名古屋初上陸 本格フレンチが楽しめる〈ドミニク・ブシェ〉

2019/09/17

名古屋初上陸 本格フレンチが楽しめる〈ドミニク・ブシェ〉

東京・銀座にフランス人シェフ、ドミニク・ブシェ氏が手掛けるビストロ店が名古屋に初上陸。『JRセントラルタワーズ』のタワーズプラザ レストラン街12Fにオープンしました。

NAGOYA.(ナゴヤドット)

NAGOYA.(ナゴヤドット)

本格フレンチを気軽に楽しめるビストロが名駅に登場!

 

店名『レ・トレフル』は四つ葉のクローバーを意味し、「テーブルを囲む大切なひとときにホッとできる幸福を届けたい」というシェフの想いが込められているそう。

 

フレンチというと、堅苦しいイメージ…?と思うかもしれませんが、足を踏み入れてみると、何ともナチュラルな雰囲気。ミントグリーンのテーマカラーや“自然”を感じさせる木のインテリアが、誰もが心地よく過ごせる空間を演出してくれます。

窓際には6名~最大20名用の個室を完備。会食やちょっとしたパーティーにぴったり

“サンルーム”に着想を得た、明るく開放感のある店内。窓際の席は、『JRセントラルタワーズ』12Fから名古屋の街を見下ろすような絶好のロケーションです。

東海エリアの食材も使用!自然の味を活かした本格フレンチ

ズワイガニのシャルロットマンゴー 青りんご

ディナーコースは4,000円/5,500円/7,800円、ランチコースは2,700円(平日限定)/3,500円/4,500円の各3コース。(ともに税込み、サービス料10%別) 気軽に楽しめる価格設定が嬉しいポイントです。

大自然の豊かな恵みに囲まれて育ったというドミニク・シェフ氏。地産地消にこだわり、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県と東海エリアの食材もふんだんに使用しています。

鶏肉のきのこファルシ 季節野菜 エストラゴン風味のソース

こちらは、名古屋コーチンなどの「地鶏」の美味しさに感激したシェフが考案した、フランスの家庭料理「鶏のファルシ」のアレンジメニュー。低温で優しく火入れすることで、食材へのストレスを最小限にとどめ、地鶏本来の風味と力強い味わいを引き出します。フランスの家庭料理を現代風にアレンジした、ここならではの味を堪能してみて。

グリーンアスパラガス 温泉卵 オランデーズ・ソース パルメザン ミモザ

料理とのマリアージュを楽しむ シャンパン・ワイン・モクテルも

 
 

料理だけでなく、料理とのマリアージュを楽しめるシャンパンやワインにも重きを置いているのだとか。店内には大きなワインセラーがあり、豊富な銘柄を取り揃えています。

 

そして今回、編集部が気になったのは「ノンアルコールモクテル」メニュー!

“モクテル”とは、お酒を使用していない、まるでカクテルのように見えるノンアルコールドリンク。こちらでは、パイナップル・ココナッツ・ライム・卵白を組み合わせた「ヴァージン ピニャ コラータ」や、ラズベリージュース・バラ・レモンを組み合わせた「ロマンス」などがスタンバイ。カットフルーツを盛り付けたりと華やかな見た目も楽しめるそうですよ。

カウンター席もあるので、ふらりと立ち寄るのも◎

名駅直結、寛ぎの空間でフレンチを楽しめる注目店をぜひ訪れて。

 
NAGOYA.(ナゴヤドット)

NAGOYA.(ナゴヤドット)

名古屋の最新情報を“どっと”発信

“食べる、買う、観る”などをテーマに、ナゴヤの今をどっと詰め込んだウェブメディアです。街の変化をどこよりも早くキャッチし、ナゴヤ女子(もちろん男子も)の毎日が楽しくなる情報を発信しています。

この記事を書いたライター情報

NAGOYA.(ナゴヤドット)

NAGOYA.(ナゴヤドット)

『NAGOYA.(ナゴヤドット)』は、“食べる、買う、観る、イベント”などをテーマに、ナゴヤの今をどっと詰め込んだwebメディアです。街の変化をどこよりも早くキャッチし、ナゴヤ女子(もちろん男子も)の毎日がもっと楽しくなる情報を発信しています。

NAGOYA.(ナゴヤドット) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

SERIES