「見る」の一歩先をゆく。大阪「海遊館」のクリエイティブな展示

2019/09/14

「見る」の一歩先をゆく。大阪「海遊館」のクリエイティブな展示

世界最大級のアクアリウム、海遊館。サメや魚の顔など、毎回テーマを変えた特別展を開催し、生き物たちと自然環境のおもしろさを伝えている。そんな海遊館で現在開催しているのが「海に住んでる夢を見る」展。ネーミングがファンタジーすぎ! とても気になるので、行ってみた。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

まるで海に住んでる感覚…!? 「見る」の一歩先をゆく、クリエイティブな展示

この展示は「住」をテーマに、海の世界と人の世界の要素が混じり合った独特な空間で、魚たちの生きる工夫や暮らし方を紹介しています。おもしろいのはその表現方法で、単なる展示にあらず、想像力をかきたてる“インスタレーション作品”になっている。

展示風景
展示風景
展示風景

空間構成は、ASIAN KANG-FU GENERATIONのツアーステージデザインなどを手がける建築家・光嶋裕介さんが担当している。

生き物すべての住まいである地球をテーマにした循環型栽培の仕組み「アクアポニックス」も見所!!

アクアボックス
アクアボックス
体験の様子

ストーリーを綴る詩的な言葉、光がつくる幻想的な空間、瑞々しいサウンドスケープ…。五感を刺激するアプローチの数々は、クリエイティブのプロたちによるもの。それぞれのジャンルに精通した5人のクリエイターたちがつくりあげた新しい展示は必見。

参加クリエイター

光嶋裕介(空間構成)
石神夏希(ストーリー、文章)
長嶋祐成(イラスト)
藤本直明(デジタルアート)
Polar M(音楽)

イロトリドリの環境で生きる、小さな生き物たちを覗きながら妄想するのは、なんとも楽しい。たまには街の喧騒から離れて、五感が潤うサイレント時間を過ごすのもいいかもしれない。この子たちみたいに。


海遊館 特別展
海に住んでる夢を見る展
~魚と私のふしぎなおうち~
2019年3月15日(金)~2020年1月7日(火)

●●こちらの記事も読まれています●●

新たな視点でファッションを考察する展示 京都
この世のキワにいるかもしれない…想像上の生きものたちの展示
COMEPASS _-コンパス-_

COMEPASS _-コンパス-_

関西のとっておき新発見を毎日

大阪・京都・神戸を中心に「関西」にまつわるファッション・グルメ・遊びを毎日配信するWEBマガジンです。

この記事を書いたライター情報

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI-

関西の「おしゃれ・暮らし・遊び方」を毎日配信するWEBマガジン。20年以上、関西のユースカルチャーを牽引してきた雑誌『カジカジ』のプロデュースにより発信される情報は、どこよりもディープでフレッシュなものばかりです。

COMEPASS -FINDING NEW KANSAI- が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES