2019「秋」の味覚を食べに行こう! 松茸・鮭・栗料理のお店

2019「秋」の味覚を食べに行こう! 松茸・鮭・栗料理のお店

2019/10/14

旬を迎えるおいしい食材がいっぱいの、実りの季節「秋」。ここでは、秋の味覚である松茸、鮭、栗を満喫できるお店を5軒セレクト。五感が研ぎ澄まされるこの季節、深まりゆく秋をおいしい料理で彩りましょう!

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

今がおいしい「秋」の味を堪能! 松茸・鮭・栗が楽しめるお店

・松茸:銀座の『松茸と鱧の鍋料理』
・鮭:神楽坂の『鮭のはらこ釜飯』
・栗:日本橋の『焼き栗とズワイガニのご飯』

松茸:【銀座 和久多】/銀座

名残の鱧と出始めの松茸を使った京料理『鱧と松茸の小鍋仕立て』

『鱧と松茸の小鍋仕立て』(コースの一品)

銀座の会席料理店【銀座 和久多】では、厳選した旬の食材を使用し、素材の旨みを引き出した京風会席が味わえます。名残の鱧(ハモ)と出始めの松茸を使った高級鍋料理とされる『鱧と松茸の小鍋仕立て』は、鱧と松茸の両方が味わえる、今の季節だけの味わい。鱧の骨でとった出汁で上品に仕上げた逸品で、澄んだ出汁と松茸の風味、鱧の旨みが堪能できます。

【銀座 和久多】のお店情報

電話:050-5871-1010、住所:東京都中央区銀座8-3-1 銀座時傳ビル5階、アクセス:銀座駅 徒歩5分

鮭:【つみき 神楽坂】/神楽坂

村上の塩引き鮭と魚沼産コシヒカリでつくられた名物『はらこ飯』

『村上塩引き鮭のはらこ釜飯』味噌汁付(2人前から)1人前890円、追加味噌汁200円

【神楽坂 つみき】は、新潟の郷土料理店。名物『はらこ飯』は、魚沼市塩沢町の指定農家から仕入れる魚沼産コシヒカリや村上の塩引き鮭など、新潟産のこだわりの食材を使用しています。鰹と昆布の出汁に調味料を加え、身をほぐした秋鮭を少量のせて炊き上げた土鍋ご飯に香ばしく焼き上げたシャケのほぐし身と醤油漬けにしたいくらをたっぷりとのせています。

【つみき 神楽坂】のお店情報

電話:050-5871-1272、住所:東京都新宿区神楽坂4-3 楽山ビル3F、アクセス:飯田橋駅 徒歩3分

栗:【日本橋 柚こう】/日本橋

旬のズワイガニと丹波の焼き栗を炊き上げた『ズワイガニと焼き栗のご飯』

『ズワイガニと焼き栗のご飯』(神無月おまかせ懐石コース1万2,800円の一品)

裏路地に佇む、和の洗練された雰囲気が漂う二階建ての一軒家【日本橋 柚こう】。1日2組までの完全予約制で、食事は月替わりのコースとなります。10月から提供される『ズワイガニと焼き栗のご飯』は、旬のズワイガニ、丹波の焼き栗に、南魚沼産のつややかなお米を、昆布と鰹のおだしでふっくら炊き上げています。旬の食材を使った懐石とともに堪能できます。

【日本橋 柚こう】のお店情報

電話:050-5263-2598、住所:東京都中央区日本橋本町1-4-5、アクセス:三越前駅 徒歩3分

オススメの記事

この記事を書いたライター情報

ヒトサラMAGAZINE

ヒトサラMAGAZINE

グルメサイト「ヒトサラ」は、美味しいレストラン紹介はもちろん、つくり手の情報までしっかりと紹介することで、高い評価をいただけるようになりました。このヒトサラマガジンでは、今まで編集部が培ってきたネットワークやノウハウを通じ、新たな食の愉しみ方や提案ができたらと思っています。

ヒトサラMAGAZINE が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載