まるでお花畑!カップケーキのようなパン「アメリ」

まるでお花畑!カップケーキのようなパン「アメリ」

2019/10/17

2017年9月に溜池山王のオフィス街にオープンしたベーカリーカフェ「COURTESY(コーテシー)」。アート性あふれるビジュアルがかわいいと、今SNSで話題沸騰中です!なかでも人気のお花畑のようなパン「アメリ」を求めて、お店へ行ってきました。

るるぶ&more.

るるぶ&more.

ベーカリーとは思えない!洗練されたモノトーンな店内

Photo by GION

「COURTESY」は溜池山王駅に直結するビルの1階にあり、アクセスは抜群。昼はベーカリーカフェ、夜はフレンチレストランとしてメニューが変わります。

アーティスティックな空間が魅力の1つでもある「COURTESY」。レディ・ガガのヒールレスシューズも手がけたアーティストの舘鼻則孝氏がクリエイティブディレクションを担当。白と黒を基調とした内装に真紅のスワロフスキーで輝く心臓のオブジェが飾られており、美術館のような洗練された空間となっています。

 

洗練された空間の中央に毎日約20種類ほどのパンが並びます。モノトーンの店内がパンの色鮮やかさをより一層引き立てており、そのひとつひとつの美しさがよく分かります。

お花畑みたいにかわいいパンに心躍る!

 

カップケーキのような愛らしい形のパン「アメリ」(380円)は各地で開催されるパンイベントでも即完売するほど大人気だそう。生地に練りこまれたローズフラワーウォーターから薔薇の香りがふわりと漂い、砂糖漬けのエディブルフラワー、ベリー、刻んだピスタチオが飾られ、まるでお花畑のよう!

 

ローストしたピスタチオペーストが練りこまれたパン生地は濃厚な味!生地の間に入ったラズベリージャムと、赤く甘酸っぱい野菜のルバーブが甘酸っぱさを添えて、大人のスイーツパンという感じ。飾られたエディブルフラワーもサクサクとした食感で味にアクセントを添えています。

実はこのパン、一生懸命に働くある1人の女性の手元に施されていたネイルアートからインスピレーションを得たそう。忙しさのなかでも美しさを忘れない気持ちを形にしたという、その姿がフランス映画の「アメリ」のイメージにも重なったことで、このネーミングがつけられたそう。アート性あふれる「COURTESY」ならではのパンです。

COURTESYならではの魅力的なパンがいっぱい!

 

こちらもアメリに続き大人気のパンオレザン「パピヨン」(290円)。草原を舞うような華やかさとパンの形から、フランス語で蝶を意味する「パピヨン」と名付けられたのだとか。

あえて焦げをつけた焼き加減と甘いコーティングがいいバランスです。クランベリーは単なる飾りではなく、味の主役となれるくらいにおいしいものを探し求めたというこだわりの素材です。

 

リピーターが多いという「アップルとクロワッサン」(260円)も見逃せません!薄くスライスされたりんごがキレイに重なる様子が美しい…!何層にも重なったりんごとパイ生地のサクッとしたバランスが絶妙でやみつきになること間違いなしです。


「アメリ」のように女子心をくすぐるパンがいっぱいの「COURTESY」。どのパンもシェフのこだわりが詰まった逸品ばかりです。もちろんテイクアウトのみの利用もOK。アートなベーカリーに足を運んで、お手軽に味わえる贅沢気分に浸ってみてくださいね!

Text:柴山たき(エフェクト)

●記載の内容は2018年7月時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

有名パン屋のコスパ最高モーニング!750円で口福体験

有名パン屋のコスパ最高モーニング!750円で口福体験

おでかけメディア『るるぶ&more.』

九段下や麹町エリアで知らない人はいない「麹町カフェ」にパンを卸しているのが、九段下にある姉妹店のベーカリーカフェ「FACTORY」。ここの焼きたてパンがお得に食べられるのが、大人気のモーニングです!

一度は食べたい!老舗ベーカリーの「プレッツェルクロワッサン」

一度は食べたい!老舗ベーカリーの「プレッツェルクロワッサン」

おでかけメディア『るるぶ&more.』

「ザ シティベーカリー」は、1990年にニューヨークでオープンして以来、長年ニューヨーカーに愛されてきた老舗ベーカリー。今回はお店の看板メニュー「プレッツェルクロワッサン」など、人気メニューをご紹介!

この記事を書いたライター情報

るるぶ&more.

るるぶ&more.

「るるぶ」を〈もっと〉身近に!をコンセプトに、スポット情報からビューティー、ファッションまで、おでかけのきっかけが詰まった記事を毎日配信。「記事クリップ」機能や「Myるるぶ」機能を活用することで、スマホで持ち出せる「自分だけのガイドブック」ができあがっていく新感覚メディアです。

るるぶ&more. が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載