鉄板に思い出と情緒を載せて味わう……浸ってほしい福島の名店

2019/08/11

鉄板に思い出と情緒を載せて味わう……浸ってほしい福島の名店

今回の「ふくしま定食部」は、会社あるいは大学の先輩に連れられてお邪魔した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか……福島市『鳥政』さんです。こちらでシャツの袖をまくり、鉄板越しに向き合って初めて、「社会の一員」として認められた気分になれたものです。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『ふくしま定食部』部長・東野

『ふくしま定食部』部長・東野

鉄板に思い出と情緒を載せて味わう……浸ってほしい福島の名店

歴史ある小路の風景。福島人なら目を閉じたままでも「鳥政」の看板にたどり着けるはず

福島駅から「福島稲荷神社」に向かって「文化通り」を歩き進むと、途中左手に情緒ある通りが現れます。その奥に鳥政さんはあります。

夜の営業時間も、当たり前のようにたくさんのお客さんで賑わうのですが、ぜひお昼の定食も紹介させていただきたいと、今回お邪魔させていただきました。

福島の「食の文化遺産」ともいうべきカウンター

濃紺の暖簾をくぐり、中に入ると歴史を刻んだカウンター、そして鉄板。開店間もない時間にも関わらず、すでに満席近い状態でしたが、運よく空いていた一番端の席に滑り込みました。

お昼の定食3種類のうち、ホルモン定食も餃子定食もどちらも同じ680円。ホルモン単品も餃子単品もどちらを追加しても500円。ここは値段は同じでもこだわりを持って「ホルモン定食」に餃子単品、それに雰囲気に後押しされるように瓶ビールを追加です!

今日は土曜日。平日とはまた違った、ゆったりとしたお客さんの会話と炒められる野菜の音に癒されるうちに、瓶ビールが供されました。

歴史の刻まれたカウンターの木目に映える瓶ビール(650円)
年季の入った栓抜きはお宝級

端の席は、鉄板に料理を盛り付ける場所。ホルモンのグラムを量る手際、ぱらりとニラを散らす姿に見惚れながらビールもすすみます。

しゃもじで分量を量る姿にテンションも上がります
仕上げにニラを散らして色味も完璧

ホルモンと野菜が盛られた鉄板が目の前に配置されたら、あとは自分で炒めるスタイル。茶・緑・黄緑の国旗を掲げたくなるほどの愛着があります。

生の状態で配置されるホルモンと野菜。ここからは自分で仕上げていきます
火が通りしなっとしてくると、食べごろへのカウントダウン開始です

野菜の水分を飛ばす程度に混ぜつつ、1人前は早めに火が入るので、注意深くも温かく見守ります。

味噌が野菜に絡むようになったのを見計らったように、ご飯と味噌汁も運ばれてきました。

鉄板から戴くホルモン炒め定食は雰囲気満点(680円)。味噌汁の美味い店にハズレなしの法則

丁度いい感じに仕上がったホルモンをコテですくう工程は、はやる気持ちを抑える紳士の所作。口に入れる前から美味いです。

キャベツ、ニラも味噌味に包まれて、これまたご飯がすすみます。

ご飯の上のホルモンは、ホカホカにホカホカを重ねて強力に美味そうなビジュアル

ホルモン炒めに我を忘れかけていたところに、餃子も到着です。個人的に福島の餃子のなかでも、こちらの味が好みです。モチモチ皮でありながら焼き目はカリっとした餃子は、ニンニクの効いた旨みぎっしり味。ビールも合いますが、これはご飯と一緒に口の中いっぱいに頬張りたいです。

ご飯の上でとんとんと弾ませたそばからどんどんと口へ吸い込まれていきます。

ファンも多い餃子は8コ入りのありがたさ(500円)
餃子オンライスはどことなく伊達政宗の兜のような勇ましさ

ホルモン炒めのニラ1本も残さずきれいにいただいて満足満足。夜には当たり前のようにお邪魔していますが、昼のランチタイムも贅沢な時間でした。

店内からの暖簾が揺れる景色を眺めながらのクールダウン

あまりに歴史がありすぎて、はっきりとした創業は不明とのこと。ですが、戦後まもなく先々代が飲食店を始められ、先代からは「鳥政」さんとしてスタート。

当初は焼き鳥なども提供されていたこともあり、その頃の名残で鳥政さんの店名で続けられているとのことでした。

鳥政さんの歴史は福島市の飲食店の歴史。みなさんにも、鳥政さんでの思い出がたくさんあると思います。そんな地元が誇る食の故郷でいただく定食……福島県外のお客さんも連れて行きたくなるお店ですね。

お邪魔している間にも、テイクアウトできる「お土産ホルモン」を買いに来る方がたくさん。その人気を窺い知ることができます。

次回はまた夜の部でお邪魔します。
ごちそうさまでした。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES