森林浴ならぬ猫浴!? 心斎橋で猫にまみれるスポット登場

2019/08/24

森林浴ならぬ猫浴!? 心斎橋で猫にまみれるスポット登場

大阪・心斎橋に猫を思う存分可愛がることができるカフェ「ネコリパブリック大阪『ねこ浴場』」が7月15日、オープンしました。猫の萌パワーが犬派の筆者(30代男性)にどこまで響くのか、果たして結果は・・・・!?

ラプレ

ラプレ

ビジネスとして自走しながら里親探しを進めるお店

猫カフェは世にたくさんありますが、こちらのお店は利用者が気に入った猫がいれば引き取ることができるという変わったお店です。猫は保護団体から預かった「保護猫」で1歳~10歳まで多種多様。猫にはワクチン接種や駆虫、去勢、避妊手術を施しているので安全です。平日は10分=216円、土曜・日曜・祝日は10分=270円。フリードリンク代(378円)が別途必要です。

さっそく入店

和風の入口

外観は和風で猫のデザインが施された提灯が可愛い。

入口付近

木製ロッカーにケロリンの洗面器。店名にもなっているように、浴場をテーマにした内装になっています。

なつかしい
ドリンクも飲み放題

猫のいるカフェスペースへ

消毒を済ませ、いざ猫のいるスペースへ。

猫のいるカフェスペース
銭湯に描かれている富士山をモチーフに

タイルが貼られていたり、壁には富士山や鶴が描かれていたり、浴場が再現されていました。
私を犬派だと察しているのか、猫たちはなかなか近寄ってきません。

可愛いじゃない、と思っていたのですが・・・
なんとも微妙な表情

そんな煙たそうな目で見てくれるな。仲良くしようぜ。

奥に隔離された部屋がありました。理由は「猫エイズに感染している」とのこと。人にうつるわけではなく、猫同士自体の感染力も弱く、発症せずに寿命を全うする猫が多いそうです。念のため隔離しているとのこと。こちらのお店ではそういう猫を「りんご猫」と名付けて偏見を軽減しようとされています。

りんご猫たちの部屋

私が近寄って撫でても逃げようとしませんでした。

撫でられてご満悦の猫
ベロリ

初めて猫の舌で舐められたんですが、結構痛い・・・!猫の舌って思いのほかザラザラしていますね。ビックリです。喉をゴロゴロ鳴らして可愛いじゃないか。

りんご猫の部屋から戻ると猫がわりと寄ってきました。りんご猫と触れ合ってニオイが付いたから・・・・?

私のカバンに興味津々の猫
どんどんきた

カバンにニオイをこすりつけています。君たちのものではないからね!

絶妙なブスさ

この猫、お腹がタルタルだしブスだけど、なぜか気になってしまう。

ネコ「ニャニ見てんだよ」

色々な表情を見せてくれるタルタル君ですが、本日のベストショットはこちら。

完全にカメラ目線

いいですね。目線ばっちりで。後ろ足とお腹の境界がわからないのも可愛い。

カバンが好きなのか一向に動かない

スタッフが気を利かせて壁にとりつけてあるアクリル板にのせてくれました。

恐る恐る・・・・
上が気になる様子
尻尾がぴろ~んとなっています

慣れないアクリルに少々戸惑っていました。

この子はずっと外を見ていました

いかがでしたか?私は今まで1:99で完全な犬派でしたが、今回の猫カフェを体験してみて30:70くらいになりました!猫のイメージをずいぶん変えてくれましたね。賃貸ではなかなかペットを飼えない人も多いのではないでしょうか。そういう方にはうってつけのスポットだと感じました!

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

SERIES