意外と知られていない!? 大正のカレー事情【Part2】

2019/09/03

意外と知られていない!? 大正のカレー事情【Part2】

大正といえば、沖縄料理の街…ってなイメージがあるのでは?近頃はカレーの街、と言うちまってもいいぐらい賑わう大正の名店をご紹介するシリーズ第2弾。今回も中毒性が高い点だけ要注意です!

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

大阪移住を機に、札幌のパキスタンカリーを独自に伝承

2017年、大阪へ移住することになった、北海道出身の松浦昂信さん。家探し中に立ち寄った『井尻珈琲焙煎所』で紹介してもらったのが、不動産の仕事もしている『ホステルナガヤドオオサカ』のオーナーだった。無事に良い物件が見つかり、大正暮らしを始めるも、前々から「やってみたい」と感じていた自身のカレー熱は増すばかり。独学で極めた無水チキンカレーを『ナガヤド~』のイベントで披露してみたところ、予想以上の大好評! 2018年11月より間借りで営業することになったという。

こだわりのカレーを提供する、タカブルカリーのタカノブさん
『ホステルナガヤドオオサカ』のバースペースに間借り
“味変”に最適な唐辛子ニンニク酢。コク深いカレーにめちゃくちゃ合って二度おいしい

ルーツは札幌で食べた『カラバト・カリー』のパキスタンカリー。その味に惚れ込んで試行錯誤を繰り返し、大阪で独自の進化を遂げさせた。水を全く使わず仕上げられたカレーの旨味凝縮度はハンパなく、ホロホロの繊維状になった鶏肉がグイグイと口内を魅了。オイリーながらもしつこさゼロで、バスマティライスとの相性もベストカップル賞だ。副菜とぐちゃぐちゃに混ぜながら食べるのもまた一興。…などと言うてる間もまた食べたくなってるから、不定期営業な間借り形態にまんまと翻弄されている。本名(昂信)に由来する店名通り、食すと激烈に昂ぶるカレーなのだ。

●●こちらの記事も読まれています●●

日がな一日、のんびり楽しい街歩き【朝活編】
オフィス街に登場した大人の遊び場
COMEPASS _-コンパス-_

COMEPASS _-コンパス-_

関西のとっておき新発見を毎日

大阪・京都・神戸を中心に「関西」にまつわるファッション・グルメ・遊びを毎日配信するWEBマガジンです。

この記事を書いたライター情報

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

関西の「おしゃれ・暮らし・遊び方」を毎日配信するWEBマガジン。20年以上、関西のユースカルチャーを牽引してきた雑誌『カジカジ』のプロデュースにより発信される情報は、どこよりもディープでフレッシュなものばかりです。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI- が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES