JR京都駅改札内にパン屋「BOUL’ANGE」がオープン

JR京都駅改札内にパン屋「BOUL’ANGE」がオープン

2019/09/07

みなさんこんにちは。京都の玄関口であるJR京都駅の西口改札内に、オリジナルブーランジェリー[BOUL’ANGE(ブール アンジュ)]が8月19日にオープンしました!

WEB Leaf

WEB Leaf

パン屋[BOUL’ANGE(ブール アンジュ)]がJR京都駅改札内にオープン。通勤・通学時に使えて便利とウワサ

全国に10店舗を展開する[BOUL’ANGE]ですが、京都には初出店。場所はJR京都駅の西口改札に入って左側、嵯峨野線乗り場に向かう途中。先日オープンしたチーズティー専門店[machi machi]の隣にあり、看板商品のクロワッサンから食パンまで様々な種類のパンが揃います。

駅構内にあるため、通勤や通学時にパパッと買えてとても便利

1日に1000個を売り上げるという人気NO.1のクロワッサンの他、惣菜パンやマフィンなど、店舗自体は小さいですが充実のラインナップです。一番下の段には食パンがずらりと並んでおり、トースト専用や生食専用など用途や好みに合わせて購入できるのが嬉しいポイント。

サンドイッチも2段に渡って並べられ、色々な種類がありましたよ〜!

今回試食させていただいた抹茶クロワッサン250円(税別)は、宇治の[中村藤吉本店]の抹茶を贅沢に使用した一品。トースターで1〜2分ほど温めて食べると、中のチョコが溶けて抹茶の苦味と見事にマッチ。表面はパリッとしながらも中身はしっかりと食べ応えがありました。こちらはオープン記念としての期間限定発売だそうなので、気になる方はお早めに!(終了日未定)

素材の味が感じられて、大満足の一品でした

さらに各日数量限定で、プレーン、チョコレート、抹茶を組み合わせたクロワッサンギフト925円(税別)も販売しているとのこと。買い物帰りの手土産にもぴったりです。

朝は8:00から、夜は21:00まで営業しているので、様々なシーンで活躍するお店となりそうですね!

京都のパン情報

京都のパン情報

パンの消費量日本一とも言われる京都のパン情報、まとめました

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のnewsを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載