沖縄最大級の遊具で遊ぼう!写メにも絶好の糸満・平和祈念公園 

沖縄最大級の遊具で遊ぼう!写メにも絶好の糸満・平和祈念公園 

2019/07/31

皆さん、沖縄旅行の計画はもう立てましたか? 南の島でぜいたくに時間を使って、家族や友達とたっぷり楽しんじゃいましょう。 地元紙「沖縄タイムス」の記事から、各地の多彩なスポットを紹介します。聖地を体感したり、歴史を身近に感じたりして、有意義な、楽しい思い出をいっぱいつくりましょう!

沖縄タイムス

沖縄タイムス

沖縄最大級の遊具で遊ぼう!写メにも絶好の糸満・平和祈念公園

戦没者を追悼する場として知られる糸満市摩文仁の県平和祈念公園だが、子どもたちが楽しめる遊具も充実している。

公園北側の園路・広場ゾーンの「子供の広場」には滑り台やトランポリン、ボルダリングなど、さまざまな色や形の大型遊具が並ぶ。

県内最大級という複合遊具「命の卵」のすべり台で遊ぶ子どもたち

昨年7月にオープンした「命の卵」と呼ばれる遊び場には、空から滑り降りるような気分になれる「ロングレールスライダー」など滑り台が5種類もある充実ぶり。

「命の卵」の全景。五つのすべり台など、いろいろな遊びができる遊具がそろっている

ネットやスロープもあり、滑ったり、登ったり、渡ったり、全身を動かして遊べる。

地面は柔らかいゴムチップマットになっていて、安全面の配慮も十分だ。

そばにある「多目的レクリエーション広場」には砂場などもあり、3歳未満の子どもたちも遊べる。

「楽しく遊べるのは平和だからこそ。まずはこの場に足を運んでもらい、徐々に『平和の礎』や『県平和祈念資料館』に関心を持ってもらえたら」と県平和祈念財団の上原兼治事務局長。4月28日~5月6日は、こいのぼりまつりも開催。全長35メートルの巨大こいのぼりなどが掲揚される。

芝生の上でかけっこを楽しむ子どもたち

「子供の広場」や「多目的レクリエーション広場」には、変わった色や形の遊具がたくさんあって、どれも写真映えしそう。

レク広場にある赤い球体の遊具から顔をのぞかせた男の子をぱちり。

球体から顔を出したところをぱちり。公園内には子どもたちの撮影にうってつけの遊具がたくさんある

カメラやスマートフォンで、楽しそうな子どもたちの、いろんな表情が捉えられる。

【メモ】糸満市摩文仁444。入場無料。問い合わせは県平和祈念財団、電話098(997)2765。

平和に思いをはせながら、子どもたちをのびのびと遊ばせるのもオススメです

この記事を書いたライター情報

沖縄タイムス

沖縄タイムス

沖縄タイムスの取材で本島のあちこちに出かける運転手チームが、各地の美味しい店の情報を紹介します。

沖縄タイムス が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載