ハブアスパイスデイ!ネパール人の作るスパイスまぜカレー

2019/09/08

ハブアスパイスデイ!ネパール人の作るスパイスまぜカレー

今札幌で流行中なのが、本来のお店のアイドルタイムに違うメニューを提供する形の「間借り営業」、そして2〜3種類のカレールーをあいがけした「混ぜカレー」です。今回紹介するお店「カトマンズカレー」さんは、そんな間借り営業&混ぜカレーのお店です。

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

お昼のみの「間借り」&ルーをあいがけする「混ぜカレー」のお店「カトマンズカレー」

「カトマンズカレー」さんは、カフェサーハビーさんの昼だけ間借り営業店。真っ青な旗が目印です。場所はノルベサの西側、南3条西6丁目になります。
営業時間はランチタイムのみの11時〜14時半まで。15時からはカフェサーハビーさんの本営業となります。

「カフェサーハビー」さんについてはこちらの記事を参考にされてください。

この青い旗が目印。メニューは日替わりなので黒板メニューを要チェック

エレベーターで2階に上がるんですが、エレベーターのドアが開いた瞬間からスパイシーな香りが漂って来て、「ようし!カレー食うぞ!」とカレー欲が加速度的にUPしてきます。

この日は営業開始の11時にお邪魔したので一番乗り!(あとから5〜6人ほどお客さん来てました。12時過ぎると混みそう)

席に着いてメニューをまじまじと見ます。

すすきの周辺のオススメランチはこちらの記事を参考にされてください。

右下の似顔絵イラストは調理長さんにそっくり!

メニューは「本日のカレー(950円)」「カトマンズスペシャル(1250円)」の2種類のみ。

ドリンクセットとライス大盛り、そしてこの日から追加されたチャイマサラ(300円)とシンプルな構成。

この日のカレーはキーマなすび。スペシャルは2種のあいがけ(キーマなすびとダルチキン)です。

せっかくなので2種類のカレーを味わいたい!ということでスペシャルを注文!

5分と待たずに出て来ました。

カトマンズスペシャル(1250円)

まず目を引くのが、カレーの上にちりばめられた色とりどりのアチャール。

札幌のローカルフード「スープカレー」はもちろん、欧風カレーやインドカレーとも見た目からして違います。

すすきの周辺のスープカレー・ルーカレーのお店のレビューはこちらを参考にされてください。

この緑や赤紫色のがアチャール

アチャールとはネパールにおけるスパイスで和えた浅漬けのような副菜のこと。人参、じゃがいも、ホウレンソウ、赤キャベツ、竹輪。

え?竹輪?

こちらはネパール人シェフのパルカスさんが札幌に来て思いついたオリジナルアチャールだそうです。

真ん中にこっそり隠れているのが竹輪のアチャール

人参のアチャールの下にこっそり鎮座しているのが竹輪のアチャール。そして上にあるのがお豆の煎餅パパド。緑色の細かい香菜がメティです。

上のお煎餅状のがパパド

まずは左側のルー「キーマなすび」をひとすくい。

ほんのり酸味があり、舌に馴染みのあるマイルドな辛みと旨みで白米にも合う。旨い!

そして右側の「ダルチキン(鶏肉と豆カレー)」もひとすくい。

こちらは左側のより個性的なスパイス感。でも辛みはマイルドです。これも白米に合うようにアレンジされてるのかな?と感じました。

メニューの下の方に「付け合わせのピクルスや、野菜をカレーとまぜまぜして食べるのがパルカスオススメの食べ方ダヨ」と書いてあったので、おもむろに混ぜてみます。

パパドを割り入れてまぜまぜ開始

5種のアチャールも豆のパパドも、さらに2種のカレールーも混ぜては食べ、混ぜては食べをくり返します。

カレー自体の完成度がものすごく高いので、混ぜるたびに表情が変わって全く飽きません。どんどんスプーンがススんじゃうんです。

カレー好きな人なら、ルーだけドンドン減っちゃってライスの量と合わなくなるかもしれません。

でも大丈夫!

メニューをよく見ると「※ルーが足りなくなった方、スタッフにお声がけ下さい。追加で入れさせていただきます。」と書いてあるんです!

なのでルーがちょっと足りなくなっちゃた…って時は遠慮なくお店の人にルーの追加(無料)をお願いしましょう。

気づいた時にはもう完食

完食!

自分史上一番皿の隅々までカレーをいただきました!

食後に頼んでおいたマサラチャイが登場。

マサラチャイ(300円)

こちらはスパイスの入ったホットミルクティー。8月とはいえ肌寒かったこの日はこういう芯から温まるホットドリンクが染みます。
カレーのスパイスで活発になった胃袋を落ち着かせるのにもいいですね。

すすきの周辺でこのクオリティのカレーランチが食べられるお店「カトマンズカレー」さん。すでに売り切れる日も出て来てるようです。オススメですよ!

この記事を書いたライター情報

すすきのへ行こう

すすきのへ行こう

「すすきのへ行こう」は運営20年の道内最古参ローカルウェブマガジンです。アジア最大最北の歓楽街「すすきの」を中心に札幌市のグルメ・観光・イベント情報をお届けしています。行列の絶えない超有名店から地元民でも知らない穴場なお店まで、幅広くカバーした実食レポートが好評です。

すすきのへ行こう が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES