開運なるか!?皇居参観(無料ツアー)で皇居財布を手に入れる

開運なるか!?皇居参観(無料ツアー)で皇居財布を手に入れる

2019/10/17

令和になり、新しい天皇皇后両陛下のご活躍が話題になるなど、フレッシュな雰囲気に包まれている皇室。お二人がお住まいの皇居の一部を一般の人々が見て周れる、無料ツアーが行われているので参加してきました。開運効果が噂される皇居財布の入手方法も併せてご覧ください。

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

皇居参観に参加するには?

皇居参観へ
人気の高いツアーです

皇居参観は、ツアー形式で行われ、基本的に日・月以外の午前・午後に各1回開催されます。

定員があり、事前申請(インターネット・郵便・窓口)が各回200人、当日受付が各回300人です。

当日受付も難しいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、このあいだ当日受付してみた限りでは、意外と競争率が高くなかったので、そのときの様子をご報告しましょう。

当日受付の状況

当日受付と参観のタイムスケジュールは、以下のようになっています。

【午前の回】
午前9時~ 整理券配布
午前9時30分~  受付開始
午前10時頃 参観開始
午前11時15分頃 参観終了
【午後の回】
午後0時30分~ 整理券配布
午後1時~ 受付開始
午後1時30分頃  参観開始
午後2時45分頃  参観終了

参観日和です

筆者が訪れたのは、快晴の9月7日(土)の午後でした。桔梗門での午後0時30分からの整理券配布に備え、午後0時12分に到着したところ、36人目でした。300人の定員に対し、余裕です。この日は気温が32℃と暑かったので、競争率は多少下がった可能性はありますが、だいたい、こんなものなのかもしれません。

整理券配布の時間である午後0時30分、実際に整理券の配布が開始されました。この時点で人数を数えたら、だいたい150人くらいになっていました。ちょっと注意したいのは、列に並ぶ人は海外の人がかなり多く、知人とそこで待ち合わせなのか、横入りする人が結構いることでしょうか。

整理券をもらったら、今度は午後1時から1時20分の間に同じ場所に戻ってきます。整理券の裏面は、参観申込書になっています。氏名、住所、電話番号、生年月日、年齢、性別を記入し、身分証明書と一緒に係りの人に渡すと、照合が行われます。渡されたプラカードを首から下げ、先に進みましょう。

桔梗門
検査はこちらで

桔梗門から入り、休憩所で皇宮護衛官による手荷物検査(とボディチェック)を受け、ツアーの説明を聞きます。この会場の左側が、皇居グッズが売っている東御苑売店です。

ツアーで訪れる主な場所

英語版ツアー

ツアーは、言語別に分かれます。日本語、中国語、英語、スペイン語、フランス語といった具合です。筆者は、英語のツアーに参加してみました。

富士見櫓

ツアー客の反応が良かった、お城っぽさがある富士見櫓です。そのうえ右側には近代的なビルが見えるので、伝統とモダンの融合が楽しめます。

宮内庁庁舎

これは、仮宮殿だった時期もある、宮内庁庁舎です。

宮殿東庭

一般参賀で皇族の方々がお手振りをされる宮殿東庭です。

正門鉄橋

そして正門鉄橋(二重橋)。こちらもめがね橋とビル群の組み合わせが素敵です。

開運財布

皇居グッズ

東御苑売店では、ツアーの前後に買い物ができます。皇居グッズは、いろいろなものに、菊の御紋がついているのが魅力です。

開運財布

こちらの長財布は、牛革なのになんと1300円!開運財布として有名で、特に金色(この日はありませんでした)が開運・金運アップ効果が高いとネットで評判です。店内撮影禁止だったので、写真は撮れませんでしたが、色は水色、ピンク、昔でいう肌色、など10色程度ありました。

開運財布と言われているのは、こちらの東御苑売店でしか手に入らない限定商品であることにも理由がありそうです。ツアーに参加しなくても利用できる楠公レストハウス売店に問い合わせたのですが、営業している団体が違うのですって。

限定品です

長財布の使い勝手でいうと、とにかく薄くて軽いのが魅力です。コイン入れのファスナーの開け閉めや、お札の出し入れの点では高得点はつけられないのですが、キャッシュレスを優先しつつそれでも現金をもっておきたいというスタンスの人にはいいと思います。

エコバッグ

店内には、食器、ワイン、せんべい、ふろしきなど、さまざまなグッズがあり、そこを見るだけでも楽しいかと思います。こちらは800円のエコバッグ。水色もあります。中にポケットが一つあり、ファスナーで閉じられるのがよいところ。

売店では、買い物の支払いは現金のみなので、ご注意を。

ちなみに、筆者は、財布を使い始めてから10日も経たずに臨時収入がありました!単に偶然かもしれませんが、何か起こるかもとワクワクして過ごすだけでも楽しいですよ。

[All photos by Shio Narumi]

この記事を書いたライター情報

TABIZINE(タビジン)

TABIZINE(タビジン)

「人生に旅心を」。旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジン。旅の情報や小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案。読者のみなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINE(タビジン) が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載