ヒトサラ編集部オススメの「かき氷がおいしい店」都内3軒

2019/08/15

ヒトサラ編集部オススメの「かき氷がおいしい店」都内3軒

長い梅雨が明け、本格的な夏が到来しました! そんな日は、ひんやりかき氷が食べたいですよね。今回はフルーツがたっぷりとのった“氷パフェ”からメンズも喜ぶチーズを使ったスタイリッシュなかき氷、さらにマンゴーたっぷりパッピンスまで、ヒトサラ編集部がおすすめの3店舗をご紹介します!

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラ編集部がオススメする「かき氷がおいしい店」

・アラサー男子が推す【銀座のジンジャー】/銀座
・オーバー30女性が推す【浅草よろず茶屋444】/浅草
・20代女子が推す【SNOWY VILLAGE】/新大久保

1.アラサー男子J太郎が推す 【銀座のジンジャー】/銀座

甘いのにさっぱり! 男性も楽しめる、繊細で美しいかき氷

味も見た目もエレガントな『カマンベール レア・チーズ』1,188円(税込)。選べるコンフィチュールは「ブルーベリー・アールグレイの小瓶」をチョイス

かわいくて甘い、女子のためのスイーツ「かき氷」。でも、男だって食べたくなる時がある!【銀座のジンジャー】のかき氷は、ちゃんと甘さも感じられながら後味はさっぱりで、見た目もエレガント。女性も男性も親しみやすいのが魅力です。

『カマンベール レア・チーズ』は、軽くやわらかな氷の食感に、甘いチーズがふわっと香り、ほんのり甘い。僕は「カマン・レアソース」216円(税込)を追加して少しずつ“追いソース”をしながら食べ進めるのが好きです!

『苺』983円(税込)に『エスプーマ』324円(税込)をトッピング。小瓶に入ったコンフィチュールを少しずつかけながら食べられるので、最後までイチゴの味が続く
看板キャラクター「こおりねこ」の形をした、『こおりねこバウム』594円(税込)。キャラメルが香る生地に、アイシングのサクサクとした食感が楽しい

ほかにも、『苺』、『オレンジ生姜』、『キウイブラン』から選べる、フルーツをつかったかき氷もオススメ。写真の『苺』は、イチゴの甘さをしっかりと感じられながらも、スパイシーなジンジャーミルクが口の中をさっぱりとさせてくれるので、後味はとても爽やか。夏にぴったりなかき氷です!

【銀座のジンジャー】

・電話番号:03-3538-5011
・住所:東京都中央区銀座1-4-3 カルチェブラン・ギンザ 1F~2F
・営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
・定休日: 無休

2.オーバー30女性A子が推す 【浅草よろず茶屋444】/浅草

フルーツたっぷり! 甘くてデコラティブな“氷パフェ”

季節限定『めろん・みるく 3段』2,300円(税抜)。この日は上から青森県「サンキューメロン」、北海道「夕張メロン(赤肉)」、千葉「銚子メロン(アムス)」

「かき氷は最後までシロップを味わいたい」。そんなA子がオススメするのは、【浅草よろず茶屋444】の氷パフェ。自家製みるく氷に旬のフルーツがたっぷりと盛りつけられたかき氷は、最後までシロップの味が楽しめるのです!

イチオシは、3種のくりぬきメロンに囲まれた『めろん・みるく 3段』。メロンはその日によって変わりますが、糖度の高いものにこだわっているから、冷えても果物の甘みがしっかりと感じられます。

果肉を残したメロンの器に、さっぱりとした「自家製みるく氷」をたっぷりと削ります。しかも、中にはカットメロンが忍んでいます
7~8月限定の『もも・みるく』。花びらのような桃は、糖度12度以上の山梨県JAふえふき八代支所の一桃匠。※時季によって桃の種類は異なります

メロンそのままの味をひと通り楽しんだら、添えてある「自家製メロンシロップ」で味変。より甘さが増します。器になっているメロンには果肉がたっぷりと残っているから、上のメロンを食べ終わってもまだまだ果肉が楽しめます。さらに、氷自体に味がついているので、溶けたら「メロンミルクジュース」として飲み干せる――。そんな最後までメロン味が楽しめる氷パフェをぜひ!

【浅草よろず茶屋444】

・電話番号:03-5808-9408
・住所:東京都台東区浅草4-4-4 浅草荘マンション 1F
・営業時間:12:00〜18:00(L.O17:00)
・定休日:月曜
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

3.20代女子 M香が推す【SNOWY VILLAGE】/新大久保

口の中でふわりと溶ける、マンゴーたっぷりの韓国式かき氷“パッピンス”

人気のパッピンス『生マンゴー』1,280円(税込)

マンゴーが贅沢にたっぷり乗った、【SNOWY VILLAGE】の『生マンゴー』が私のおすすめ。マンゴー本来のフレッシュな甘さと、ミルクが原料となっている氷のほのかな甘みが相性抜群で、ボリュームはありますが、女性でも全部ペロリと食べられます。

ふわふわとしたわたあめのような食感が印象的。ひんやりとした冷たさと、優しいミルクの甘さが口の中いっぱいに広がります
ポップな色合いでかわいい店内。テーブル席の他にテラス席があり、外でもかき氷を味わえます

たっぷりのマンゴーとマンゴーソースをまとわせていただくのですが、「氷とソースを混ぜない」のがおいしく食べるコツ! しっかり底までスプーンを入れて、マンゴーとミルク氷を一緒にすくい上げると、氷のふわっとした食感を損なわずに楽しめます。

【SNOWY VILLAGE】

・電話番号:03-6302-1158
・住所:東京都新宿区百人町1丁目1-20グリーンプラザⅡ 1棟
・営業時間:10:00~23:00
・定休日:なし

オススメの記事

この記事を書いたライター情報

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

グルメサイト「ヒトサラ」は、美味しいレストラン紹介はもちろん、つくり手の情報までしっかりと紹介することで、高い評価をいただけるようになりました。このヒトサラマガジンでは、今まで編集部が培ってきたネットワークやノウハウを通じ、新たな食の愉しみ方や提案ができたらと思っています。

ヒトサラMAGAZINE が最近書いた記事

SERIES