まんまるたい焼きに癒やされる「あまいろ コーヒーとたい焼き」

まんまるたい焼きに癒やされる「あまいろ コーヒーとたい焼き」

2019/09/30

路地の奥、そのまた奥に進んでいくと見えてくるのが甘い香りとホロ苦コーヒー。熊本・天草への愛を形にしたまんまるの可愛いたい焼きをゲットする旅へいざ!

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

仏光寺通沿いにある路地の入口

赤く目立つ看板!目印はこちら

四条烏丸近く仏光寺近く、まず見つけないといけないのが、路地の入口。

「コーヒーとたいやき あまいろ」の文字が見えます

路地の入口には、小さいながら看板発見!

よしよし、ここで間違いなさそうです

少し路地を進むと、天草四郎をモチーフにした可愛いキャラクターがお出迎え。

路地を進んで少し広いスペースにでましたが、あれ、まだお店が見えない…?
不安になりながらも更に奥に
奥の奥にて、「あまいろ」ついに発見!
ここに間違いないですね。まんまるたい焼きのマークが軒先を飾っています
ここに来るまでですでに大冒険気分

たどり着いた先は町家の趣を残しながらも、オシャレな感じのお店です。

それではお店に入ってみましょう

落ち着いた雰囲気

こじんまりとした店内は、
立ち食いできるカウンターが2台、
椅子に座れるハイカウンターが2席、
ソファ席が2席用意されています。

すでにコーヒーとたいやきの良い香りがします

まずはカウンターで注文。

「あまいろ」は熊本の天草が好き過ぎて、
ついにお店までオープンしたオーナーの井上さんこだわりがつまった場所。
どこもかしこも「天草」仕様(使用)です。

メニューはこちら

まんまるたい焼き発祥の熊本・天草にあるまるきん製菓さんでは、
つぶあんとカスタードのミックス味しかないそう。
つぶあんだけ、カスタードだけを楽しめるのはここ「あまいろ」だけ。

ドリンクメニュー

ホットコーヒー以外のドリンクもありますよ~
暑い季節はソーダ類も飲んでみたいです

特注の型に生地のタネが流し込まれていきます

さっそくホットコーヒーセットを注文。

ちなみに1個ずつ焼くたい焼きを「天然」、
5個とか複数一気に焼くたい焼きを「養殖」って言うんだとか。
初めて知った…。ここは養殖ですね!

少し生地が焼けてきたら、あんこをイン!
5個くっついてる感じも可愛いですね笑

カスタードもinして、
ガシャンと合わせるとまんまるたいやきーの完成!

絶妙なバランスです

まんまるたい焼きとそれにあわせて深煎のホットコーヒー。
もちろんコーヒーも天草の「赤い月」というブランド。

あんことカスタードのミックス

欲張りなので、あんことカスタードのミックスを注文
ちなみにカスタードには緑茶が練り込まれていて、
これもまるきん製菓さんのレシピを再現したのだとか。
ちょっと和風な香りもして、うん、美味しい。

天草印のあれやこれや

天草の窯元さんや作家さんの陶磁器たち

店内では、天草ゆかりの商品を購入することもできます。
例えばこちらは、天草の窯元さんや作家さんの陶磁器たち。
天草って、清水焼とか有田焼に使われる陶石の原料産地なんですって。

他にも天草のお塩だったり
コーヒー豆の販売も
ちなみにたい焼きグッズも。カバンに付けてたら良いことありそうですね
頑張って見つけてくださいね~

美味しいたい焼きとコーヒー、そして天草のゆったりした空気を楽しんでほしい。
そんなオーナーの思いから路地奥のお店を選んだそう。
ただ、人気があり過ぎてありがたいけど全然ゆったりできない…と笑。

狙い目はオープン時間か、平日の夕方。
時間に余裕を持って、ゆったりした路地奥の空気を楽しんでください。
もちろん食べ歩きもオススメです!

この記事を書いたライター情報

Kyotopi(キョウトピ)

Kyotopi(キョウトピ)

京都の観光・グルメ情報を網羅したローカルサイト「Kyotopi(キョウトピ)」 です。京都を愛するライターが実際に足を運び取材をしています。京都をもっと好きになってもらえるような観光、グルメ、イベント情報を厳選してお届けします。

Kyotopi(キョウトピ) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載