飲んで・打って・話し尽くせる野球BAR「走攻酒」へ行ってきた

特集

先週の人気記事 TOP10 (8/26~9/1)

2019/08/28

飲んで・打って・話し尽くせる野球BAR「走攻酒」へ行ってきた

お酒を飲む場所として「理想のお店」ってありますか? それぞれ理想とする処は違うかも知れませんが、私、じんろう(石井仁朗)はついに自分の理想のお店を見つけてしまったんです!

NOMOOO

NOMOOO

お酒と野球をトコトン楽しめるお店「走攻酒」

今回訪れたお店。野球のバットが目印!

お店の名前は「走攻酒」

東京都目黒区、最寄り駅でいえば「池尻大橋」「中目黒」「祐天寺」それぞれの駅から約12分くらい歩いたところに位置しています。
決して、アクセス良いとはいえない場所ですよね。

しかし、実はこのお店、多くの野球ファンが集うBARとして人気のスポットなんです。

システムを簡単にご説明!

入場料一覧

ではここで、システムについて簡単にご説明します。
入場料として女性は2000円、男性2500円を支払うと、3時間13分のフリードリンク制。(子供は1000円)

この3時間13分は、プロ野球の平均試合時間が由来しているのだそう。
こだわり強すぎ!

最初の1杯はハイボールをいただきました

フリードリンクのメニューは、ハイボール・サワー・ワイン・ソフトドリンクなど。
これらが飲み放題で楽しめるなら、料金的には居酒屋と比較しても安いのではないでしょうか。

からあげやピザといったおつまみ(おつまみは別料金)もあり、持ち込み(1人500円)や出前を取ることも可能なんだとか!

店内にファン垂涎ものの野球グッズがずらり!

店内の様子

店内に入るとバーカウンターがあります。
ここまでは普通のBARと同じように思えますが……

他のお店とは違うのは、お店のあらゆるところに野球グッズがたくさんあるということ。

若かりし頃のイチロー選手、昔もかっこいいです
高校野球の名門校「明徳義塾」の甲子園出場の記念品
校旗

店内には憧れのイチロー選手や、星稜高校時代のゴジラ松井秀喜選手が。

カウンター席には、高校野球の名門校「明徳義塾」の甲子園出場の記念品に加え、校旗や各種タオルがズラリと飾られています。

天井にもプロ野球選手の新聞の切り抜きが!
お店を訪れた際にはぜひ上を見上げてみてくださいね。

店内のテレビにはもちろん野球中継が映っています

大型モニターにはプロ野球中継。
お酒より試合に夢中になってしまいそう(笑)

紹介しきれないほど野球グッズに囲まれ、まさに野球漬けの店内。
ここまでコレクションを集めるだけでも確かに凄いのですが、「ただ単に、野球好きの人がお店やってるお店なんでしょ?」と思ったそこの読者さん!

残念。

走攻酒には、誰もが驚くビックリ施設があるんです!

店内にまさかの〇〇施設が!

カウンターを振り返ると……

このスペースは一体……?

なんとネットが張られ、ユニフォームやバットが並んでいるスペースが!
さすがに二度見しました。

勇気を出してネットの中に入ってみると…

このネット……見覚えがあるような……

な、なななんと!
さらにネットぉぉぉぉ!

そうなんです。
走攻酒には「バッティング練習」できる空間が設置されてるのです。

お酒が飲めて、バッティング練習ができる場所なんて、僕の記憶にはない……。
おそらく、みなさんもこんなお店にはなかなか出会ったことはないはず……。

この空間は、もともと野球好きの店主さんが、「野球の練習する場所が欲しい!」ってことがキッカケで「それなら、お店の中に作っちゃえば楽しいんじゃない?」と設置したのだそう。
店主の野球愛の深さを感じるエピソードですね。

ユニフォームもこんなにたくさん!

バッティングの前には、お好みのユニフォーム、バットをセレクトできます。

プロ野球12球団を中心にJAPANのユニフォームまで勢揃い!
あなたのお気に入りの球団、お気に入りの選手のユニフォームもきっと眠っているはずです。

ちなみに、広島カープファンの私がセレクトしたユニフォームは……

この嬉しそうな顔!

カープのレジェンド「黒田博樹」選手!

好きなチームの憧れの選手のユニフォーム。

これは、気分も高まります!

バットも持ってみた

自分で言うのもなんですが、なかなか似合っていませんか?
早速バッティング!
といきたいところなのですが……

実は、私事で大変恐縮ですが、腰に爆弾を抱えている持病と、とある事情から全力でバットを振ることができないのです。

でも、「バッティングしてる画がどうしても欲しいんです!」と店に来ていた常連のお客さんに頼み込み、特別に撮影させてもらいました!

お店の常連さん

こちらの常連さんは、日ハムファンで元高校球児。

SHINJOのユニフォーム姿がとても様になってますよね!
ホームランを飛ばしている姿が想像できます。

トスバッティング機から出てくるボールを……
打った~!

少し伝わりづらいかも知れませんが、間近で見ると、「これが元高校球児なんだ」と納得のすごい迫力!
本当にカッコイイです!

素晴らしいバッティング、ありがとうございました!

実際にバットを振らなくとも、お酒を飲みながら、バッティングしてる人を見てるだけでも楽しい。

大勢のお客さんがいればいるほど、盛り上がりそうですよね!

店内に名前が残るかも?

さらに、バッティング以外にスイングスピードを計測することもできます。
店内には歴代のスイングスピードキングの表彰もあります。
記録更新目指してチャレンジしてみては?


ちなみに、バッティングしたからといって別料金などは一切かからない点もこのお店の素晴らしいところ!
店主が野球好き故の、良心的なサービスですよね。

バッティング、スイングスピード自慢の人はぜひ、心置きなくチャレンジしてみてくださいね!

心おきなく野球談義ができる!

いよいよ走攻酒の店主さんに取材!

バッティングできて、酒が飲める!
これだけでも充分楽しいのですが、私が何より楽しかったのは「野球談義」

店主さんに取材がてら、野球好きだからこそできる話をしてきたので、その一部始終をご確認ください。

途中、読者の人を置いてけぼりにしてしまう可能性もあるので、そこだけご注意を(笑)

じんろう
じんろう
そもそも、なんでこういうコンセプトのお店を出店しようと思ったんですか?
店主
店主
もともとは練習がしたかったことがキッカケですね。
ちょうど、お店をやろうと考えてたときに、たまたまこの物件と出会って。
「バッティング練習できてお酒が飲める場所」って他の人も楽しめるんじゃないかな?と思ったんです。
じんろう
じんろう
なるほど。
確かに野球好きにとっては堪らない空間です!
店主
店主
お客さんがお店に来て喜んでる姿をみるのが、一番嬉しいですね。
「なんだこれ?」と思って初めて来る人でも、店の中に入ったら驚いてる姿が新鮮です!
あと、元プロの人や現役の選手も来店してくれることがあるんですよ!
じんろう
じんろう
え、すごい!
......ちなみに、どんな選手が来られたんですか?
店主
店主
元巨人のクロマティ選手。クロマティ選手がYoutuberとして活動する際にお店に来てくれたんですよ!
じんろう
じんろう
クロマティ!
ずいぶんと大御所が来ましたね! 凄い(笑)

お店として、野球以外にこだわっていることとかってありますか?
店主
店主
一番は、平和に飲めることですよ(笑)
実際、お店には女性1人で来られる人も結構いるんですが、その人たちが安心して飲めるようにするのが一番のこだわりです。

あと、上下関係とかそういうのもウチのお店では忘れて欲しいですね!
じんろう
じんろう
東京ってこともあり、やはりジャイアンツファンのお客さんが多いんですか?
店主
店主
いえいえ。一番多いのはヤクルトファンなんです。
その次は意外にも、野球に全く興味のない人(笑)

ちなみに、僕は日ハムファンです。
じんろう
じんろう
日ハムですか!
ちなみにファンになったキッカケとかあるんですか?
店主
店主
子供の頃、知り合いの新聞屋さんからファイターズのチケットをよくもらってたことがキッカケですね。
自分東京出身なんですが、当時はジャイアンツのチケットがなかなか取れなくて……。
じんろう
じんろう
日ハムといえば…現在MLBでも大活躍してる大谷翔平選手についてはどう思います?(お店の取材には全く関係ない)
店主
店主
凄すぎる!
ホームラン王、首位打者、トリプルスリーもどれも狙えるでしょ!
ピッチャーとしても逸材だし!

イチローを越える人はそうそう出てこないと思ってたけど……
(イチローさんが引退会見で言ってたように)1年ごとにピッチャーとバッターを交互にタイトル総ナメも夢じゃない気がする。
じんろう
じんろう
日ハム以外では憧れの選手っているんですか?
店主
店主
野茂英雄!
じつは僕、以前アパレル関係のバイヤーだったんです。

その頃、野茂さんが日本人で初めて海外の地を開拓してるのを見て。
なんだか、自分と重ね合わせて刺激を受けていましたね。

あとは、野手でいうと、イチロー選手と新庄選手。
じんろう
じんろう
イチロー選手はなんとなく理解できるんですが、新庄選手って意外ですね?
店主
店主
注目度、エンターテイメント性……
なにより、「日ハムを変えてくれた人」だから大好きですね!
じんろう
じんろう
また、取材とは全然関係ないんですけど......。
監督になったつもりで、夢のオーダーを教えてください(笑)
店主
店主
ん〜、難しいな。
1イチロー(右)
2辻 発彦(二)
3松井秀(左)
4落合博満(一)
5大谷翔平(DH)
6小笠原道大(三)
7新庄剛志(中)
8田村藤夫(捕)
9金子誠(遊)

でも、これかな(笑)
じんろう
じんろう
キャッチャー田村、ショート金子(いずれも日ハム)ってところがいいですね!
店主
店主
当時のパ・リーグでは西武の伊東勤と日ハムの田村って言われるほど、隠れた名キャッチャーだったんで好きだったんですよね。
あと、金子誠選手は守備が「ウマいなぁ〜」っていつも関心してたんです。

でも、意外と世間の評価って金子をフィーチャーしてくれなくて……
じんろう
じんろう
わかります。
金子選手は本当にうまかったです。みんなわかりやすいのが好きですもんね。
ちなみに僕はショートなら小坂誠選手です!
店主
店主
あ、小坂いた〜〜〜!!!
じんろう
じんろう
僕はYoutubeの「小坂守備特集」を見ながら酒が呑めますよ!

思う存分野球に浸れる「走攻酒」は野球ファンの聖地だった

お酒も回ってきて、最高の気分!

少々野球の話をしすぎたでしょうか.....?

いえいえ、実はもっとディープな話もしていたんです!
取材関係なかったら永遠に話ができそうなほど、話が尽きることがありません。
これが私がこのお店に一番ドハマリしてしまった理由。

居心地が良いと感じたのは、店主さんの人柄もあるのかな、と感じました。

だからこそ野球に全く興味のない人も数多く集まっているのでは?と個人的には分析しました。

ともあれ、野球好きもそうでない人も楽しめる場所にあることに代わりなし!

飲んで・打って・話せる「走攻酒」、ぜひ遊びに行ってみてくださいね〜!


おまけ(笑)

ちなみに……
ヤクルトのマスコット「つば九郎」のコスチュームもあります。

あらゆる場所でパシャリ!
記念撮影にどうぞ!

nomooo

nomooo

今日の「飲みたい」が見つかる。日本最大級のお酒情報サイトnomooo。 新着ニュース&イベント、コラム記事やレポート記事まで掲載してます。

この記事を書いたライター情報

NOMOOO

NOMOOO

「酒屋」が運営する国内最大級のお酒情報に特化したWebメディア。「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプトに、味のある酒場や、お酒が楽しくなる飲み方などを紹介しています。

NOMOOO が最近書いた記事

SERIES