クラフトビールで大人気、京都伏見の「家守堂」で絶品薬膳鍋を!

クラフトビールで大人気、京都伏見の「家守堂」で絶品薬膳鍋を!

2019/09/29

日本酒の街・京都伏見で人気のクラフトビールで知られる[家守堂]。築100年以上の元お茶屋を改装した店内奥には、醸造所が併設され、出来立てのクラフトビールを味わうことができるほか、朝・昼・夜とこだわりのフードメニューが揃うことでも注目されています。

WEB Leaf

WEB Leaf

クラフトビールで大人気[家守堂]で絶品「薬膳鍋プラン」がスタート

今夏から新メニュー「薬膳鍋」が加わった、ということでどんなお鍋なのか取材させていただきました!

「お鍋の前に、醸造所も案内しますよ」と、特別に醸造所を見学させていただくことに。大きなタンクがいくつも並ぶ醸造所に圧倒されながら、ビールが出来るまでの工程をわかりやすく教えていただきました。

竜馬通りからもちらりと中の様子が見えます

季節限定のビールも次々に登場するこちら。ちょうど、秋向けビールの試作をしている、ということで試作中の濃いブラウン系のビールを少し味見させていただきました。そこで感じた出来立てビールの魅力は、やはり、ぶわっと広がる香りとまろやかな口あたり。トクトクトク…と出来立てビールがタップから注がれる瞬間は、思わず唾を飲み込むほどです。

クラフトビールの種類は家守酒造のハウスビールを含む全10種

この香り豊かなクラフトビールと味わえる新メニューの薬膳鍋がこちら。

前菜盛り合わせ、おつまみ、締めのデザートまで付いて、一人4500円(税込※9月現在)※写真は4人前

前日までの要予約(2人以上)で楽しめる「薬膳鍋プラン」は、ほろほろになるまで煮込んだ軍鶏が入った鶏白湯スープと、ピリッと刺激的な野菜たっぷり麻婆風スープの2種の味わいが堪能できます。なんと、野菜や水餃子、ワンタン、餅などの副菜はおかわり自由です。さらに嬉しいのは、予約すると全員にハウスビール1杯が無料で飲めるということ!

前菜盛り合わせと、おつまみの牛みすじ蒸し(内容は日により異なる)

赤色の麻婆風スープは辛そうに見えますが、ヒーヒー言うほどの辛さではないので、辛いものが苦手という方でも大丈夫。じんわりポカポカと体が温まり、寒い冬にはぜひみんなで鍋を囲んで食べたいところです。ちょっぴり刺激的なこちらのスープに対し、鶏白湯スープは軍鶏と野菜から出る旨みがぎゅっと凝縮された、シンプルながらも深みのある味わいがしました。

薬膳鍋のさらなる魅力は、8種の薬味が揃い、自分好みの味で楽しめること。ミント、ネギのフライ、山椒、青唐辛子のだし醤油漬け、韓国の調味料・ヤンニンジャンなど、どれをつけても味に変化が出て、飽きの来ない美味しさが食べ終わるまで続きます。

また、アイスランドラム780円、豚バラ580円、〆の麺380円(すべて税別)は、追加でオーダー可能。オリジナル配合で作る中太ストレートの〆の麺は、瑞々しくつるんと喉を通ります。お腹いっぱいだ〜!と思っていても、2種類の味を交互に楽しんでいると何杯でもいけちゃうから不思議。

締めの頃には野菜やお肉の出汁がさらに凝縮!ますます味わい深い

醸造家さんのこだわりが詰まったクラフトビールを片手に、グループ、家族と一緒に体温まる薬膳鍋を堪能してみてはいかがでしょうか?今後も[家守堂]さんから目が離せません。

京都のクラフトビール特集

京都のクラフトビール特集

京都で醸造所併設のクラフトビール店を一挙紹介!

京都の鍋特集

京都の鍋特集

ジャンルは無限大!京都のあったか鍋食べに行こ!

WebLeaf

WebLeaf

京都・滋賀のニュースを日々配信中!

この記事を書いたライター情報

WEB Leaf

WEB Leaf

京都・滋賀のタウン情報誌『Leaf』の出版社、(株)リーフ・パブリケーションズが運営するWebマガジン。「観光地・京都」ではなく、ここで暮らす「私たちの街・京都」にスポットライトを当て、「京都を知る、京都で遊ぶ。」をテーマに、いつもの京都がもっと楽しくなる情報をお届けしています。

WEB Leaf が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載