子供から大人まで楽しめる!瀬戸内海がぎゅっと詰まった水族館

子供から大人まで楽しめる!瀬戸内海がぎゅっと詰まった水族館

2019/11/20

広島市西区観音新町にあるマリーナホップ内に、2017年にオープンしたマリホ水族館。現在広島市内では唯一の水族館です。子ども連れの方に人気なのはもちろん、カップルや友人、どのシュチュエーションでも楽しむことができるので、幅広い世代に人気です。

ペコマガ

ペコマガ

利用料金について

外観

まず入場券を購入します。

【入場料】
大人(18歳以上) 950円
小・中学生(6-17歳) 500円
幼児(3歳以上) 300円
シニア(65歳以上) 800円

年間パスポートがお得!

【年間パスポート料金】
大人(18歳以上) 1800円
小・中学生(6-17歳) 1000円
幼児(3歳以上) 600円
シニア(65歳以上) 1600円

ほぼ2回分の入場料で、1年間に何度も入場することができます!
これはお得すぎます!!!

瀬戸内海をぎゅっと凝縮した展示

「波の向こうへ」ゾーン

目の前に広がる海の世界

館内に入ると目の前に広がる海の世界。
カラフルなお魚が印象的。
映えというやつですね♪

しかしこの水槽、実はぬしがいるんです。
それは…

水槽のぬし

この子!カスリハタです!!
水槽の奥の方に隠れていることも多いそうなんですが、表に出てくると存在感がすごい!!

アオウミガメの赤ちゃんに会える

アオウミガメの赤ちゃん

現在開催中のアオウミガメの赤ちゃんの展示!
これがなかなか珍しいみたい。
本当にちっちゃくて一生懸命泳いでる姿がすんごい可愛かった♡

マリホ水族館が認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャーが実施する『ウミガメジョイントブリーディングプログラム』に参加し、ウミガメの育成・保護活動に参画し、アオウミガメの赤ちゃんを一定期間飼育しているんだそうです。
このプロジェクトは西日本の水族館で参加するのは、マリホ水族館が初めて。
外敵に襲われやすいと考えられている時期を飼育することで、個体数を増やす取り組みを行なっています。

大きくなったら放流する予定だそうです!
1年でだいたい2〜30㎝に大きくなるみたいなので、みんなで一緒にアオウミガメの赤ちゃんの成長を見届けましょう♪

「あふれる瀬戸内の命」ゾーン

ゴギの赤ちゃん

こちらも珍しい、広島県の天然記念物ゴギの赤ちゃん。
なんとこのゴギの赤ちゃんはマリホ水族館生まれなんです!

孵化するまでが難しく去年が失敗されたそうですが、今年初めて成功しこんなに大きくなりました♪

その他にも広島の海を体感できる魚たちがいますよ!

「たゆたうクラゲのホール」ゾーン

幻想的なクラゲ

こちらの空間は癒しです。

ずーっと見ていられる…♪

ふわふわと揺れるクラゲを見ながら癒されましょう♡

「輝くサンゴの海」ゾーン

目玉の大水槽

広くて大きくて、迫力があります!!

マリホ水族館の特徴、大きくないけどぎゅっと詰まってる!がまさに表現されている水槽です。
その他の水槽もそうですが、広く見えるように見せ方の工夫がされています。
躍動感あふれる水槽が多いのはそのおかげなんですね!

こちらでは定期的にショーも行われています。

大人気!チンアナゴ??

水族館の人気者

すぅーっとまっすぐ出たり入ったり繰り返す姿がなんとも…♪
お子さんにも大人気ですよね!
でもみなさん知ってましたか?
よく見るオレンジと白のしましま(ニシキアナゴ)じゃなく、この手前にいるのがチンアナゴなんですよ!
私は知らなくて結構驚きでした!笑

全身出てくることも稀にあるみたいで、見ることができたらラッキー♡

「うねる渓流の森」ゾーン

広島の渓流を再現

勢いよく流れる感じがまさにですよね!!
そして、その中を泳ぐゴギの姿も知ることができます。
この中に先ほど紹介したゴギのお父さんとお母さんもいるみたいですよ!
ゴギの赤ちゃんも成長して大きくなったら、いつかこの水槽の仲間入りするんでしょうね♪

季節に合わせた展示も

季節の展示

こちらは出口付近に展示されていた“季節の水槽”。
9月は重陽(菊)の節句ということで、菊とその菊の花に似た色の魚たちが展示されていました!
色鮮やかでキレイでしたよ〜!
毎月ではないそうなのですが、次行った時にどんな展示なのか楽しみができますよね♪

出口には「カープ鯉の池」が!

カープ鯉

頭に赤い模様のある鯉、分かりますか?
まるでカープ帽をかぶってるみたいですよね!
赤ヘル鯉とも呼ばれているそうです♪

最後までしっかり広島を感じることができました!!

間近で楽しめる注目のショー

ショーの概要

ショー
『Let's Study マリホ学園!!』 13:30~ 約10分間
『ディスカバリーアクア』  11:00~(※土日祝のみ)/16:00~ 約10分間

ディスカバリーアクアを鑑賞しました

ディスカバリーアクア

こんな感じで水槽の前で、飼育員さんとダイバーさんの2名で進行していきます!

餌やり

ダイバーさんの身につけている道具の説明や、お魚の説明を聞いたり、実際に餌やりしているところを見ることができますよ!
しかも魚ごとに餌の種類も違って面白い♪

その他、お客さん参加型のゲームもあります!
色々な魚の特徴を知ることができ勉強になるので、ぜひお子さんに参加してもらいたいです♪

今回はディスカバリーアクアというショーでしたが、Let's Study マリホ学園!!というまた違ったショーもあるので、どちらも制覇してみてください!
※飼育員さんとダイバーさんの組み合わせも日によって変わる(掛け合いがちがうんだとか…)そうなので、そちらもお楽しみに♪

大人な雰囲気を楽しめる!ナイトアクアリウム

ナイトアクアリウム

営業時間が20時までの日は毎日、17時から開催されています!(イベントを除く)

これまた雰囲気が一気に大人な感じになってめちゃくちゃおすすめ♪
神秘的な海の中を体験することができますよ!

再入場もOK!子連れやペット同伴もOK!

スタンプを押して再入場できる

スタンプを押します

出口に置いてあるスタンプを手に押すと、またマリホ水族館に入ることができます!(当日のみ)
午後から来て、一度出てから再び17時から始まるナイトアクアリウムを楽しむ!というのもおすすめですとおっしゃっていました♪
一度で二度楽しめるのはお得ですね♡

子連れやペット連れに嬉しいサービス

レンタルもやってます

マリホ水族館のすぐそばにあるインフォメーションで、ベビーカーやペット専用のバギーを借りることができます。

ペット同伴OKなところの多いマリーナホップですが、マリホ水族館ではこのように完全に覆うことのできるバギーやケースに入るとペット同伴で入場できるそうです!
ペットも一緒だからと諦めなくても大丈夫ということですね♪

ベビーカーもたくさん数があったので、ぜひ利用してみてください!

広島がまるごと詰まった水族館

広島ならではの水族館はいかがでしたか??

広島市内唯一の水族館ということで、他では珍しいウミガメの赤ちゃんやゴギの赤ちゃん、そしてここでしか見られない水槽、ショーなど…
親子でもカップルでも友達同士でも!
もちろん1人でも楽しめる!
マリホ水族館で素敵な時間を過ごしてください♪

マリホ水族館は子供から大人まで楽しめるおすすめスポット

マリホ水族館は子供から大人まで楽しめるおすすめスポット

広島のタウン情報ウェブマガジンペコマガ

マリーナホップ内に、2017年にオープンしたマリホ水族館。現在広島市内では唯一の水族館です。子ども連れの方に人気!またカップルや友人、一人でも楽しむことができるので、幅広い世代に人気です。

【2019】備北の秋のイベント最新情報!広島の秋を1日で満喫

【2019】備北の秋のイベント最新情報!広島の秋を1日で満喫

広島のタウン情報ウェブマガジン「ペコマガ」

広島の県北にある、備北丘陵公園で満喫できる広島の秋♡ この秋に楽しめるイベント情報をまとめてご紹介します!!

宮島水族館(みやじマリン)を楽しみ尽くしてきました!

宮島水族館(みやじマリン)を楽しみ尽くしてきました!

広島の観光ウェブマガジン「ぺこたび」

広島の観光地「宮島」と言えば、厳島神社や牡蠣、あげもみじ… でも実はそれ以外にもおすすめスポットがあります! それがずばり「宮島水族館」 他の水族館とは一味違う、リピーター続出の水族館を徹底レポートします♡

広島の観光情報なら“ぺこたび”

広島の観光情報なら“ぺこたび”

広島の観光ウェブマガジン「ぺこたび」

広島の観光情報を紹介している「ぺこたび」。広島市内をはじめ、宮島・尾道・鞆の浦の観光情報をお届け中。ランチやスイーツに観光スポットまで、地元編集部が実際に取材し、幅広くご紹介します!

広島の子育て情報は“tetote”で

広島の子育て情報は“tetote”で

広島の子育て情報ウェブマガジン「tetote」

tetoteは広島の子育て情報ウェブマガジンです。 テーマは「ママから笑顔に。手と手でつながる、笑顔がひろがる。」 広島での子育てがもっと楽しくなる、そんな情報を発信します。

この記事を書いたライター情報

ペコマガ

ペコマガ

ペコマガは「明日の広島を、今日よりもっと面白く。」をコンセプトに運営する広島のタウン情報ウェブマガジンです。「おいしい」「おしゃれ」「ライフ」「おでかけ」などの情報を発信中!

ペコマガ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載