イタリア人美女コスプレイヤーがすぱじろうで和洋パスタ食べ比べ

イタリア人美女コスプレイヤーがすぱじろうで和洋パスタ食べ比べ

2019/10/25

日本でも気軽に食べられるイタリア料理・パスタ。今や日本人に合わせた独自の和風&洋風パスタが浸透していますが、イタリア人はこの現状をどう思っているのでしょうか? ふと疑問に思ったので、イタリア出身の美女を連れてパスタ専門店「釜あげスパゲッティ すぱじろう」に行ってきました。

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

パスタの本場・イタリアで育った美人モデル兼コスプレイヤーをお呼びしました

店頭のディスプレイを見つめる美女の正体は……?
ユリコタイガー

ユリコタイガー

モデル兼コスプレイヤー

ーーユリコタイガーさんは日本のアニメ文化に魅せられて、移住歴6年になるんですよね。こっちでパスタが食べたくなったら、どうしているんですか?

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「う〜ん、正直日本のパスタはイタリアと少し違うから、あんまり外で食べないね。食べたいときは自分で作っちゃうから、家にパスタいっぱい買ってるよ」
コスプレに対する情熱と高いクオリティが評価され、その界隈では有名人。写真は公式コスプレイヤーを務める「鉄拳」のリリ

そんなユリコタイガーさんにお願いする企画とは?

基本的に日本の店でパスタを食べないというユリコタイガーさん。そんな彼女に“箸で食べるパスタ”を推奨する専門店「釜あげスパゲッティ すぱじろう」の人気ランキング上位10品中、和風・洋風2品ずつ食べ比べてもらい、日本とイタリアの違いについて聞いてみた。

\やってきたのは権之助坂店/

目黒駅から徒歩すぐの場所にある「釜あげスパゲッティ すぱじろう 権之助坂店」に到着

都内を中心に10店舗以上を展開するパスタ専門店「釜あげスパゲッティ すぱじろう」。日本人の好みに合わせて開発した和洋パスタは50種類以上、さらに月替りパスタを用意する。食材はできる限り国産、もしくはイタリア産をセレクト。そして何より、茹で加減にこだわっているとのこと。

またオーダーから提供するまでの時間がスピーディーなのも人気の一つ。“お客様をお待たせしない”をモットーとし、手作りのソースと厳選された麺をもっともおいしい状態で素早く届けてくれる。

全店舗共通して、和モダンな内装になっている

ーーイタリアではどんなパスタを食べていたんですか?

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「まずイタリアは縦に長いから、南北で食文化が全く違うのは知ってる? パスタのわかりやすい違いは茹で加減で、南に行くほどアルデンテが好まれる感じ。食材や味付けにも違いがあって、暖かい南部は海鮮やトマトを使ったものが多くて、寒い北部は乳製品を使った煮込み料理が好まれたりするかも」

ーー暖かい地域と寒い地域があるから、国内でも食文化が違うんですね。

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「そうだね! でも私が育った町・インペリアは北部なんだけど港町なの。だからペスカトーレみたいな海鮮トマト系が多くて好きだったけど、今日は食べられる?」
楽しそうに故郷の話をするユリコタイガーさん。「ちなみにイタリアは『魔女の宅急便』のモチーフになった場所の一つで、私の町は映画の雰囲気とソックリなんだよ」

すぱじろう人気の和洋パスタ4品をジャッジ!

イタリアの食文化や育った町の話をしているうちに、和風パスタ2品、洋風パスタ2品がテーブルに並べられた。さっそく、人気ランキングの上位を競うこちらの4品を、和風・洋風交互に食べて比べてもらおう!

ユリコタイガーさんの前に、Lサイズのパスタ4品が並べられた。同店はS(100g)・M(120g)・L(170g)どれも選んでも料金は同じなのはうれしいポイント
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「超おいしそうじゃん、ボリュームもすごいねー! じゃあ、さっそく……どれから食べていい?」

1品目:【洋風】定番食材で作る濃厚なクリームすぱ

「えびとベーコンとほうれん草のクリームスープすぱ(1188円)」
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「最初はクリーム系ね、これめっちゃおいしそうー! テーブルにはフォークも用意されてるけど、このお店はお箸で食べるんでしょ?

ーーそうなんです、お箸でも問題ないですか?

「余裕だよー!」とパスタを持ち上げるユリコタイガーさん。箸の持ち方もキレイ

ーーまず、見た目に違いはありますか?

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「あのね、まずベーコンとエビが一緒に入ってるのはスゴイよ! イタリアでは魚は魚、肉は肉だけで作るのが普通。だから違うジャンルの食材を、組み合わせて調理するのはおもしろいね」
器用に食べ進めるユリコタイガーさん。パスタを箸で食べるという行為にも抵抗がない様子
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「おー、ミルクが甘いね! クリーミー系は大好きだけど、イタリアではここまでミルク感のあるものは珍しいから、食べられるのはうれしいね! なんか日本のパスタって、子どもとか女性が好きそうな味が人気だよね」

ーーパスタが“甘い”という表現は新鮮ですね。一品目からすでに食文化の違いが見えてきて、おもしろいです!

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「私もおもしろいよ! どんどん食べよ!」

2品目:【和風】惣菜の代表格「きんぴらゴボウ」をのせたオリジナルすぱ

「ごぼうとなすのきんぴら風トマトすぱ(1078円)」
「これ、すげー箸で取りにくいよ(笑)」とユリコタイガーさん。「すげー」「やべー」といったアニメで覚えたらしき言葉遣いは好感が持てる

ーーこれはイタリアにない味では?

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「あれ、でも意外とイタリアを思い出すよ。ひき肉とトマトだから、ボロネーゼと近い感じ! この野菜(きんぴら)はのってないけど(笑)。麺だけ食べるとイタリアっぽいかも」
きんぴらと麺を豪快にかき混ぜてから食べてみる
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「それにしても、麺ときんぴらが全然悪くない組み合わせでビックリだよ。麺も歯ごたえがしっかりしていていいね! イタリアでは硬めに茹でる方が好まれるから、柔らかいのを食べたいときは『リングイネ(パスタの一種でもちもち食感が特徴)』とかを選ぶんだよ。これは硬さだけで言ったら故郷のものに近いかも。でも、ちょっと箸では食べにくいよ(笑)」

3品目:【洋風】モッツァレラチーズ×トマトソースの王道すぱ

「モッツァレラチーズとなすのトマトすぱ(1180円)」
「日本のパスタは具材が大きいよね」(ユリコタイガー)
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「これは絶対おいしいと思って狙ってたんだよ〜(笑)。やっぱり、一番イタリアンっぽくておいしいよ! これは具が大きいから、ちょっとピッツァを思い出すね。イタリアのパスタは『麺を味わう』って感じだから、麺に絡むように細かくすることが多いの。でもこんな風に具が目立つ方がお得な気がするね」

ーー言われてみれば、日本で見かけるパスタは具材が大きめで派手かもしれないです。

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「そうでしょ? イタリアではパスタと一緒に肉料理や魚料理を食べるから、パスタって日本でいうお米みたいな感じかも。私からすると日本のパスタは、お米とおかずが一緒になってる丼ぶりみたいでおもしろいね」
「いや〜、安定してウマいわ」と満足気。やっぱりトマト系がお好きみたい

4品目:【和風】サーモンたっぷりのめんたいこすぱ

「明太子とサーモンとねぎのすぱ(1188円)」
「あ、これレモンかけるの?」(ユリコタイガー)
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「これは麺に絡むのがめんたいこだけだから、麺の味がスゴくよくわかるね。レモンをかけるのはどうかな〜と思ったけど、めんたいこの臭みが消えて食べやすくなった! イタリアではめんたいこを食べないから、臭みを消すのはポイント高いよ!

ーーそうか、めんたいこを食べる文化はないんですね。

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「私も最初はウゥ〜(険しい顔)ってなったけど、今は大丈夫になったよ。今も食べられないのは納豆だけ(笑)」
大きめにカットされたキノコとサーモンがたっぷり
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「うん、このパスタが一番おもしろいね! 魚と魚卵とキノコとレモンを一緒にするのに、なんで味がケンカしないの? 特にサーモンとキノコの組み合わせは、イタリアではまず見ないからビックリ。それを一つの料理として完成させるのってスゴイと思うよ!」
「なんか、おにぎりを思い出す味(笑)。ボーノ!」(ユリコタイガー)

さて、人気の和洋パスタ4品の食べ比べが終了。イタリアと日本のパスタ文化の違いを発見したところで、ユリコタイガーさんの胃袋をつかんだのは一体どのパスタでしょうか?

お気に入りのパスタを選んでもらいたい!

「ん〜、どうしよっかな〜(笑)」(ユリコタイガー)
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「あのね、一番は決まってるんだよ。あと3つをどうしようかな〜って考えてる。どの料理もイタリアでは食べられないものばかりでおもしろかったんだけど……よし、決めたよ!」

お気に入りNO.1はトマト系の王道すぱでした

左から2位クリームスープすぱ(洋風)、3位サーモンとめんたいこすぱ(和風)、4位きんぴらすぱ(和風)の順となった
ユリコタイガー
ユリコタイガー
「全部おいしかったけど、やっぱりこれが一番故郷の味っぽいから選んじゃった。こんなに大きなモッツァレラチーズをパスタで食べられるのも珍しいしね! でもおもしろい順でいったら、1位はサーモンとめんたいこかな。この組み合わせは初めてで、本当にビックリした!」
「みてみて! やっぱり一番人気なのはモッツァレラのやつじゃん、当てちゃったね〜!」とドヤ顔をするユリコタイガーさん

\食後はエスプレッソでひと息/

イタリアはエスプレッソ発祥の地。運ばれてくると「きゃー、やったー!!!」と、どのパスタより喜ばれてしまったのはここだけの話

ーー今日4品を食べてみて、日本のパスタのイメージって何か変わりました?

ユリコタイガー
ユリコタイガー
「そうだねー、日本のパスタは『遊び』が多いなって、改めて思ったよ! 具材を大きく切ったり、不思議な組み合わせをしたりね。このお店の料理は、日本ならではのパスタのおいしさを追求しててスゴイね。パスタが日本の食文化に根付いているんだなって嬉しく思ったよ」

取材・文=小島加奈子(シーアール)、撮影=竹内洋平

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

連載