店主が選ぶレコードとともに♪本格カレーを楽しめるジャズ喫茶

2019/08/13

店主が選ぶレコードとともに♪本格カレーを楽しめるジャズ喫茶

「LONG WALK COFFEE(ロングウォークコーヒー)」は、店主のこだわりがつまったジャズ喫茶。心地よいジャズが流れ、まるでイギリスにいるような雰囲気の店内。お店では喫茶店とは思えないほど本格的なカレーを味わうことができます。日々の忙しさを忘れてほっと一息つける場所です。

ことりっぷ

ことりっぷ

店主が選ぶレコードとともに♪本格カレーを楽しめるジャズ喫茶

店内の様子が見える、ガラス張りの外観

大阪のビジネス街である南森町。ビルが建ち並ぶ通りにそっと溶け込んでいるのがジャズ喫茶「ロングウォークコーヒー」です。

足元にそっと光るゴールドの小さな看板

場所は南森町駅の2番出口から南にまっすぐ、徒歩2~3分のところにあります。「LONG WALK」と書かれた小さな看板が目印です。

心地よいジャズが非日常へと誘う

カラフルでかわいい店内

店内に入ると軽快なジャズが流れ、アーティスティックな空間が。現在は店主のアンディーさんが1人でお店を切り盛りされています。

まずぱっと目に入ってくるのは、店主と奥様の“好き”がつまったピンクの棚。おすすめのレコードや書籍が並べられています。最近では常連さんのお気に入りのレコードや本も棚に並べられているそうですよ。

レコードのジャケットもおしゃれ

ディスプレイでは店内で流れているレコードを確認することもできます。1つのレコードはだいたい20分ほど。曲が終わると店主が次のレコードをかけてくれます。

大きなスピーカーから流れるジャズが心地よい

バンドを組んでいたこともあるという音楽好きなアンディーさん。こだわりのスピーカーから流れるジャズは程よい音量で、忙しい日常を忘れさせてくれます。レコードは店主が、今いるお客さんの雰囲気に合わせて選んでいるそう。音楽センスが光ります。

フォルムがかわいらしい、本格キーマカリー

「キーマカリー」(単品800円) ※ランチセットだとドリンクサラダ付きで980円

お店ではキーマカリーがいただけます。見た目のかわいらしさからは想像できないほど、スパイスが効いた本格派。おいしく食べられる絶妙な辛さで、つけ合わせのクリーミーなゆで卵とフライドオニオンがうまく辛さを調和してくれます。口に入れるたびにお肉と玉ねぎの旨み、スパイスの香ばしさを感じる一品です。

食後は、絶品キャロットケーキとコーヒーを

「ホットコーヒー(マイルドブレンド)」(450円)、「キャロットケーキ」(480円) ※ケーキセットだとドリンク代50円引き

どれもひとつひとつ丁寧に作られたメニュー。
中でもおすすめなのがキャロットケーキとコーヒーです。キャロットケーキはくるみがぎっしり入って食べ応えがあります。程よい甘さでコーヒーとの相性もバッチリ。

道具への愛情が伝わってくるカウンター

コーヒーの抽出方法はペーパードリップをベースとして、エアロプレス、クレバー、ネルからも選ぶことができます。コーヒー豆は大阪・豊中にある「チッポグラフィア」のもの。店主のこだわりがコーヒーにも感じられました。

英国感たっぷりの店内

店内に掲げられたイギリス国旗

店内には、いたるところに英国を感じられるものが。
ユニオンフラッグ、イギリスを代表するデザイナー“ウィリアム・モリス”の壁紙、アーコール社の椅子など、マニアごころをくすぐります。

模様が美しい“ウィリアム・モリス”の壁紙と、どこかなつかしさを感じるイギリス・アーコール社の椅子

それらのインテリアは、すべて店主の奥様がこだわって選んだもの。
ジャズの心地よさもさることながら、英国を感じられる店内の雰囲気も、温かく贅沢な時間を与えてくれます。

近所の音楽好きが集まるというロングウォークコーヒー。
随所にこだわりとセンスが光るすてきな喫茶店です。「音楽やコーヒーに詳しくなくても、心地よさを感じてもらえたら」と店主。そんな店主の懐の広さが、心地よい空間を作っているようです。

ことりっぷWEB

ことりっぷWEB

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジン。週末のおでかけをもっと身近に。ガイドブックに掲載していない最新情報はコチラから。

この記事を書いたライター情報

ことりっぷ

ことりっぷ

旅行ガイドブック『ことりっぷ』のWEBマガジンです。「“いつか行きたい”を日々の暮らしから」をコンセプトにことりっぷ目線の旅情報をデイリーで発信しています。

ことりっぷ が最近書いた記事

SPECIAL

SERIES