「これぞ真骨頂!」シンプルな一杯で勝負する別格のうどん店2選

「これぞ真骨頂!」シンプルな一杯で勝負する別格のうどん店2選

2019/08/28

「うどんが本当に美味い店は…飾らないシンプルさで勝負できる店だ!!!」うどん通ならこう叫ぶことでしょう。こだわりの“だし”で、はたまた唯一無二の“麺”で…あなたはどちらがお好み!? 聖地・香川県のお隣さん、徳島県。そんな徳島にも、うどんの傑作品を持つ格の違うお店があるのです! 

あわわ

あわわ

釜揚うどん 一匠(いっしょう)/鳴門市大津町

釜揚げうどん 650円

溺れたいだし、ナンバーワン

ドアを開けた瞬間、湯気とともに立ちのぼるかつお節やいりこの良い香りで満たされて、そのおいしさを確信できます。

味わいたっぷりのだしの秘密はこちら

他店の倍量はありそうなかつお節・いりこ・昆布でとっただしは濃いのにやさしく、少し塩味のある麺となじんで、じわ~っと体の中に染みていきます。一人ひとつ付くショウガは後半に投入を。正直だしだけで十分おいしいのですが、ショウガが入ることで味も香りもシャキッと引き立ち、こちらも絶品。このだしになら溺れてもいいな。

味覚プラス嗅覚・視覚も満たされる

だしでうどんを楽しむならココ!

『釜揚げうどん 一匠』では、つるっとしたうどんを、3種類のかつおぶしと利尻昆布、伊吹島のいりこをふんだんに使ったダシにつけていただきます。茹でたての提供なので少々待つ場合がありますが、いい香りに包まれ、カウンターの向こうで麺を打つ店主に見惚れているとそんな時間さえあっという間!

純手打ちうどん のぶ/美馬郡つるぎ町

しょうゆ(小) 250円

重く、太く、すすることも叶わない

「あの店はどこよりもコシがある」や「ここが一番強い」など、通ぶった大人たちに教えられた店たちも『のぶ』の前ではアマチュア同然。指の筋トレと錯覚するほどに持ち上げる箸は重く、肺活量に自信のあるあなたでも勢いよくすすることは難しいはず! もちろん、[かけ]でも間違いはありませんが、このメジャーリーグ級の重量を存分に堪能するなら[しょうゆ]。まずはこれを食さなければ始まりません。

全部食べきってしまう前に!

残り4割になったらゆず酢を入れて食べるのがオススメ。

地元評価120点超え。西の横綱はここ

昔ながらの雰囲気に心が落ち着く
地元の評価がピカイチのうどん店

『純手打ちうどん のぶ』は、平成15年創業。7年前には穴吹駅から徒歩5分の位置に2号店が誕生。11時半を過ぎれば近隣で働く作業員や営業マン、お年寄りに加えて若者もちらほら。県西部では誰に聞いても必ずその名前が挙がる、地元の評価120点超えの最強(最硬)ローカルうどん屋。

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載