「Seasonal in Hokkaido〜ホワイトアスパラガスの会」の様子。数ある農家の中でも特に甘くておいしい、と夫妻が惚れ込んだ、伊達市稀府(まれっぷ)地区の農家のアスパラを主役に料理を作りました。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガス

記子さん グリーンとホワイトの違いは品種ではなく栽培方法なんです。日光を遮って育てることで白くなるんですよ。
参加者  へえ~!
記子さん このアスパラ、甘さが違うでしょう? 土の中で日光を遮って大きくする昔ながらの農法で育てているんです。
参加者  へえ~!

単なる飾りではなく、食材としておいしい。伊達産エディブル・フラワー

地元に住んでいても、地元食材のこと、意外に知らないものですね。筆者も初めて聞くことが沢山! 食材が育った背景を知ると一層おいしく感じます。

見事なナイフさばきに、参加者から「ブラボー!」

フランス人シェフ・バスチャンさんは13歳で料理学校に入学して以来、この道20年のベテランシェフ。日本国内では北海道や沖縄などの一流ホテルで経験を積んでいます。フレンチをベースに独自の発想を織り交ぜ、ナチュラルで洗練された料理を提供しています。

ホワイトアスパラガスにソースがたっぷり、ミルフィーユ

バスチャンさんのユーモアあふれるおしゃべりでスタジオ内には笑い声が絶えません。
材料の下ごしらえや調理法の中には発見がいっぱい。例えば、ホワイトアスパラガスの皮を茹で汁の出汁に使ったり、イチゴとバルサミコ酢を合わせたり……。

前菜のサラダ、自家製・黄金豚の生ハム添え

和気あいあいと作業を進めるうちに、どんどん料理が出来上がってゆきました。仕上げはシェフに任せ、お待ちかねの食卓へ。
メニューに合わせて厳選されたワインがグラスに注がれ、まずは皆で乾杯!

自然とおしゃべりも弾む、賑やかな食卓

初めて会った人同士もいつの間にかすっかりうちとけて食事を楽しみました。
食後は特製のデザートをのんびりといただきます。
コーヒーを片手にデッキで景色を眺める人、敷地内の散策に出かける人。それぞれに楽しみました。

シェフ特製ホームメイドアイスクリーム、うっとりするようななめらかさ

この土地で育った食材がとびきりの料理に変身し、おいしく、楽しくいただく。心は満たされ、身体もリフレッシュ!
そんなゆったりとした時間の流れの中に、本当の「豊かさ」を感じました。

テラス席で、デザートタイム

食、自然、観光、ギャザリング……様々な要素がつながりあった観光とも外食とも違う、あたらしい食体験。
あなたもホッカイディアンホームステッドの丘へ出かけてみませんか?
ご家族やお友達と、もちろん一人でも!
忘れられない旅の「お土産」に、出会えるかもしれません。

夏のおすすめプログラム!

北海道といえば、の海鮮!

ふつうの観光では物足りないあなたにおすすめなホッカイディアンホームステッドのプログラム。
ローカルの魅力をじっくりと楽しみたい方には農家訪問や収穫体験、史跡巡りなども組み込まれたThe Homestead Experience(朝から夕方まで、一人23800円)はいかがでしょう。
また旬の海鮮も見逃せません! 特に毎年8月は噴火湾産ウニが出回る季節です。イエンさん厳選のシーフードを料理するHokkaido Seafood Experience( 4時間程度、一人16800円)で思いきり味わってみては。

アイデアとセンスが光る、専属シェフの料理術

料理好きの方には洋食の基本を学ぶ短期集中3日間コースがおすすめ。
ベイキング(パン、焼き菓子等)から野菜料理、肉・魚まで、料理の基本を楽しく学びます。
バスチャンさんが教えてくれるのは、レシピや作り方だけではありません! 暮らしを豊かに、楽しむヒントが満載。1日から参加可能です。詳細は気軽に問い合わせを。
(価格は2019年7月現在のものです。変更になることがあることをご了承ください。)

この記事を書いたライター情報

ウェブマガジン「そ・ら・み」

ウェブマガジン「そ・ら・み」

北海道の洞爺湖周辺エリア、室蘭、伊達、登別、壮瞥、豊浦さらにはニセコエリアのローカルな話題(グルメ・イベント・観光・人・アクティビティなど)をご紹介しております。

ウェブマガジン「そ・ら・み」 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載