【札幌】絵本の世界のお菓子屋さん「くまのしっぽ」がオープン!

【札幌】絵本の世界のお菓子屋さん「くまのしっぽ」がオープン!

2019/10/12

札幌にとびきりキュートなスイーツショップがオープンしました。森の中のお菓子屋さんをイメージした可愛らしい店内に並ぶのは、お土産や贈り物にも喜ばれそうな焼き菓子。パティシエのご主人と絵本作家の奥様が手がける優しい思いが詰まったお菓子をぜひ。

さっぽろコミュニケーションマガジン「poroco」

さっぽろコミュニケーションマガジン「poroco」

「森の中のお菓子屋さん」をイメージしたキュートなベイクショップ

まるで森の中にいるような空間も可愛い!

'19年7月に、札幌・発寒にオープンした「くまのしっぽ」
ご主人がパティシエ、奥様が絵本作家という馬渕さんご夫妻が手がける小さなお菓子屋さんです。
「ちょっぴりドジなクマのパティシエ・ベイクと、森の仲間たちが作る焼き菓子」をコンセプトにした焼きたてのお菓子が店内に並んでいます。

見習いパティシエ・ベイクが作ったキュートなスイーツを

店内には愛らしい「ベイク」がいて、思わず写真を撮りたくなります
イラストは奥様が、物語は旦那様が考えているそう

店内はどこをとっても「カワイイ」が詰まっていて、思わず写真を撮りたくなります。
見習いパティシエのくまのベイクとその仲間たちの、ほっこり優しい世界観も魅力の一つ。
入り口から入って左側の棚にはギフトボックス、真ん中は焼き菓子、右側のカウンターにはフルーツなどをたっぷり使ったリッチなマフィンやシフォンケーキ、手みやげにぴったりなチーズケーキなどが並び、目移りしてしまいそう。

大切な人に贈るギフトにもぴったり!

「くまマドレーヌ」など見た目にも可愛らしい焼き菓子が

素材にもこだわったやさしい味わいのスイーツは、見た目にも可愛らしいものばかり。
お子さんがいる方への贈り物や手土産にするのもよさそうです。
種類豊富な焼き菓子が揃っているので、シーンに合わせて商品を選べます。

絵本の形をしたギフトボックスにも注目

こちらのお店の特長の一つでもあるのが、絵本の形をしたギフトボックス
「ありがとうございます」「お疲れ様です」「赤ちゃんが生まれました」など、贈りたいシチュエーションに合わせて選べるようになっています。
また、蓋をめくるとそこにはそのシチュエーションにまつわる、ベイクたちの物語とイラストが書かれていて、まさに絵本を開いたようなデザインになっています。
箱のサイズはS・M・Lとあり、好きな焼き菓子を詰めてくれるのでぜひ利用してみてください。

poroco web版

poroco web版

札幌がもっと好きになる。おいしく、楽しく、札幌女子のためのWEBサイト

この記事を書いたライター情報

さっぽろコミュニケーションマガジン「poroco」

さっぽろコミュニケーションマガジン「poroco」

札幌の街をアクティブに楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」。グルメ、ファッション、エンタテインメントなど、多彩な情報を詳しい記事と美しいビジュアルで毎月紹介。旬で魅力的なテーマを編集部が徹底取材。毎号を保存版にしたくなるようなクオリティの高さで、札幌女子に支持されている。

さっぽろコミュニケーションマガジン「poroco」 が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載