辛さとまろやかさが混然一体!「麺屋 忍」の背脂マーボ麺

2019/08/05

辛さとまろやかさが混然一体!「麺屋 忍」の背脂マーボ麺

JR東日本越後線の新潟駅から徒歩9分ほど。県道51号線沿いにあるラーメン店「麺屋 忍」。ここ数年盛り上がりを見せている新潟麻婆麺が名物のお店だ。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

2015年創業のラーメン店

店舗外観

店先に「背脂マーボ麺」の名称が入った赤い旗が掲げている新潟駅近くにある人気ラーメン店

店内へは靴を脱いで上がるお座敷スタイルで、アットホームな雰囲気。座席は、カウンター、テーブル席合わせて20席ほどが設けられている。

メニューは、背脂マーボー麺、汁なし背脂マーボー麺、らーめん、岩のりラーメンなど。なお、背脂マーボ麺は、好みで中国山椒抜きや増しもできる。尚、麻婆麺は、昭和42年創業の『広東飯店』が発祥と言われている。「新潟は雪国で寒いから温かくなれる食べ物はないか」ということから四川料理の辛さをヒントに、当時の人には馴染みのなかったこのメニューが生まれたそうだ。

燕三条系ラーメンに麻婆豆腐をミックスした進化系ラーメン

背脂マーボ麺

看板メニューの背脂マーボ麺は、丼一面に広がった背脂の上にトロッとした麻婆豆腐がのった変わり種の燕三条系ラーメンだ。

スープは、燕三条系らしい煮干しスープをベースに動物系の甘みを巧みに融合させたスープで、あっさりめながらコクがあり背脂麻婆を押し出しながら上手く支えている印象。

麺は、濃厚スープに負けない自家製麺の平打ちの太縮れ麺。麺の縮れが麻婆餡を絶妙に絡めとり、口に運んだ時に麺とスープの一体感を強く感じることができる。

自家製辣油と山椒の刺激が気持ち良い麻婆豆腐は絹ごしの豆腐を使用

具は、麻婆豆腐、玉ネギみじん切り・白髪ネギ・刻み葱。玉ねぎが燕三条の背脂系であることを強調している。

自家製辣油と山椒の刺激が気持ち良い麻婆豆腐は、絹ごしの豆腐を使用。豆腐と肉の味の凝縮した挽肉を合わせたシンプルなもので、滑らかな食感の山椒がピリリと効いたシビ辛系の麻婆豆腐だ

麻婆豆腐好きも納得する中毒性のある一杯である。

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本全国のこだわりの食情報をお届けするWEBマガジン

“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れ発信している。

この記事を書いたライター情報

おいしんぐ!

おいしんぐ!

日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。“おいしいものには少々うるさい”編集部と筆者陣が全国各地を歩き、現地で直に話を聞きながら、料理、食材、作り手、お店、生産地などあらゆる「食」情報を日々仕入れている。

おいしんぐ! が最近書いた記事

SERIES