古民家でまったり!宮崎の隠れ家ランチスポットvol.2

2019/09/17

古民家でまったり!宮崎の隠れ家ランチスポットvol.2

ときを重ねた古民家には、懐かしい風情とぬくもりがあります。心和ませる空間でランチが楽しめるお店をご紹介します。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

古民家でまったり!宮崎の隠れ家ランチスポットvol.2

KITCHEN 104

おすすめメニュー/・骨付きチキン南蛮 1300円・レモンガーリックソテー 1300円・ウニクリームパスタ(10食限定) 1400円

宮崎市街から車で10分ほどの住宅地に、蔵を構えた平屋の古民家があります。「この辺りは昔から“池内米”として知られる米どころだったので、ここは大きな農家の母屋だったのかもしれません」とオーナーシェフの長田敏典さん。おばあちゃんの家のような懐かしい雰囲気で、実際に子どもの頃よく遊びに来ていたというお客様もいるそうです。床の間のある12帖ほどの部屋にはテーブル席が並び、座敷の苦手な年配の方にも来てほしいと心を配ります。料理は、朝どれの旬魚を使った白身魚の衣揚げや骨付きチキン南蛮、限定のウニクリームパスタなど、おいしく見た目にも楽しい洋食メニューが中心です。

隠れ家茶房 あらしだ

おすすめメニュー/・おまかせ膳 1620円・季節の会席膳 2160円
のどかな隠れ里で地野菜を使った創作和食を味わえる古民家レストラン

移築したという築110年の古民家が佇むのは、大通りから入った静かな隠れ里。店の前には青々とした竹林が広がります。趣ある店内の1階は広い座敷、2階にはイス・テーブル席と畳の個室があり、畳の間は子ども連れにも喜ばれています。家族や友人同士など少人数の食事会から、結納や法事、記念日など大切な日の会食にも重宝します。料理は、国富・綾町産の地野菜を中心に肉・魚をバランスよく配した季節を楽しめるメニューです。「喜ばれる料理を提供しますよ!」とオーナーの神﨑大輔さん。この日は、ハマチと地野菜の春巻きと天ぷら、完熟豚の田楽、豆乳の茶碗蒸しなど、目で、舌で楽しめるメニューが並びました。

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES