新店:夢は世界進出!? 銀座で高級ブランド干物を食べてみた

2016/09/28

新店:夢は世界進出!? 銀座で高級ブランド干物を食べてみた

ブランド牛ならぬ、ブランド干物!? 福島の老舗「伴助」が「高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店」を8月25日にオープンしたという。果たしてブランド干物のお味とは!? ライフマガジンレポーターmomoが食べに行ってみた!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

【ココがスゴイ!】

1.これが干物? 度肝を抜かれるジューシー感!!
2.セレブすぎるお通し干物トリオ!
3.ついにHIMONOがメジャーデビュー!?

日本が誇る「干物」の魅力を味わえるブランド店が銀座に!

名だたる高級ブランド店がひしめく銀座の街に、8月25日、新しいブランド店がオープンした。

何やら売っているのは、“ブランド”という言葉とはちょっとかけ離れた“庶民的なある食べ物”とのこと。うーん、一体どんなブランド品? ライフマガジンレポーターmomoが調査に向かった!

やってきました本日の目的地! 老舗レストランがひしめく銀座3丁目、銀座駅から徒歩2分というロケーション!
どれどれ何が売っているのかな? あれ?

店内に足を踏み入れると、早速出迎えてくれたのは、ショーウィンドウに宝飾品のように並んだ“干物”! そう、ここは老舗干物専門店「伴助」が満を持してオープンさせた「高級ブランド干物『銀座伴助』銀座本店」なのだ。

1階フロアは「伴助」のブランド干物が買える物販スペース

ブランド牛なら知っているが、ブランド干物って? 干物といえば、“古き良き日本の定番朝ごはん”しか思い浮かばない庶民代表レポーターmomoは、自分の舌で味わってみることに。

2Fは干物を中心にさまざまな料理とお酒を味わうことができる飲食フロア

1.これが干物? 度肝を抜かれるジューシー感!!

2〜3人前の大きさがある「特大とろきんき開き」(3800円・税別)。マグロの“トロ”にも匹敵するほど脂が乗っていることからその名が付けられた

干物といえばアジなどの小ぶりな魚が定番だが、「伴助」の高級ブランド干物の売りは、きんきやほっけといった大ぶりな魚の干物

「伴助」こだわりの魚醤(ぎょしょう)を使った秘伝のタレと、独自の“2段階高温熟成法”で干しこまれた「特大とろきんき開き」は、黄金色の焼き目が美しい。干物とは思えないほどしっとりあでやかなのは、脂がたっぷり乗っている証拠だ。

顔より大き特大とろきんきを、箸で持ってみるレポーターmomo。身がぎゅっと詰まっているので、おっ、重い……
ライフマガジンレポーターmomo(以下・momo)
ライフマガジンレポーターmomo(以下・momo)
弾力があってとっても肉厚! 魚醤やホタテエキスの香りが鼻に抜けた後、きんきの上質な脂が、口の中にじゅわっと広がっていきます!

干物にすることで、うま味が凝縮され、普通の焼き魚よりも数段深みのある味わいになる。
まさに肉汁ならぬ、魚のうま味エキスがしみ出るジューシーな干物、初めて体感するおいしさだ。

「特大とろ縞(しま)ほっけ開き」(3500円・税別)は、普段居酒屋で慣れ親しんだほっけと思って食べたらびっくり。ホクホクとした身は、脂がたっぷり乗っている
「特大穴子のまぶしめし(出汁付き)」(2人前2800円〜・税別)は、オーブンとスチーマーでふっくら焼き上げた特大穴子をひつまぶし風に仕上げた1品。特製の甘ダレがなんとも食欲をそそる

2.セレブすぎるお通し干物トリオ!

普段はなかなかお目にかかれない貴重な干物もあると聞き、それらを1度に楽しめる“お通し”を注文。

水蛸(たこ)、帆立貝柱、鮑(あわび)の干物がセットになった「伴助オリジナル希少干物盛り合わせ」(888円・税別)
これがあの高級食材“鮑(あわび)”! 普段めったにお目にかかることができない高級品に、緊張のあまり震える箸でパクリ
momo
momo
磯の香りと凝縮されたうまみがすごい!*

うまみをぎゅっと閉じ込めた鮑(あわび)は、かめばかむほど、魚介のいいダシが出てくる。思わず日本酒が欲しくなる、酒の肴(さかな)にぴったりな1品なのだ。

言わずと知れた有名日本酒「八海山」も吟醸(1000円・税別)・純米吟醸(1200円・税別)・大吟醸(2300円・税別)と充実のラインアップ。干物と八海山のマリアージュもすてき
デザートには、その八海山を使った「銀座伴助」オリジナルの「八海山酒粕(さけかす)ジェラートアイス」(680円・税別)をいただくことに……
momo
momo
口に入れた瞬間、ふわ〜っと鼻に抜ける広がる濃厚な酒粕(さけかす)の香りと、甘酒のようなコクのある味わいが楽しめます。

ぜいたくにも、八海山の純米吟醸の酒粕(さけかす)を使用したジェラートは、大人のためのラグジュアリースイーツである。

3.ついにHIMONOがメジャーデビュー!?

デザートまで堪能し食後の一休み、と何気なく店内のメニューを眺めていると“HIMONO”の横文字が。なぜ英語?

3枚におろし、骨取りをした縞ほっけ、鯖(さば)、赤魚の干物がセットになった「GINZA HIMONO SET」(2980円・税別)は、訪日外国人向けのインバウンド商品

「伴助」は、訪日外国人の集まる街・銀座の店舗オープンにあたり、干物の魅力を世界に発信しようと、骨を取り除いた海外の人でも食べやすい“HIMONO”を開発したのだという。干物の世界進出とは、アンビリーバボー!

momo
momo
スシやテンプラのように海外で人気の日本食として、“HIMONO”がメジャーデビューする日もそう遠くないかもしれません! 私も干物を見習って、ワールドワイドなライターになれるよう広ーい視野を持とう!!

これまで干物に抱いていた庶民的なイメージを一新させてくれるジューシーな高級ブランド干物。そんな「伴助」の干物の中には、うまみとともに「HIMONOをブランドとして世界に広めていきたい」という大きな夢も詰まっていた。

Yahoo!ロコ高級ブランド干物『銀座伴助』 銀座本店
住所
東京都中央区銀座3-5-17

地図を見る

アクセス
銀座駅[A13]から徒歩約2分
銀座一丁目駅[8]から徒歩約2分
東銀座駅[A8]から徒歩約4分
電話
03-6264-4746
営業時間
月~金ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)土日祝ランチ 11:00~17:00ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)【1階物販の営業時間のお知らせ】月曜日~日曜日まで、10:00~23:00まで営業しております。
定休日
年中無休
口コミ・写真など

※この施設の情報はYahoo!ロコから提供されています。

取材メモ/ランチには、干物と白いご飯が一緒に楽しめる定食メニューもあります。「伴助」の高級ブランド干物の味、ぜひ一度確かめに出かけてみては?

取材・文=秋山ももこ(mogShore) 撮影=奥西淳二

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

RECOMMEND

SPECIAL

SERIES