瀬戸内マリンビュー!瀬戸内を望む観光列車の旅

瀬戸内マリンビュー!瀬戸内を望む観光列車の旅

2019/09/16

広島ホームテレビ『みみよりライブ 5up!』(2019年9月5日放送)では、ソリディーモの手島章斗と、旅行情報誌『関西・中国・四国じゃらん』の長田編集長が、観光列車「瀬戸内マリンビュー」に乗って瀬戸内海沿岸にある長田編集長おすすめスポットを紹介した。

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

瀬戸内マリンビュー!瀬戸内を望む観光列車の旅

2005年から広島駅・三原駅間を運行している瀬戸内マリンビューが、来年リニューアルすることが決定。今しか乗れない観光列車として、再び注目を集めている。羅針盤や地図などの装飾があり、客船のキャビンをイメージした車両に乗りながら瀬戸内海を一望できる路線を楽しむことができる。

観光列車「瀬戸内マリンビュー」

最初に下車した安芸津駅では「今田酒造」へ。明治元年創業の老舗の酒蔵で、フランスの大会でグランプリを受賞したお酒も造る。安芸津は吟醸酒誕生の地であり、「広島杜氏のふるさと」と呼ばれるほどの歴史を誇る。今田酒造の杜氏を務める今田美穂さんは、女性ならではの感性を生かした酒造りに励み、その姿はドキュメンタリー映画に取り上げられるほど。

「今田酒造」

手島は、そんな今田さんおすすめのリキュールを満喫したのち、歴史を感じながら酒蔵を見学した。

おすすめのリキュールを満喫

手島は、次の目的地「三原駅」に到着。長田編集長の次なるおすすめスポット「Café久和喜」へ。海側の大きな窓からは、目の前の「有竜島(うりゅうとう)」をはじめ、瀬戸内海を行き来するフェリーや、大型タンカーを眺めながらゆっくりと過ごすことができる。

「Café久和喜」

モダンな雰囲気の店内で味わえるのはコロッケ、タコ、チーズ、キャベツが入った懐かしい味わいのホットサンド。こんがり焼いた薄切りのパンに地元産の新鮮素材を使った具材がたっぷり入り、ボリュームも満点。

懐かしい味わいのホットサンド

最後に訪れた先は、今年5月にオープンしたばかりの「古民家カフェ&宿 むすび」。海沿いの道に佇み、立派な庭園を抜けると店の入り口にたどり着く。大阪と東京で暮らしていた夫婦が、この古民家に一目ぼれし、三原に移住して店を開いたという。

「古民家カフェ&宿 むすび」

料理は地元産の野菜をふだんに使い、旬な食材を使用した日替わりランチが人気。ランチだけではなく、1日1組限定で宿としても利用できる。

地元産の野菜をふだんに使ったランチ

瀬戸内海を楽しめる観光列車「瀬戸内マリンビュー」を利用して、その沿線の瀬戸内の旬な食材を満喫する旅は、おすすめです。

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

情報ワイド番組「みみよりライブ5up!(ごーあっぷ)」

月曜~金曜 夕方4時45分

今、知りたい旬な情報やおトク情報、ニュース、スポーツなどに“本音”で向き合い、楽しく広島を盛り上げる番組です!

この記事を書いたライター情報

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

テレビ朝日系列 広島ホームテレビ です。広島周辺の情報を中心にお伝えいたします。

HOME広島ホームテレビ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ