宮崎県北エリアのおすすめグルメvol.3

宮崎県北エリアのおすすめグルメvol.3

2019/10/17

宮崎県の県北エリアで話題のグルメ店をご紹介します。ドライブや観光と一緒に楽しみたいグルメスポット情報です。

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

宮崎県北エリアのおすすめグルメvol.3

道の駅青雲橋レストラン

「ゆずチキ」350円(1パック)。1階販売所で直売。ドライブの車中で食べるのにぴったりなサイズ。ゆずのスパイスがきいたやみつきになる味

日之影名物のゆず胡椒を使ったオリジナル唐揚げが「ゆずチキ」。卵とみりん、薄口しょう油で鶏モモ肉に下味をつけたあとがゆず胡椒の出番。塩胡椒といっしょによくもんで肉にすり込んでいく。そして低温と高温で2度揚げすればカラッとした唐揚げのできあがり。スパイシーなゆずの風味が口のなかではじけて、ついつい何個でも食べてしまう。食べたくなったら1階にある販売所へどうぞ。土・日曜日は店頭で実演販売することもあり。

物産センターごかせ

「特ホル丼セット」1200円。宮崎で開催されたご当地グルメコンテストでグランプリを受賞!宮崎B級グルメをリードする一杯に大満足!

五ヶ瀬といえば有名な「特ホル」。作っているのは宮部精肉店。厳選した豚のハラミを丁寧に下ごしらえし特製タレに漬け込んだ逸品。あつあつご飯にシャキシャキキャベツを敷き、特ホルとタマネギを飴色になるまで炒め、豪快に盛って完成。ハラミはかたすぎずやわらかすぎず、ほどよい弾力が◎。町内5、6店舗でいただける。五ヶ瀬物産センターではうどんをつけたセットメニューが人気。

桝元 愛宕店

「辛麺」800円~。真っ赤なスープからは想像がつかないほのかな甘みも人気の秘訣。甘い·辛い·旨いの三拍子が当店の自慢

究極の辛さと旨さが多くの食通をくぎづけにしている辛麺!「辛いけど旨い」がコンセプトの同店の辛麺は、いまやすっかり宮崎のソウルフード。小麦粉とそば粉をブレンドして作る麺は弾力がある通称“こんにゃく麺”。食物繊維を多く含みダイエット効果も。合挽きミンチとニラ、溶き卵が絶妙にコラボしたスープには約5かけ分のニンニクが入っているのに、においが残らない工夫も。辛さは最高25倍。辛いのが苦手な人には唐辛子を抜いてくれる。

この記事を書いたライター情報

月刊情報タウンみやざき

月刊情報タウンみやざき

「月刊情報タウンみやざき」は毎月27日発売。宮崎での生活をよりHappyに!暮らしに役立つホットで楽しい情報を発信!話題の新店舗やグルメ、レジャー、イベントなど、読者のみなさまのライフスタイルに寄り添う旬情報が満載です。Webサイトではデイリーインフォメーション毎日配信中!!

月刊情報タウンみやざき が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載