徳島の自然が育んだ、こだわりのブランド豚を食べに行こう!

徳島の自然が育んだ、こだわりのブランド豚を食べに行こう!

2019/10/15

「安全でおいしい豚肉を食べてもらいたい!」という思いで生み出されたブランド[阿波美豚(あわびとん)]。“鳴門金時”を食べて育った[阿波の金時豚]。どちらも豊かな自然が育んだ、自慢の逸品。そんな徳島を代表するブランド豚を味わえるお店を紹介!

あわわ

あわわ

甘みと柔らかさが逸品[阿波美豚]を心ゆくまで堪能しよう

『石井養豚センター市場農場』で生み出されたブランド[阿波美豚(あわびとん)]。

ブランドが誕生して5年ほど経ちますが、実は30年以上も前から生産され、消費者の意見を取り入れながら今もなお進化しています。

徳島県阿波市の標高400mの山中にある、清らかな大気と緑豊かな農場で豚にストレスを与えない飼育を徹底。
エサは飼料米を中心に配合し、獣医師資格を持つ農場長が日々豚の状態を見ながらおいしい肉質になるようにエサの配合を調整しています。
また遺伝子操作作物の使用も可能な限り避けるなど工夫を凝らしながら育てられています。

農場、品種、飼料、衛生管理と、そのこだわりから数々のコンテストに入賞。地元をはじめ多くの人に愛されています。

『石井養豚センター市場農場』の直営店『Liebe Frau(リーベフラウ)』は、[阿波美豚]が楽しめる人気店。

『Liebe Frau(リーベフラウ)』

自社農場で大切に育てた阿波美豚を精肉、加工、販売と消費者の口に入るまでの全工程を精魂込めて手がけています。

リーベフラウ工場

お店のすぐ近くには工場があり、健康に育った豚の肉を新鮮なうちに加工できるから常にできたての商品がお店に並びます。

無添加ソーセージ。手作業で丁寧に作られています

時間と手間をたっぷりとかけてできあがるのは、食品添加物を一切使わず、ドイツ仕込みの製法にこだわったとびきりおいしいハム、ソーセージ、ウィンナー。

徹底した衛生管理のもと、真空パックされたあらびきソーセージ

シュウマイやミートローフなどの惣菜も作られていますよ。

肉の販売所の隣にはバーベキューサイトがあり、阿波美豚の食べ放題も楽しめます。
ロース、肩ロース、もも、バラ肉などオール阿波美豚!

阿波美豚バーベキュー食べ放題(120分/4名~)3,000円※要予約 

通常は35度くらいのところおよそ29度で脂が溶け出すので、舌の上でとろけるような食感&ジューシーさ!
爽やかな香りがほんのり鼻を抜け、後味はあっさりしています。

阿波美豚を心ゆくまで楽しもう!

飲み放題メニューもありますが、持ち込みもOK!
野菜、ドイツパン、種類豊富な特製ジェラートなども味わえますよ。

フレーバーが種類豊富な特製ジェラート

育成方針、精肉過程、食べた時の笑顔、すべてが美しいという意味を込めた“阿波美豚”をご賞味ください。

阿波美豚を食べるならコチラで!

味わい深い肉質! 鳴門金時を食べて育った[阿波の金時豚]

全国的にも知名度が高いブランド芋“鳴門金時”を食べて育った[阿波の金時豚]。
徳島だけでなく、東京のレストランでも金時豚を食べられるお店が続々と増えています。
とにかく脂が甘く、調理の際にアクが出にくいところもポイント。
鳴門金時と米などを飼料に約200日かけてゆっくりじっくり、ストレスをかけずに飼育しており、味わい深い脂のしまった肉質です。

『ナルトベース』

そんな[阿波の金時豚]はこちらでいただけます。
四国・瀬戸内の食材を使った多彩なメニューが楽しめる『ナルトベース』。
金時豚との出会いがオープンのきっかけの一つというほど店主の思い入れが強い食材なんだそう。

肉を塊のまま100度以下の低温で3時間以上加熱したあと、表面に焼き色をつけて完成するポークソテーは、断面は淡いピンク色で中まで火は通っているのに驚くほどやわらかい!

金時豚のポークソテー・ガーリックバターソース1,500円(税抜)※オーダーは17:30~22:00

ゆっくり火を通すので豚肉が本来持っている豊富なビタミンが壊れにくく、栄養たっぷりな一品です。 ガーリックバターに『福寿醤油』のしょう油を合わせたソースが味のインパクトをさらに引き出します。

イーストとくしまDMO

イーストとくしまDMO

そのほか徳島県・東部地域の宿泊、遊び体験に関する詳しい情報はイーストとくしまDMOのサイトまで。

この記事を書いたライター情報

あわわ

あわわ

徳島県内、所狭しと編集者が走り回って、お役立ち徳島ディープネタを毎日配信中のブログメディア『アワログ』を運営する地域密着ローカルメディア集団「あわわ」。 月刊フリーマガジン『あわわfree』、月刊タウンマガジン『Geen』、徳島ママの子育て情報誌『ワイヤーママ』も発行しています。

あわわ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載