【二本松市】絶景露天風呂と遊歩道散策で、紅葉シーズンを満喫!

【二本松市】絶景露天風呂と遊歩道散策で、紅葉シーズンを満喫!

2019/10/21

今回は全国でも珍しい泉質「酸性泉」の湯が堪能できる、二本松市・岳温泉(だけおんせん)の施設を紹介します。施設近くの遊歩道散策は紅葉狩りにもぴったり。秋のおでかけにいかがでしょうか。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

ふくしま日帰り温泉編集部

ふくしま日帰り温泉編集部

安達太良の澄んだ空が広がる絶景露天風呂

自然との一体感を感じられる露天風呂はやや熱め。紅葉の季節の眺めも見事

「あだたら高原スキー場」ゲレンデ脇、「奥岳登山口」にある、日帰り温泉施設『あだたら山 奥岳(おくだけ)の湯』。スキーや登山帰りのレジャー客も多く訪れている温泉です。

泉質は、殺菌効果が高く皮膚病に良いとされる酸性泉。安達太良山の中腹から引き湯する間に湯もみされ、肌あたりがやわらかいのが特徴です。

露天風呂は、柵などの仕切りがなく、自然をより身近に感じられる魅力があります。

かけ流しの内湯は窓を開け放つ時も

天気の良い日は窓を開け放ち、半露天にもなる造りの内湯。時折、高原のさわやかな風が入り、心身ともに癒やされます。

入浴後の休憩は、土産品や軽食メニューが揃う隣接のレストハウスの利用がおすすめです。

日帰り入浴データ

入浴料金/大人600円、子ども(4歳〜小学生)400円、3歳以下無料
入浴時間/10:00〜18:00(4月下旬〜11月上旬は〜20:00、最終受付は各30分前)
定休日/無休(メンテナンス休館あり、事前に問い合わせを)

ちょこっと立ち寄り

遊歩道の入り口

「奥岳の湯」のすぐ近くに『あだたら渓谷奥岳自然遊歩道』の入り口があります。安達太良山に源流を持つ「烏川(からすがわ)」沿いに整備された遊歩道で、1時間ほどで一巡できるのが魅力です。春は新緑、秋は紅葉を堪能できます。紅葉の見頃は、例年10月中旬から末にかけて。

自然豊かな高原ホテルの心やすらぐ露天風呂

湯は化粧水のような、なめらかな肌あたり。天候などによって透明度が異なる

温泉や「陶盤浴」、料理、エステが楽しめる高原リゾートホテル『空の庭リゾート』。高濃度な酸性泉の湯は身体への浸透力が高く、肌の活性化に効果的と言われています。

深い森に包まれたような露天風呂では、木々のマイナスイオンをたっぷり浴びることができ、リラックス効果も抜群です。

美しい森を眺められる明るい大浴場

大きなガラス張りの大浴場からは四季折々の景色を楽しめ、まるで一枚の絵画を観賞しているかのような気分になります。

他には、遠赤外線効果で身体を温めてくれる「スーパー陶盤浴」(60分1,200円・入浴料込・タオル・作務衣付)もおすすめです。

日帰り入浴データ

入浴料金/大人600円、小学生300円、未就学児無料
入浴時間/10:00〜15:00(最終入館14:00)
定休日/無休※12月〜2月は不定休あり。詳細は施設まで問い合わせを

ちょこっと立ち寄り

鏡ヶ池。背後には安達太良山の姿を眺める

岳温泉のシンボル「鏡ヶ池」を中心とした親水公園『鏡ヶ池公園』。遊歩道を進めば、池をぐるっと一周することができます。木製の複合遊具もあり、子ども連れにもおすすめ。公園から温泉街に続く「桜坂」も名所の一つで、約300本の桜並木が四季折々の表情を見せてくれます。坂の途中にある「足だけ(=岳)の湯」もぜひ立ち寄ってみてください。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載