インスタ映えを超えた?!韓国発・濃厚レインボーチーズトースト

インスタ映えを超えた?!韓国発・濃厚レインボーチーズトースト

2019/10/18

原宿駅からおよそ10分。竹下通りを少し脇に入り、小さなお店が立ち並ぶ通りを進むと、虹色の鮮やかな建物が見えてきます。フォトジェニックなレインボーフードで有名なお店「レ・シャイナー」。ここで、「インスタ映え抜群なムービーが撮れる!」というメニューがあると聞き、早速伺ってきました!

るるぶ&more.

るるぶ&more.

ピンク尽くしの外観にときめき!キュートすぎるスタンドに注目

 

こちらがウワサのお店「レ・シャイナー」。どこを写しても写真映えすること間違いなしの外観にワクワクしてしまいます!ピンクのぬいぐるみやハッシュタグを模した飾りは、思わず写真を撮りたくなってしまうかわいさです。

近頃、グレーの外観からレインボーにプチリニューアルし、更にフォトジェニックになったというので注目です!またこちらのお店は、カラフルな「レインボーフード」のパイオニア的存在なのだとか。

自慢したくなる⁉︎誰が撮ってもムービージェニックな︎レインボートースト

 

さっそくレインボーチーズトーストを注文してみます。一体どんなフードなのかとドキドキしながら待つこと数分、現れたのは一見すると普通のトースト…ですが、秘密はその中身にあり!

真ん中に入っている切れ込みを割ると、なんとレインボーのチーズが現れるのです。中のチーズが温かいうちに、さっそくムービージェニックを狙ってみましょう。

 

壁の、ここだ!と思う場所をバックに、ゆっくりトーストを割ります。中からチラリとのぞいているチーズは名前の通り、とーってもカラフル!一見なんの変哲もないトーストから現れる虹色に、テンションが上がります!

 

目の前に広がる華やかなビジュアルに、もう釘付け!限界までチーズをのばして、インスタジェニックなムービー撮影を楽しみましょう。

動画を撮っていると、かぐわしいチーズの香りが漂ってきます。たっぷり挟まれたとろけるチーズに、ぐ〜っとお腹が鳴ってしまわないようご注意を!

 

さて、動画をしっかりおさめたらおいしくいただきましょう。ビール酵母を使って作られた食パンは、外はサクッ、中はふわっとした口あたりです。

チーズは、ドイツやアメリカで作られている本格的なモッツアレラチーズ。これがおよそ200g、贅沢に挟まれています。もったりなめらかな食感の分厚いチーズトーストは、チーズ好きな女子にたまらない味わいです。

 

ちなみに、焼く前の状態はこちら。あまりの色鮮やかさに着色料が心配になるかもしれませんが、ご心配なく!これらはすべて自然由来の着色料で色を付けているそうです。

あまーい夢かわソフトも要チェック!

 

チーズトーストとあわせて、こちらのレインボーソフトも大人気。誰もが「いいね」したくなる、王道のインスタ映えショットが撮れること間違いありませんね!

ピンク色の部分は、いちごのソフトクリームです。そこに、黄色、緑、水色のふわっとした口どけのいい生クリームがたっぷり!ソフトクリームと生クリームの間には、さらにカスタードクリームが絞られています。撮影を楽しんだら、溶ける前にいただきましょう。

とっても色鮮やかな、そしてしっかりおいしい「レインボートースト」。お友達や彼と注文すれば、思わず誰かに自慢したくなる動画の撮影まで楽しめちゃいます。今話題のムービージェニックなメニューを、あなたもぜひ体験してみて!

Text:中村佑衣(エフェクト)

●記載の内容は2018年7月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

大人気レインボーわたあめ!一度は食べたいゆめかわいい東京土産

大人気レインボーわたあめ!一度は食べたいゆめかわいい東京土産

おでかけメディア『るるぶ&more.』

インスタ映えバッチリな、顔より大きいレインボーわたあめを楽しめると話題の原宿「TOTTI CANDY FACTORY」。今、若者から外国人観光客まで、幅広い層を魅了する大人気のお店です!

とろ〜りチーズ×レインボー!映えを極めた最強フォトジェフード

とろ〜りチーズ×レインボー!映えを極めた最強フォトジェフード

おでかけメディア『るるぶ&more.』

今もっとも巷を騒がせているフォトジェニックフードといえば、韓国式アメリカンドッグのハットグ!そんな映えフードに、さらなる映え要素をプラスした「レインボーハットグ」があるのはご存知?

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載