二本松のそば屋で見つけた、名作カツ丼! 食感は「ふかふか」

二本松のそば屋で見つけた、名作カツ丼! 食感は「ふかふか」

2019/11/02

突然ですが、「かつや」のカツ丼はうまい。日本人のほとんどはそのことに気づいていますが、「そば屋のカツ丼が超うまい」そのことに気づけている方はわずかなのではないでしょうか? 今回は、二本松市のそば屋『戒石茶屋』にある、マーヤ激押しのカツ丼をご紹介します!!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

二本松市の『戒石茶屋』にやってきた!

二本松のシンボル・霞ヶ城公園のふもとにあるそば屋『戒石茶屋(かいせきちゃや)』

地元客はもちろん、観光客も多く訪れるお店です。自然に囲まれた場所で、しみじみした風情を感じられるのがお気に入り!

写真は秋限定「鮭とイクラの親子丼・板そばセット」(土・日曜祝日1,540円、月~金曜日は1,400円以上のセットが1,100円)

茨城県産の「常陸秋そば」というそば粉を使用。福島では珍しいですよね。もっちりとした弾力と甘みが特長です。私も初めて食べたとき、「他のそばと結構ちがうや! こりゃウマみや!」と思った記憶があります。

いよいよカツ丼を食べよう!

「大名ソースかつ丼(ヒレ)」(1,320円)

今回の主役カツ丼は、コチラ! その名も「大名ソースかつ丼」! ゴロリとしたヒレカツ3つがおさまったカツ丼には上品ながら力強さも感じる。まさに大名の風格。では、いただきまーす!

器も城で使われてそうな感じ……。殿様気分でいただこう
全部食べてつかわす!

ガブリ。ああ、やわらかい! 本当にやわらかい! 衣もきめ細やかでしっとりしているので、食感はまさに「ふかふか」。高級羽毛布団のように歯をふんわりと受け止めてくれる。寝たい、このカツ丼の上で眠りたい……。グー。

「やわらかさ」理由のひとつは、中心部分がレアだから

火はちゃんと通っていますが、中がほんのりピンク色でレアな食感。また、洋食経験のあるご主人が「洋食流」で揚げていることも「ふかふか」の秘密です。

しかも『戒石茶屋』では、食事メニューに小鉢類5品が付くんです! ちょっとずつ色んな味が楽しめてうれしい! そばのセットでは、とろろやなめこおろしなどで味変できます。なんとも大儀である~!

食後に甘味とコーヒーのサービス、かたじけない

さらに食後にはお団子とコーヒーのサービスまで。食後に甘味を食べないと落ち着かない私のような人間にはとてもありがたい。ふう…ランチ1セットで様々な味が堪能できて大満足。

今回は秋に訪れました。二本松では恒例の「二本松の菊人形」、そして洋菊の祭典「にほんまつマムフェスティバル2019」が開催中でした(2019年は11月17年(日)まで)。ぜひ『戒石茶屋』のカツ丼と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載