「これはうまい!」話題の魚芸人がうなった“絶品サバサンド”

「これはうまい!」話題の魚芸人がうなった“絶品サバサンド”

2019/08/28

おいしいサンドイッチは数あれど、「お魚を使ったおいしいサンドイッチにはなかなか出会えない」と思っているそこのあなた。魚の目利きが思わずうなった絶品サバサンドをご紹介します。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

話題のさかな芸人ハットリくんがオススメするサバサンドとは

サンドイッチは手軽に食べられる軽食の代表格ですが、近頃は贅沢なものから変わり種までバリエーションも豊か。「サバサンド」に代表される、魚を使ったサンドイッチも一般的になりました。おいしい魚のサンドイッチが知りたいなあ。

「こんにちは! さかな芸人ハットリです。魚に関することなら任せてください」

急な登場ですみません。彼の名はさかな芸人ハットリさん。ちょっとユニークな衣装からもわかるように「魚」に特化した芸人さんで、最近では、有名曲の歌詞を魚の名前で替え歌にしてブレイク。有名トーク番組からゲストで呼ばれたりと、人気急上昇の注目の芸人さんなのです。

さかな芸人ハットリ

さかな芸人ハットリ

魚芸人

撮影直前に頭につけているメバルちゃんを塗り直していたハットリさん。命を吹き込んで気合いを入れたんですね!

さて、もともとピン芸人として活動していたというハットリさん。大学時代はお笑いに青春を捧げ、卒業後は大手芸能事務所に所属したものの、8年近く芽が出なかったハットリさんを救ったのは、さかなクンさんとの出会いでした。

ハットリ
ハットリ
「昔から魚が好きで、さかなクンさんの講演会を聞きに行ったんです。終了後に楽屋に押しかけ、魚ネタを披露したらとても喜んでくれました。『弟子にしてください』と頭を下げたら『ぎょ(魚)めんなさい、ボク芸人じゃないんで……』と断られてしまったけど、そうかコレかと」

このままでは中途半端な芸人で終わってしまう。ネタの方向性を思いきって「魚」一本にしぼってからの活躍は先述の通り。そんな魚を心から愛する芸人が、魚を使ったおいしいサンドイッチを紹介してくれるだなんて、なにやら期待できそうではありませんか。

「今今今世で私が注目するサバサンド、ご紹介しますよ!」

ということで、ハットリさんと一緒においしいサンドイッチをもとめてLet s 魚〜(Gyo)!

魚河岸から仕入れたサバを使った人気のサバサンドとは

ご案内するお店はこちら「オリミネベーカーズ」

築地には日本最大の魚市場があり(現在は豊洲に移転)、周辺には新鮮な魚を扱う飲食店が多くありました。今回ご紹介する築地の「オリミネベーカーズ」も魚市場から仕入れた新鮮な魚を使っているとのことで、期待はうなぎのぼりです。

甘いパンの焼ける香りは私たちの食欲を刺激しますよね

パン作りが好きな仲間が集まって生まれたというオリミネベーカーズ。店頭にはひとつひとつ丁寧につくられたパンが並びます。銀座に近いこの土地に8年前に店を構えて以来、味にうるさいお客さんからも愛されるという人気店ですが、中でもサバサンドは根強いファンがいる人気商品なんだとか。

トルコのサバサンドを日本風にアレンジ

こちらが「サバサンド」(504円・税込)。小ぶりながら期待させる見た目じゃありませんか

店に置くメニューは職人たちが話し合って決めるそうですが、こちらの商品はひとりの職人が旅行先のトルコで食べた本場のサバサンドのおいしさに感動して、日本流に改良を重ね、ようやく商品化に至ったという、なんとも物語のある一品なんです。

創業時からのオリジナルメンバーの田中さんにお話を伺いましょう
田中さん
田中さん
「サバサンドは8年前のオープン当時からずっと人気のメニューです。パン生地は国産小麦を使ったもちもちのチャパタ、サバはシンプルな塩焼き。言うならば、日本人の大好きなサバをごはんと一緒に食べる、そんなイメージで作りました」
さかな芸人ハットリ
さかな芸人ハットリ
「日本人の口に合うようにアレンジしたと言うことですね。昔は築地、今は豊洲から目利きが選んだものを仕入れているということは、その季節のいいものを使っているということですよね」
「サバは世界的な大衆魚。安くておいしい、人気の魚です。それをサンドイッチにするのはごく自然なことなのかもしれません」
田中さん
田中さん
「サバは幅広く愛される魚だけど、時に臭みが出てしまうこともあります。外国ではハーブやビネガーであえるけど、うちのはオリーブオイルと塩胡椒だけ。薬味もスライス玉ねぎとレモン少々。あえてサバ本来の味を生かしているんです」
さかな芸人ハットリ
さかな芸人ハットリ
「臭みをマスキングしないというのは日本らしいですね。日本人は魚が好きな国民ですから、多少青臭くても大丈夫なんです。釣った魚を血抜きをしない、臭みと旨味は紙一重、という人もいるくらいですから。日本的サバサンド、本当に楽しみです」
それでは実食、の前にちょっとだけお買い物。タコやシラスを使った惣菜パンも人気なんです

それでは人気のサバサンドを実食します!

「魚にあわせるなら薬味はなんですか?」「ネギかな」「ネギってどれくらいの長さですか?」「これくらいです」

さあ、サバサンドを実食しましょう。店内に飲食スペースはないので、近くの広場まで足を伸ばします。取材当日は照りつける日差しが厳しい真夏日で、こんな日はサンドイッチにビールがよく合いそうです。

包み紙を開けると「Ça va!(こんにちは)」と出てきたニクいやつ

サバは大衆魚であることは先ほど書きましたが、マグロ・カツオ・サワラなども実はサバ科に属しています。足が早いサバに例えて早口で数えて数をごまかすことから生まれた「鯖を読む」という言葉も根付いているように、サバ(とその仲間たち)は昔から私たちの食に寄り添ってきた身近な魚なんです。

「だからうまいに決まってるんです」
さかな芸人ハットリ
さかな芸人ハットリ
「塩焼きのサバがおいしいですね。レモンと玉ねぎのおかげでさっぱりして、さらにアクセントになっています。いいサバなんでしょうね、臭みがまったくないです。シンプルなレシピだから、サバとパンのうまさを堪能できます。おいしいです!」
「サンドイッチなのにまるで和食を食べているような感覚。たしかにこれはごはんとおかずです」

一時期、魚だけを食べて生活していたハットリさん。「魚生活を続けたら体型がスリムになりました。魚はビタミンなど栄養も豊富なんですよ」(ハットリさん)。中でもサバには頭が良くなると言われる成分DHAが豊富に含まれているとあって、安くておいしいく健康にもいい。いいことづくし! そんなわけで、サバサンドはますます脚光を浴びるに違いありません。あっという間に完食したハットリさんに、最後にサバの絵を描いていただきました。

「魚を描く時に大事なのはパーツの配置です。サバは口角が上がり笑っているイメージで」

小さい頃から図鑑が好きで絵を模写していたというハットリさん。それがこんな風に「芸」として身を結ぶとは思っていなかったと笑います。サバサンド、いかがでしたか?

ハットリ
ハットリ
「おいしかったです。サバはみんなに親しまれて、一年を通しておいしくいただける魚。僕もこんな芸人になれたらいいですね。でも、どんな種類でも、まずい魚なんていないんです。さかな芸人ハットリのステージも一度味わっていただけたらね、そう思ってます」
「サバサンドおいしかったなあ。もうすぐライブがあるので集客、頑張ります!」

一度は味わっていただきたいハットリさんのライブ詳細はこちら↓

さかな芸人ハットリ第3回単独ライブ「千客万鯛」

さかな芸人ハットリ第3回単独ライブ「千客万鯛」

1000人の集客が目標です!

2019年9月5日(木)〜8日(日) 場所/新宿シアターモリエール

取材・文/キンマサタカ(パンダ舎)

もっと知りたい絶品サンドイッチ!

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載