新生『Jヴィレッジ』へ! 楢葉を感じる立ち寄りスポットも紹介

新生『Jヴィレッジ』へ! 楢葉を感じる立ち寄りスポットも紹介

2019/10/14

東日本大震災以降、復興に向けて歩んでいる楢葉町。今回は、町のシンボルであり、「2020年東京オリンピック」聖火リレーのスタート地点に決定した『Jヴィレッジ』をはじめ、注目のスポットを紹介。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

シティ情報ふくしま編集部・まなみん

アスリートだけじゃない! 一般の人も楽しめる楢葉のシンボル『Jヴィレッジ』

敷地は、なんと東京ドーム10個分の広さ! ホテルや、ジム、フィールドなどがある

2019年4月に全面再開となった『Jヴィレッジ』。2020年東京オリンピック聖火リレーのスタート地点に決定し、大注目のスポット! 施設内には、最新の設備が整ったトレーニングジムや、カフェ、レストランなどが揃う。

トレーニングジムでは多様なマシンを体験できる

ジムは一般の人も使用でき、自分に合ったプログラムで身体を整えられる!

『Café Amazon(カフェ・アメイゾン)』でおすすめのホットコーヒー(400円)といちごスムージー(600円)

カフェは、タイを拠点とする『Café Amazon』の国内3店舗目。タイの本格的なコーヒーを味わえる。他にも、Jヴィレッジオリジナルグッズの販売もあり。気軽に立ち寄ってみて。

楢葉の魅力がぎゅっと詰まった『道の駅ならは』

売店には、楢葉名物などのお土産が豊富に揃う。楢葉町のゆるキャラ・ゆず太郎のお土産もおすすめ

東日本大震災以降休館となっていた『道の駅ならは』。現在、温泉施設、フードコート、売店が再開している。

温泉は、バブルバスなどのアトラクションが男女合わせて12ヵ所と豊富

温泉は、「ならは羽黒山温泉」を源泉とし、塩分濃度が高いのが特徴。美肌効果が期待できる。

「マミーすいとん定食」(650円)。鶏肉の旨味が染みた甘じょっぱい汁の中に、ニンジンやゴボウなどの野菜や、もちもちとした食感のすいとんが入っている

また、フードコートでは、元サッカー日本代表監督・トルシエさんに名付けられた楢葉名物「マミーすいとん」を味わえる! 物産館は2020年春頃オープン予定。福島県の魅力ある商品が並ぶ。

カフェ『陽なたぼっこ』の料理で、おいしく身体を健康に

素材が生きた、身体にじんわりと沁みる優しい味がします

2018年にオープンした隠れ家カフェ『陽なたぼっこ』。フードコーディネーターなどの様々な資格を持つ店主の吉田さんが、一品一品心を込めて作る和漢膳料理が人気。

「症状別日替り和漢膳ランチ」(1,300円)。この日はがん予防に効果が期待できるメニューの1つ「ハワイアン海鮮丼」と、前菜、すいとん汁。プラス200円で選べるデザート付きに!

「症状別日替り和漢膳ランチ」では、美容やアレルギーなどに効果が期待できるメニューを選べる。食材は地元農家から仕入れたものを使用。

縁側席あり。ドリンクを片手に陽なたぼっこしながら一息つこう♪

素敵な店主と木のぬくもりある空間で、身体に優しい料理をじっくりと味わおう。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載