即日完売・馬レバーが福島市の町中華に!?会津直送馬刺しを食す

即日完売・馬レバーが福島市の町中華に!?会津直送馬刺しを食す

2019/08/30

取材日は「8月29日」。いったい何の日? 8、2、9……もう、おわかりですよね「パニックの日」です。キャー! カメラを止めないで! 冗談です。ご存知「焼き肉の日」です。しかし、すんなり焼肉を紹介すればいいのか! いいや、よくない。今回は「馬肉(8バ2ニ9ク)」を食べに行きます!!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

即日完売・馬レバーが福島市の町中華に!?会津直送馬刺しを食す

円盤餃子もあるので観光客からも人気

福島駅を東口から出て、東北電力近くの路地を入っていくと『朴伝(ぼくでん)』というお店があります。サラリーマンから高い支持を得る、いわゆる「町中華」。料理はどれもリーズナブルでボリューム満点です。

ここに馬刺しが…?

ちょっと待って。中華屋さんに馬刺しなんてあるの?

そう思ったあなた。アルンデス!

どんな馬刺しが食べられるの?

菅野店長にインタビュー!
マーヤ
マーヤ
こんにちは! 中華料理に目もくれず、ただひたすらに馬刺しを求めてやってきた、小生はマーヤと申します! 突然ですが、なぜ中華屋さんで馬刺しを?
菅野店長
菅野店長
こんにちは!! それは、福島ならではのおいしいものを味わってほしいからですね。地元でその土地の味わいを楽しんでいただければと思い、始めたんです!
マーヤ
マーヤ
ほう…。福島の食で喜んでほしい、そのためなら中華のジャンルにもとらわれないということですね
菅野店長
菅野店長
馬刺しは会津坂下にある『小林畜産』直送の新鮮なものにこだわっています。さらに、ただの国産ではなく純国産の馬刺しなので上質な味わいです

原料は輸入でも国内で育てたものは国産とされますが、純国産は日本生まれ日本育ち。生粋の馬刺しのお味は格別でしょうね!

マーヤ
マーヤ
私、実は馬のレバー刺しが一番好きなんです。でも、なかなか食べられるお店がないんですよね
菅野店長
菅野店長
馬レバー、ありますよ!
『朴伝』にあるんです!!
マーヤ
マーヤ
おおおおお! これは!
『朴伝』にあった~!
マーヤ
マーヤ
馬レバーだ!!!
菅野店長
菅野店長
通常の馬刺しは上モモという部位で出していますが、このレバーが金曜日にだけ入荷するんです! しかも数量限定でいつも即日完売……

幻の馬レバーを実食!

こんなところで大好きな馬レバーに出合えるなんて! なんという僥倖。しかし、週に一度、数量限定でしか食べられないとはまさに幻の一品。

「馬のレバーさし」(990円)※数量限定

早速、この希少なレバーを実食! いただきま~す!

ごま油の風味がふわり! とろとろ……
おいしそう……ドキドキ……

うま肉~~!(馬の肉であり旨い肉であるという意)

舌の上で一気に広がる濃密なレバーのコク……。とろける食感に表情も思わず緩みます。余計な臭みがなく、ごま油の風味も合いまり、どんどん食べるものでもない馬刺しを、どんどん食べてしまいます。

毎週、これを求めてやってくる常連さんもいるそう。確かに、一度食べれば虜になること不可避です。

お得感抜群の馬刺しセットも実食!

もちろん金曜日以外でも、美味しい馬刺しが食べられますのでご安心を。

「純国産馬さしセット」(1,848円)

「純国産馬さしセット」は、馬刺し(上モモ)、鶏の唐揚げ、冷奴、ザーサイ、温玉、アルコール1杯(530円までのドリンクから)がついて、1,848円! これはお得としかいいようがありません。

こんなに馬刺しを食べられて幸せ……

『小林畜産』特製の辛味噌を付けていただきます。

クセがなくさっぱりした味とほどよい食感に、万人が「うま肉!(馬の肉であり旨い肉であるという意)」と言いたくなるような、スタンダードの美味しさが宿ります。

また、唐揚げをマヨネーズ&ケチャップでいただくのがデブポイント高し! たっぷりと「食べるラー油」が載った冷奴もやみつきになりそうです。

一緒に食べたいオススメ肉中華!

「馬刺しだけじゃ満足できません!」そんなハラペコキッズのあなたが注文すべき『朴伝』の肉中華メニューをピックアップ!

「ユーリンチー」(880円)
「手作り焼豚」(1,210円)
「ラム肉クミン炒め」(1,078円)

甘みのある香味ソースをどっさりかけた「ユーリンチー」。30分間オーブンで焼き上げる「手作り焼豚」はフルーティーな風味。ラム肉独特の香りにエスニックさをプラスした「ラム肉のクミン炒め」は酒のおつまみにピッタリです!

ソロ宴の様子はこちらです

極上のレバーに上モモの馬刺し、さらに店自慢の肉中華でお腹いっぱい。みなさんも「うま肉!」とコールしに、ぜひ『朴伝』へ行ってみてくださいね!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載