京都でにゃんこと触れ合える、町家猫喫茶「うたねこ堂」

2019/09/02

京都でにゃんこと触れ合える、町家猫喫茶「うたねこ堂」

みなさん、こんにちは。日々、動物動画を見ては癒されているWebLeafスタッフです。動画も良いけれど、できれば実際に触れ合いたい!ということで、最近、京都御所南側にオープンした話題の猫喫茶へ行ってみることにしました。

WEB Leaf

WEB Leaf

築100年の町家を改装した猫喫茶って?

2019年5月にオープンしたばかりの[町家猫喫茶 うたねこ堂]さんは、寺町通御池を一本北へ進んだところにあります。

石畳の路地奥を進んだところにありますよ〜

早速お邪魔すると、店内は大正ロマンをテーマにした昔なつかしいレトロモダンな雰囲気が広がっていました。1階は喫茶スペース、2階は猫カフェスペースとなっているようです。

猫カフェスペースを利用する場合は、まずは利用するにあたってのルールなどをチェック。にゃんこスタッフの紹介などもしてもらえますよ♪ちなみに猫カフェスペースは、1時間1500円、延長10分ごとに 250円が追加されます(税別)。

にゃんこたちに負担がかからないよう、清潔さはもちろん、匂いのきついフレグランスなどはNG。 利用の際の注意点などは、事前にHPでチェックしておくことをオススメします

オーナーさんとお話をしていると、「早く遊ぼーよ」と言わんばかりに、2階からペルシャねこの三四郎くんが降りてきてくれました。

かわいすぎる件

喫茶はワンオーダー制。1階の喫茶スペースでゆっくり味わうのも良し、2階の猫カフェスペースでにゃんこと触れ合いながら飲食するも良し、だそうです。WebLeafスタッフは、にゃんこと存分に戯れたいので、先に1Fでお茶タイムをすることにしました。

喫茶メニューは、猫型のにゃんこかき氷や、猫型のアイスクリームが可愛いクリームソーダ、コーヒー、紅茶などのほか、ビールやワイン、ウイスキーも揃う豊富なラインナップ。ちなみに、喫茶だけの利用もウェルカムだそうですよ♪

WebLeafスタッフは、オーナーさんおすすめの夏限定メニュー「招きにゃんこレスカ(1日5食限定)」1380円(税別)をいただくことに。アイスクリームが猫型になっていてとてもかわいいので、猫好きのみなさんにぜひとも共有したい。

ソーダはさっぱりと、アイスクリームは濃厚で夏にぴったり!

完食したら、お待ちかねの猫カフェスペースへ。

少人数制だから、にゃんこと存分に触れ合える

2階へ上がると[うたねこ堂]の店長で黒猫のうたくんが、「いらっしゃい」と出迎えてくれました。人見知りだそうですが、慣れてくるとスリスリゴロゴロしてくれるツンデレさんだそうです。写真左のちゃぶ台の下に隠れているのは、三四郎くんだな(笑)

壁にある台湾製のキャットタワー「MYZOO(マイズー)」は愛猫家さんたちに人気のブランドだそうで、このキャットタワーを見に訪れるお客さんも多いそう
やっぱりちゃぶ台の下にいたのは三四郎くんだ!(笑)

腰を下ろすと、次から次へとにゃんこたちが近寄ってきてくれました。オーナーさん曰く、ここのにゃんこたちは人懐っこい子ばかりで、ご機嫌によっては太ももの上に乗ってくれることもあるそうです。

この日のメンバーは、うた店長はじめ5人(匹)

こちらはスコティッシュの勘九郎くん。思いのままに過ごすにゃんこたちが微笑ましいわ〜。

犬派だったけど、にゃんこもめっちゃ可愛いやん!と気づかされました
遠くを見つめるスコティッシュの金ちゃん(金太郎くん)
金ちゃんと同じ方向を見つめるハチワレの銀次郎くん
戯れるWebLeafスタッフ

まさに、にゃんこたちに癒され放題のWebLeafスタッフ。やはり動物がもたらす癒し効果はすごい。こちらの猫カフェスペースは少人数制なので、運が良ければこの空間を独り占めできちゃうかもしれません。猫好きさん注目の町家猫喫茶[うたねこ堂]さん、休日はにゃんこたちに癒してもらってはいかがですか?

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES