栗スイーツの定番!秋のモンブランコレクション・上越市5選

栗スイーツの定番!秋のモンブランコレクション・上越市5選

2019/11/10

秋の味覚に欠かせない栗。中でもモンブランは栗の魅力を存分に楽しめる、栗好きにはたまらないスイーツです。今回は、上越市の菓子店の、各店自慢のモンブランをピックアップしました。栗のスイーツで秋気分を満喫してはいかがでしょうか。

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

菓心亭かまだ 子安店の「菓心亭モンブラン」

店名を冠したロングセラー商品濃厚な味わいが楽しいフランス産マロンペースト北海道産フレッシュクリームを合わせた、さっぱりとした甘みが特徴。(※1日30個限定)

菓心亭モンブラン 399円 ※1日30個限定

●菓心亭かまだ 子安店
上越エリアで屈指の人気を誇るパティスリー。地元の米粉や全国各地の厳選素材を使って作るスイーツは常時30種ほど。

caramel(キャラメル)の「宮沢栗農園 新栗モンブラン」

上越市三和区の宮沢栗農園新栗だけを使った贅沢なモンブラン。新栗のペーストたっぷりと使いながら、中にも新栗が1粒まるまると入っている。コクのある生クリームとの相性も抜群だ。

宮沢栗農園 新栗モンブラン 550円

●caramel(キャラメル)
「笑顔になれるスイーツ」をコンセプトに、ナチュラルな食材と作りたてにこだわったスイーツを提供。季節限定メニューも登場。

Pâtisserie Riz-Riz(パティスリーリリ)の「金のモンブラン」

上越市富岡産米粉三和区牛乳など、地元食材を取り入れた地域愛があふれるモンブラン。ポイントは、米粉入りのカスタードクリーム。優しい甘みが和栗の風味を引き立てている。(※1日30個限定、販売は2020年2月末まで)

金のモンブラン 540円 ※1日30個限定、販売は2020年2月末まで

●Pâtisserie Riz-Riz(パティスリーリリ)
地場産の米粉を使ったスイーツを数多くそろえる。米粉が生むサクサク感を楽しめるクッキーやガレットも好評だ。

ヒロ・クレインの「和栗のモンブラン」

国産和栗の風味を感じる、コクの強い濃厚な味付けのマロンシートが味の決め手。生クリームカスタードクリームの2種類を使うことで、全体的な甘さのバランスを調えている。

和栗のモンブラン 400円

●ヒロ・クレイン
作りたてのケーキと手土産にぴったりな焼き菓子がそろう。水・土曜限定のチーズケーキは食べておきたい看板商品。

レ・ドゥーの「モンブラン」

味のフランス香りの国産と、2種類のマロンクリームを使った、しっかりとした栗感のあるモンブラン。フレッシュバターが香るキャラメルパイ濃厚なマロンクリームの組み合わせは絶品。

モンブラン 464円

●レ・ドゥー
甘さ控えめのちょっぴり大人味のスイーツは男女ともファンが多い。旬のフルーツや野菜の自然な風味を感じてみて。


-あとがき-
新潟県上越市のお店のモンブランをピックアップしました。
各店の趣向を凝らしたモンブラン。ぜひ今の季節に味わっておきたい一品です。近くにお越しの際にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

※掲載の情報は、取材当時のものです。
※記事中は増税前の取材時の価格のため、2019年10月1日より価格が変更となっている可能性があります。
※ケーキは売り切れになる場合もありますので、店舗に確認もしくは予約してから出かけるのが確実です。


KomachiWeb

KomachiWeb

新潟県のグルメ、イベント、観光、ニューオープン情報などを発信&検索できるWEBサイト。新潟で今すぐ楽しめる、使えるフレッシュな地元ネタをお届けしています。

この記事を書いたライター情報

月刊新潟Komachi

月刊新潟Komachi

創刊25周年を迎えた新潟県のタウンマガジン。「グルメ」「おでかけ」「イベント」「ライフスタイル」など、新潟女性の毎日をもっと楽しくする、お役立ち情報をお届けしています。

月刊新潟Komachi が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載