茶芸師の神ワザ級パフォーマンスは必見!東京駅すぐの四川料理店

2019/09/11

茶芸師の神ワザ級パフォーマンスは必見!東京駅すぐの四川料理店

東京駅の目の前に立つ「新丸ビル」内にある「四川豆花飯荘(シセントウファハンソウ)」。シンガポールで進化した四川料理を満喫できるほか、茶芸師の見事なパフォーマンスが間近で体験できるのもこのお店のポイント。いつもとは違った休日ランチを楽しめること間違いなしです!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

新感覚な四川の味に出会えるお得ランチ

四川豆花ランチセット(休日限定) 2160円

「四川豆花飯荘」は、シンガポールに本店があるレストラン。四川料理の伝統の味や調理法を守りながら、日本の旬の素材を取り入れたり、他ジャンルとコラボしたり、さまざまな工夫をして進化した味を提供しています。

ディナー、ランチともにコースが充実していますが、なかでもおすすめは「四川豆花ランチセット」。メイン2品、点心2種類、ライス、スープ、漬物、デザートがセットになっていて、大満足のボリューム。2160円というお手頃な料金設定もうれしいです。ちなみに、メインの2品は2週間ごとにメニューが変わり、1品は必ず四川料理になります。

 

こちらは取材日のメインの一品「季節野菜と豚肉の四川豆板醬ソース」。四川料理の味の決め手、豆板醬のほか、ニンニク、ショウガ、黒酢などで味を整えています。

ピリッとした辛さのあとに、ショウガの風味が口に広がる奥深い味わいで、思わずごはんが進んでしまいます。

 

メインのもう一品「トマトと枝豆の玉子炒め」は、塩味であっさり。玉子のフワフワ感もたまりません。

茶芸師の妙技で中国茶を楽しむ

 

「四川豆花飯荘」の魅力といえば、食事中に茶芸師の芸術的なパフォーマンスを至近距離で楽しめること!なんと茶芸の本場、四川省の雅安という街で修業を積んだ茶芸師なのだそうです。

アクロバティックな動きは美しく、18ものポーズがあるのだとか。この神ワザは、ぜひ動画に撮りたい!

 

各テーブルに、中国でよく飲まれている八宝茶が用意されていて、そこに茶芸師がお湯を注ぎにきてくれます。

想像以上にお湯の出るスピードが速く、八宝茶がクルクルと回る様子がキレイです。飲み終わったらフタを開けておけば、何度でもお湯を注いでくれるそう。

 

ジャスミン茶、紅なつめ、クコ、菊花、氷砂糖、百合根、龍眼、クルミが入った八宝茶は、コレステロールを下げ、血行を促進し、免疫力を高める効果も期待できるとか。

爽やかな風味で、飲み進めるうちに味の変化が楽しめます。口のなかをさっぱりさせてくれるので、料理の合間に飲むのにぴったりです。

東京駅もちらり!クラシックモダンな空間

 

店内のデザインは“モダンロイヤルクラシック”がコンセプト。優雅な空間にレイアウトされた家具や調度品はすべてオーダーメイドです。

 

窓の向こうには、東京駅の駅舎を眺めることができます。

シンガポール発の四川料理を味わいながら、茶芸師のパフォーマンスというイベント的な要素も楽しめる「四川豆花飯荘」。盛り上がること間違いなしの、休日ランチをお楽しみください!

Text、Photo:粟屋千春

●掲載の内容は2018年8月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

飲茶もスイーツも!シンガポール風アフタヌーンティーで女子会

飲茶もスイーツも!シンガポール風アフタヌーンティーで女子会

おでかけメディア『るるぶ&more.』

銀座4丁目交差点からすぐ、シンガポールに本店があるカフェ&レストラン「tcc シンガポリアン カフェ&ダイナー」。人気No.1のアフタヌーンティーは、飲茶とスイーツが一緒に味わえる大満足のボリューム。

東京駅舎内のオトナの雰囲気漂うバーでオリジナルカクテルを

東京駅舎内のオトナの雰囲気漂うバーでオリジナルカクテルを

おでかけメディア『るるぶ&more.』

東京駅丸の内駅舎内の「東京ステーションホテル」のなかに、とっておきのバー&カフェ「カメリア」があります。ホテルのバーって敷居が高そう…と思いきや、カクテルが1000円台から楽しめて意外とお手頃!

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

SERIES