栗スイーツの定番!秋のモンブランコレクション三条燕エリア4選

栗スイーツの定番!秋のモンブランコレクション三条燕エリア4選

2019/11/09

秋の味覚に欠かせない栗。中でもモンブランは栗の魅力を存分に楽しめる、栗好きにはたまらないスイーツです。今回は、三条市や燕市のパティスリーの、各店自慢のモンブランをピックアップしました。栗のスイーツで秋気分を満喫してはいかがでしょうか。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

ange(アンジュ) 県央店の「和栗モンブラン」

栗本来の味わいを感じられるようにと、味付け香り付け極力シンプルにこだわっている。メレンゲのサクサク生地とたっぷり入った無糖の生クリーム異なる食感が楽しい。

和栗モンブラン 518円

●ange(アンジュ) 県央店
天使のように純真な気持ちでケーキを作りたいと名付けられた洋菓子店。カフェメニューも充実。吉田店もあり。

アトリエニコの「モンブラン」

イタリア産焼きマロンペースト香りが印象的な一品。さっくり食感のシュクレを土台に、チョコスポンジや無糖の生クリームなど、異なる甘みをバランスよく使い優しい後味にまとめている。

モンブラン 410円

●アトリエニコ
新鮮なフルーツや卵を使った、ネーミングも見た目もキュートなスイーツが特徴。完成度が高いキャラデコケーキも好評だ。

ビアンポポロの「まちゃもん」

ライオンをモチーフにした抹茶モンブラン。目は大納言小豆、たてがみはチョコなど、パティシエの遊び心が満載抹茶クリームで作った胴体の中には、秋を感じさせる大粒の栗ゴロンと隠れている。(※販売は2019年11月30日(土)まで)

まちゃもん 497円 ※販売は2019年11月30日(土)まで

●ビアンポポロ
「家庭的なぬくもりのあるケーキ作り」をテーマに、ユーモアあふれるスイーツを提供。店内にはカフェスペースもあり。

ROOTS(ルーツ)の「モンブラン」

ほのかにラム酒が香るマロンクリームは、しっかりとした風味を感じるイタリア産の栗を使用。土台はパリパリの食感が楽しいパートフィロ甘み、食感、香りと、それぞれの調和が取れた一品だ。

モンブラン 432円

●ROOTS(ルーツ)
地元の旬フルーツを使った上品な味わいのケーキが魅力。スプーン、包丁など燕三条の製品をかたどったクッキーも人気。


-あとがき-
三条・燕地域のお店のモンブランを紹介しました。遊び心が光る一品から洋酒香る大人の味わいの一品まで、バラエティ豊か。各店こだわりのモンブラン。ゆっくりじっくり味わいたいですね。

※掲載の情報は、取材当時のものです。
※記事中は増税前の取材時の価格のため、2019年10月1日より価格が変更となっている可能性があります。
※ケーキは売り切れになる場合もありますので、店舗に確認もしくは予約してから出かけるのが確実です。


KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

特集

連載