鎌倉に行く人必見!絶品パンに人気が集まる格安ゲストハウス

2019/09/11

鎌倉に行く人必見!絶品パンに人気が集まる格安ゲストハウス

鎌倉の材木座海岸に位置するゲストハウス「亀時間」。旅好きなスタッフが手がけた古民家ゲストハウスです。3200円で泊まれる部屋もあるなど、気軽に使えそうなのがうれしいところ。また、週末限定のカフェで提供されるデンマークパンのメニューも人気!鎌倉へのおでかけの際に利用してみては?

るるぶ&more.

るるぶ&more.

築93年の古民家を改装したゲストハウス

 

JR鎌倉駅から九品寺(くほんじ)循環のバスに乗って10分ほど。
築93年の古民家を改装したゲストハウスが「亀時間(かめじかん)」です。

2011年、世界中を旅したオーナーやスタッフが立ち上げたゲストハウスで、今年で8周年を迎えます。
「亀時間」という宿の名前は、「日常から離れてゆったりとした時間を過ごしてほしい」という想いから名付けられました。

 

こちらは古民家の内装を活かした開放的なレセプションとカフェ。至る所に旅に関する本やかわいい亀のオブジェが飾られています。
レンガの床は、前のオーナーがステーキハウスを営業していたときの名残だそうで、和洋折衷の趣も感じられます。

 

フロントでは、かわいい亀をモチーフにしたオリジナルグッズを販売。3周年グッズのカラフルな手ぬぐい(税込1000円)、5周年グッズのトートバッグ(税込1800円)、8周年グッズのアルミボトル(税込1200円)のラインナップ。
3つをまとめたコンプリートセット(税込3500円)も用意されています!

ある常連さんは、公式サイトでコンプリートセットを購入し、気分を高めてからゲストハウスに遊びに来たなんていうエピソードも!
シンプルかつポップなデザインなので、旅のお土産としてもよろこばれそうですね。

鎌倉の暮らしを楽しめる3つの客室

 

「亀時間」の客室は、2つの個室と1つのドミトリーの合計3部屋のみ。小さなゲストハウスだからこそ、鎌倉の家で暮らすような時間を過ごすことができます。
2人部屋の和室(4.5畳)は庭に面しており、色鮮やかなあじさいなどが身近に感じられます。

 

客室で一番広い部屋が4人部屋(8畳)。開放的な和室で縁側に面しているため、まるで旅館に訪れたかのような気分に。
室内の掛け軸や欄間など、伝統的な装飾も見どころのひとつです。

 

男女混合のドミトリーでは、2段ベッドを3台設置しており、最大6人まで宿泊できます。

普通のサイズ(3500円)は身長の高い方でも安心して寝られるベッド。
また、小さいサイズ(3200円)は押入れを改造しており「ドラえもんベッド」と呼ばれているそう!各ベッドにはカーテンがついていて、プライバシーも確保できるので安心ですね。

 

廊下の突き当たりにある洗面台。レトロな照明や丸い鏡など、雰囲気がありますね。

週末限定のカフェで味わえる特製デンマークパン!

 

こちらのスペースは、宿泊者向けに朝食を提供するダイニングにもなります。
でも実は、それだけではないのです!
バーレストラン「ヨルカメ」として月2回オープンしたり、週末限定で「Cafe kamejikan」になったりと、自由にその形態を変えています。
いつ訪れても楽しみがありますね。

今回はそのなかから「Cafe kamejikan」をご紹介します。

こちらでは、カフェの店長ゆうりさんが焼いたパンを中心に提供。
デンマーク滞在中に一番おいしかったパンの酵母を分けてもらい、それを継ぎ足しながら焼いているそう!
自家製の調味料や地元の旬野菜を使った、ヘルシーで栄養たっぷりな一品を味わえるんです。

 

特におすすめしたいメニューは「デンマークパンのスモーブロー 5種セット(税込1180円)」
雑穀がぎっしり詰まった自家製ライ麦パンに、北欧ならではのスモークサーモンとクリームチーズ、鎌倉の季節野菜の盛り合わせなどをのせたサンドウィッチです。

 

パンのなかには、ライ麦粒、雑穀、豆、押し麦、ひまわりの種、白ごまなど、盛りだくさん!
デンマークのライ麦パンは家庭ごとに異なる味とレシピがあり、ゆうりさんが滞在した家では雑穀を中心に取り入れていたよう。
それぞれの野菜とも相性抜群で、いろんな味を少しずつ楽しめるのがうれしいところです。

「Cafe kamejikan」は毎週土日の12時から16時30分まで営業していますが、日時が変更になることもあるので、公式サイトで最新情報をチェックしてくださいね。

 

海外のバックパッカーだけでなく地域の人々もふらりと訪れる「亀時間」。
こちらでは「お寺でヨガ」「鎌倉のパン食べ比べ」など、個性的なイベントも開催しています。
鎌倉の暮らしをゆったり楽しみたい方は、ぜひ一度泊まってみてはいかがでしょうか?

Text & Photo : 成瀬亜希子

●掲載の内容は2019年6月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

おしゃれなゲストハウスにお泊り【マイメロディの鎌倉さんぽ1】

おしゃれなゲストハウスにお泊り【マイメロディの鎌倉さんぽ1】

おでかけメディア『るるぶ&more.』

マイメロディの おさんぽ れんさい カマクラに たびにでるよ☆こんやは ぞうさんと いっしょに すてきなゲストハウスにとまるの♡ここは あさごはんが とってもおいしいんだって!ワクワクする〜♪

インテリアにもなる“苔テラリウム”が今人気!鎌倉の苔専門店へ

インテリアにもなる“苔テラリウム”が今人気!鎌倉の苔専門店へ

おでかけメディア『るるぶ&more.』

鎌倉・由比ガ浜の「苔むすび」は、苔の研究家として知られる園田さんのアトリエ兼ショップ。店内には、透明な容器の中で苔を育てる“苔テラリウム”がいっぱい!はじめてでも簡単に育てられる苔テラリウムをご紹介。

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SERIES