絶品餃子フルコースに鈴木砂羽も感服! 馬喰町「中華料理 帆」

連載

鈴木砂羽の餃子道【vol.41〜】

2019/09/19

絶品餃子フルコースに鈴木砂羽も感服! 馬喰町「中華料理 帆」

役者仲間や友人たちと「餃子部」を結成するほどの餃子フリークな、女優・鈴木砂羽。美味しい餃子を求めてさまざまな街を食べ歩く連載「鈴木砂羽の餃子道」第42回!

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

センスあふれる創作餃子がズラリ! 驚愕の餃子フルコース

こんにちは、鈴木砂羽です。今日は馬喰町にやってきました。

東京で長く暮らしてるけど、馬喰町に訪れるのはたぶん初めてかも。このあたりは衣類やアクセサリーの問屋街なんですね! ぶらぶら歩いてみても楽しいなぁ。

江戸通りに沿う日本橋馬喰町と日本橋横山町には、衣類やアクセサリーを扱う現金問屋が林立
味のある品揃えの問屋が軒を連ねるが、原則的に素人お断りの店が多い

今回、伺ったのは「中華料理 帆」。浙江省湖州市出身の特級厨師の資格を持つオーナーシェフの許建明(キョケンミン)さんが営むこの店は、近隣で働く人たちが気軽に訪れる町中華でありながら、正統派の胡州料理のコースも提供しているんですって。

一見すると、どこにでもありそうな中華料理店。だけど……

驚くのはそれだけじゃない。なんと、餃子のフルコースが食べられるっていう! 餃子好きとしては、まるで天国のような……こりゃ、食べないわけにはいかないでしょう!

ということで、いよいよ「手作り餃子づくしコース」の開幕です! まずは前菜から。

蒸し鶏や干し豆腐など数種の料理がのった、冷菜の盛り合わせ
「蟹肉とそら豆の卵白煮」も美味しい! 前菜もその日によって内容が変わる。ちなみに「手作り餃子づくしコース」は1人前4000円(4名様以上、前日までに要予約)

前菜盛り合わせ(どれも美味しくて、ボリューム満点!)をつまみながら待っていると、いよいよ餃子がやってきましたよ!

待ちに待った餃子を前に、にこやかな笑顔の砂羽さん
1品目「帆立餃子」。コースに出てくる餃子は、通常メニューには扱っていないものばかり

1品目は「帆立餃子」。コロンとした形の包み方も可愛らしいですね。早速いただきましょう。

……うわ、何これ! こんな帆立の餡は初めてだなぁ。めちゃくちゃ美味しい! 

2品目「パクチー餃子」

2品目の「パクチー餃子」は、パクチーがハリハリしてて、干し海老の旨味が効いてます。

3品目「黄ニラと海老の餃子」。この美しい包み具合をご覧あれ!

3品目は「黄ニラと海老の餃子」。こっちはプリプリの海老が入ってる。ニラの香りもガツンと最高です! ていうか、全部包み方も変えてるんですよね。それもすごい! 

手前右から反時計回りに4品目「くるみ餃子」、5品目「ナズナ餃子」、6品目「キムチ餃子」

ナッツの食感と濃厚な風味が独特な「くるみ餃子」。日本だと春の七草のひとつってイメージだけど、上海のほうでは食材としてもポピュラーだという「ナズナ餃子」。酸味と辛味がいい感じの「キムチ餃子」……と、一品ごとにまったく異なるアプローチで仕上げていて、餃子ばかりでもまったく飽きがこないんです。

餃子がずらっと並んで驚きの砂羽さん。これでもまだ六合目。頂上はまだまだ先!

そうそう、具材の珍しさに気を取られがちだけど、手作りの皮もとっても美味しくて。茹で立ての熱々は、お皿が運ばれてきた時から小麦の香りがふわっと立って、口に運べば、ツルツルの喉越しモチモチの歯ごたえが素晴らしいんです。

「素材を活かして具を食べさせたいときは、薄めの皮とか、具材によって皮の種類も使い分けてます」(店主の息子さん、許暁帆さん)

ちなみに通常メニューにはスタンダードな焼き餃子と水餃子もあるそうで。うーん、そっちも気になるなぁ(笑)。

まだまだ続く、個性あふれる創作餃子ワールド!

7品目「白身魚餃子」
8品目「松の実餃子」

魚の形に似せたフォルムが可愛い「白身魚餃子」と、ごま団子の餃子版みたいなスイーツ餃子「松の実餃子」を挟んで、テーブルに運ばれてきたのは……えっ、コレって一体なんなんですか? 

9品目はなんと驚きの「豆腐餃子」!

豆腐餃子です。これは熱々で食べたほうがいいですよ」とママの韓紅ピン(カンコウピン)さん。

豆腐餃子! ピカピカに光って、なんと美しい餃子なのかしら! ママさんにやり方を教わって、取り皿にシュッと移動させて、いよいよいただきます。

断面を見たらわかるかな? 豆腐で包んであるんです!

わっ、皮はまんま豆腐だわ。餡には蟹が入ってるけど、これどうやって包むんだろう? 不思議! 感動的に美味しくて、一瞬で消え去りましたよ(笑)。

いよいよオーラス、10品目「塩漬け卵の揚げ餃子」

そして、最後にやってきたのは「塩漬け卵の揚げ餃子」。魚のすり身の中に、うずら卵の塩漬けがまるっと入ってて、どこかポーチドエッグにも通じる感じ。黄身の味わいが上品で、これは美味しい! 揚げ餃子好きのワタクシとしてはもうたまらん一品デス。

いやー、全部が全部本当に美味しかった! 一通り食べ終わったところで、店を代表して息子さんに話を聞いてみましょう。

店主夫妻の息子、許暁帆(キョシャオファン)さんに話を伺います

中国ではお祝いの席にいろんな餃子を作って食べるっていうのは聞いたことがあるんですけど、ここの餃子は、それからさらに一歩二歩進んでいて。フレンチのコース料理に引けを取らないぐらいに、一皿ごとの完成度が高いですよね!

「ありがとうございます。私も父から聞いたことですが、浙江省というところは中華料理の中でもあっさりした料理なんですね。味付けも基本は、塩ベースで。日本の餃子はこってりしてるけど、それを独自に融合させた料理になります」(許暁帆さん)

シェフの料理への探究心が凄まじさは、餃子を食べればわかります! 

右から店主の許建明さん、奥様の韓紅ピンさん、砂羽さんを挟んで息子の許暁帆さん。みんなでギョーポー(餃子ポーズ)でパチリ!

「うちの父は、365日無休で働いてるんです。どれだけ料理好きなんだって、私が止めるぐらいで(笑)。私は以前は薬剤師やってたんですが、ある日両親の健康診断の結果を見たら数値が悪くて。なので、私がいっそのこと手伝おうと。1年前に家に戻ってきたんですが、今はやっと餃子を包めるようになったぐらいで、まだまだこれからです(笑)」(許暁帆さん)

素晴らしい! 作り手の魂が餃子の一つ一つに詰まっていて、そのソウルや生き様に触れると、食べてる側の舌がワンランク上がるような。そんな感動を味わいました。しかも、息子さんがお父様の志もしっかり受け継ごうと努力されていてね。

一つ一つの仕事がとにかく丁寧で、サプライズがこれだけある餃子は初めて。こんな餃子はこの「中華料理 帆」でしか食べられない! だからお父さん、くれぐれも働きすぎに注意してくださいね!

構成=宮内健 撮影=熊谷直子 ヘアメイク=MINEKO

この記事を書いたライター情報

鈴木砂羽

鈴木砂羽

女優

1994年に主演映画「愛の新世界」で注目を集め、同年ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞など多数の映画賞を受賞。以降、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍。日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」出演中。「YOU」 (集英社)にてエッセイ漫画「いよぉ!ボンちゃんZ」連載中。

鈴木砂羽 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ