お土産かわいい!うんこミュージアムは開運スポットなのか大調査

お土産かわいい!うんこミュージアムは開運スポットなのか大調査

2019/09/27

どうも小宮山雄飛です。毎度おなじみ「雄飛・なめ子の噂の開運ツアー」、今回はいつにも増して、すごい角度からのなめ子さんの提案が…。

小宮山 雄飛

小宮山 雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー

確かに「開『うん』ツアー」ですけどね

辛酸なめ子(以下:なめ子)
辛酸なめ子(以下:なめ子)
次回の開運ツアー、『うんこミュージアム』はどうでしょう?
小宮山雄飛(以下:雄飛)
小宮山雄飛(以下:雄飛)
えっと、開運となんか関係ありますっけ?
なめ子
なめ子
うん>つながりということで……
雄飛
雄飛
うん>つながりということで、ですか…

ということで、めちゃめちゃ細い一本の糸のつながりだけで、「うんこミュージアム」に伺うことに。はたして二人はうんこで開運できるのか!?

今回の「やってきました」のポーズ、こちらがお台場 ダイバーシティ東京 プラザにある「うんこミュージアム TOKYO」

「うんこの固定概念を水に流す」→「???」

案内してくれるのは「うんこミュージアム」総合プロデューサーの小林 将さん。

「うんこミュージアム」総合プロデューサーの小林さん(中)
雄飛
雄飛
うんこミュージアム」はどういった目的で作られたのですか?
小林さん
小林さん
端的に言うと「MAXうんこカワイイ」というのがテーマです!
雄飛・なめ子
雄飛・なめ子
MAXうんこカワイイ!(笑)
小林さん
小林さん
第一弾「うんこミュージアム YOKOHAMA」のコンセプト「うんこの固定観念を水に流す」が広まったと判断したので、第二弾「うんこミュージアム TOKYO」ではさらにパワーアップした「MAXうんこかわいい」という価値観を広めていきたいです。うんこは世界のあらゆる人が体験したことのあるコンテンツですし。
なめ子
なめ子
たしかに
小林さん
小林さん
でもイメージは「汚い・臭い」ですよね…。その固定概念を覆して「うんこはかわいいんだ!」という新たな体験をしてもらいたい。体験後に自分の価値観が変わってる、って衝撃的なことだと思います。

うんこはかわいい。
これはもう入って実際に体験してみないことには分かりません。

つかみはOK!?

では、いざ入館! と思ったら……

会場スタッフ:
「これから先はトイレはありませんので、お手洗いは先に済ませてからご入場ください。」

「うんこミュージアム」だけどトイレはない。

これまたシュールなおもしろさを感じながら、改めて入館!

最初の部屋で、まずは映像を見るようです

会場スタッフ:
「では中に入る前に、まずは今までのうんこの概念を水で流してもらうよう、おしゃれなうんこのオープニングムービーをご覧いただきます。」

おしゃれなうんこを鑑賞中
小林さん
小林さん
「うんこミュージアム TOKYO」の公式テーマソングを作ったのは、なんとあのtofubeatsさんなんです。

僕と同じくメガネキャラで、以前間違えられたこともあるtofubeats君。うんこに一気に親近感が湧きました。

tofubeats君(Yahoo!画像検索より)

1・2・3・うんこー!

会場スタッフ:
「それではみなさん、僕が『1・2・3』と言ったら、ご一緒に大きな声で『うんこー!』とお願いします。」

って、いきなりですか(笑)

tofubeatsを1曲聴かせただけで「うんこー!」と叫ばせる「うんこミュージアム」、かなりBPM早めで進んで行きます。

会場スタッフ:
「ではご一緒に『1・2・3』」

雄飛・なめ子
雄飛・なめ子
うんこー!
「うんこー!」早くも本日の初うんこ出ました

なめ子、金運を使い果たす!?

お次の部屋には、なにやらたくさんのカラフルな便器が並んでます。

カラフル便器の数々

会場スタッフ:
「こちらは『マイうんこメーカー』といいます。お好きな便器に座っていただき、『ウ〜ン!』とふんばっていただくと、中から皆さまの本日の色のうんこが出てきます!」

これぞ文字通り「うん試し」!

好きな便器に座ります。

会場スタッフ:
「それではみなさんせーの、『う〜〜ん!』」

う〜〜〜ん!
お、中からうんこが出てきた!(便器の中からうんこというのが、そもそもシュールですが)
なめ子
なめ子
わ、わたし金色です!
雄飛
雄飛
金運!
なめ子
なめ子
実は今日で3度目の「うんこミュージアム」なんですけど、3回連続で金のうんこってすごくないですか?

金運を得たと取るか、ここで金運を使ってしまったと取るか…。

なめ子さん、金運ゲット! 出てきたうんこは箸にさして、テイクアウトします
小林さん
小林さん
続いては「ウンスタジェニック」のエリアへ行きましょう。

映える!「ウンスタジェニック」の世界へGO!

雄飛
雄飛
ウンスタジェニック」?
小林さん
小林さん
はい、とにかくポップなうんこの世界です。皆さん、自由にSNS用の写真を撮られてます。

ということで、まだ見ぬ「ウンスタジェニック」の世界へと。

うんこ型のアーチをくぐった先には…
超ポップなうんこワールドが! 世界の言語で書かれた「うんこ」のネオンライトがまぶしい
雄飛
雄飛
これはめちゃカラフル、アガりますね!
なめ子
なめ子
これだけで運気があがりそうですね。
小林さん
小林さん
お子様連れももちろん多いですが、SNS映えするので、女性2人とか、大人も多いんですよ。

分かります、これは男の僕でもウキウキしてしまいます。
ということで、ここからは「ウンスタジェニック」エリアで撮った、雄飛・なめ子の「開うん」写真集をどうぞ!

雄飛・なめ子の開うん写真集

「愛のうんこルーム」の2人(なぜか辛そうななめ子さんは便秘をイメージしているのか?)
「フライングうんこ」では、90年代のオシャレジャケ風に
「プリっとプリンセス」では王室風に
あちこちのディテールがうんこ(笑)
瞳にうんこが映るという「うんこミラー」
黒目にうっすら、うんこが!
きみの瞳にうんこ
うんこと3ショット

そうこうしているうちに

会場スタッフ:
「みなさん、そろそろ『うんこボルケーノ』が噴火しますよー!」

なに、うんこ噴火するの!?

中央にそびえる「ウンコ・ボルケーノ」、3・2・1のカウントとともに
うんこが噴火—!!

すると、会場スタッフの女性が手を広げて踊りながら

会場スタッフ:
「やった〜! はい、うんこ〜! うんこ〜! うんこ〜! うんこ〜!」

なんだか、すごい光景です。

雄飛
雄飛
いやー、なんかもう純粋に楽しいですね!
小林さん
小林さん
では、続いて体じゅうで楽しんでいただきましょう。

参加型うんこ!?「ウンタラクティブ」エリア

小林さん
小林さん
こちらの「ウンタラクティブ」エリアでは、インタラクティブなうんこアトラクションを楽しんでいただけます。
「Hop! Step! Jumpoo!」は地面に映るうんこを踏むゲーム
どんどんうんこを踏め!(僕ら以外は全員こども…)
「うんこシャウト」は、とにかく大声で「うんこ〜!」と叫ぶゲーム
「うんこ〜〜!!」
すると声の大きさに見合ったうんこがドスン! 僕は「東京スカイツリー級」、なめ子さんは「ネコ級」という判定
なめ子
なめ子
小宮山さん、うんこの高さスカイツリー級ってすごいですね!
雄飛
雄飛
いや、うんこの高さって言われても、なんか複雑ですね(笑)

ほかにも、反射神経や根性が試されるうんこなアトラクションだらけの「ウンタラクティブ」エリア。これほどまで体を張ってうんこと対峙する瞬間、もう二度とないかもしれません。

あの著名人のうんこも!?

小林さん
小林さん
最後はちょっとアカデミックな「ウンテリジェンス」エリアです。なかでも人気の「ぶりぶりギャラリー」には、さまざまな著名人に描いてもらった「うんこの絵」を展示しています。
「ぶりぶりギャラリー」
片岡鶴太郎画伯の描いたうんこを発見!
小林さん
小林さん
おふたりも、描いてみませんか?
雄飛・なめ子
雄飛・なめ子
ありがとうございます!!

ということで、僕と辛酸なめ子さんが描いた「うんこの絵」も飾られることが決定!!
(※さっそく描いた「うんこの絵」は、この記事の最後で初公開)

お楽しみに!!

(イラスト:辛酸なめ子)

ほかにもたくさんのおもしろいアトラクションや展示物がある「うんこミュージアム」、濃すぎてとてもすべては紹介しきれませんでした。
最後はお土産コーナーに寄って帰ることに。

出口の「ババ・ギャラクシー・NEO」を通ってお土産コーナーに

「うんこミュージアム」で買いたいおみやげ

最後はポップなおみやげコーナー(入園していない方でも、お買い物ができます)
人気の「キバってきましたクッキー(1200円)」
「UNKO PAPER(500円)」も人気(なめ子さん、絶妙な角度でうんこが乗ってます)

ほかにも、ポップで明るくポジティブなうんこみやげげやグッズが勢ぞろい。最後の最後まで楽しめました。

のっけから「うんこ〜!」と叫ばされたときはどうなることかと思いましたが、中はとにかく楽しい、アゲアゲのうんこワールド。

ん?

アゲアゲのうんこ

運気が上がる!


開運マニアの皆さん、これは行くしかありません。
子供も大人も、女子も男子も楽しめる「うんこミュージアムTOKYO」へぜひ!

最後はうんこミュージアムの守り神「ウンベルト」の顔ハメでパシャリ

速報! 雄飛&なめ子の「うんこの絵」が完成

取材の数日後、ライフマガジン編集部に雄飛さん、なめ子さん作の「うんこの絵」が届きましたので、読者の皆さまにチラッと先行公開。「うんこミュージアムTOKYO」にて近日公開開始です。行かれた方は、ぜひ会場でチェックしてみてくださいね。(編集 K)

作・小宮山雄飛
作・辛酸なめ子

(取材協力:株式会社サニーサイドアップ、株式会社アカツキライブエンターテインメント、株式会社カヤック 撮影:木村 雅章)

「うんこミュージアム」インフォメーション

■うんこミュージアムYOKOHAMA ありがとうんこキャンペーン開催
開催期間:2019年9月30日まで
賞品:金のうんこ 抽選で10名様
応募条件:マイうんこを使った写真を「#ありがとうんこ横浜」のタグをつけてtwitter, instagramに投稿。「うんこミュージアム」のアカウントをフォロー(当選連絡に必要)

■うんこミュージアムが中国・上海にも誕生!
 2019年10月19日オープン予定。
 詳しくは https://ale.tokyo/press/3126/ へ。

「雄飛・なめ子の噂の開運ツアー」バックナンバー

小宮山雄飛

小宮山雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー

辛酸なめ子

辛酸なめ子

漫画家・コラムニスト

この記事を書いたライター情報

小宮山 雄飛

小宮山 雄飛

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー

「ホフディラン」のボーカル&キーボード。 渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー。食通としても知られ“音楽界のグルメ番長”の異名を持つ。9月に念願の日本初のレモンライス専門店『Lemon Rice TOKYO』を渋谷にオープンさせた。

小宮山 雄飛 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ