福島市『牛若丸』牛かつは変幻自在の旨さ! 弁慶になって挑む!

福島市『牛若丸』牛かつは変幻自在の旨さ! 弁慶になって挑む!

2019/10/29

2019年8月、福島市中心市街地のパセオ通りにある商業ビル「パセナカMisse」1階にオープンした『牛若丸』。福島市内では珍しい牛かつ専門店です。実はわっぱ飯など上質な和食を提供する、信夫山麓の食事処「くろ沢」の2号店。これは料理のレベルも期待してしまいます!

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

『月刊シティ情報ふくしま』編集部・マーヤ

牛かつへのこだわりが知りたい!!

福島市に牛かつ専門店がオープン!!

そもそも牛かつってなんでしょうか? わかるようでわからない人も多いと思いますが、ご安心ください。察しの通り、牛肉に衣をつけて揚げたものですね(蛇足。これはもう文字数泥棒)。

写真は「牛かつ定食・小(約120g)」(1,400円・税別)。5種のタレ、ご飯・味噌汁・キャベツ付き

でも、ここで出しているのは、ただの牛かつじゃないんだな!『牛若丸』ならではのこだわりはコチラ!!

(1)厳選した一枚肉で提供
(2)5種類のタレで味わう
(3)好みの焼き加減で楽しめる鉄板付き

一枚肉だからレアで食べても安心!!

普段、外食やスーパーで私たちが安く食べている牛肉は、成型肉(余った端肉を集めて整えたりしたもの)も多いのです。これは添加物を含む場合があるのですが、同店では加工していない、選りすぐりの一枚肉を出しているそう。特にレアで食べることが多い牛かつは、安全第一なんだから!!

安心して食べられる一枚肉の牛肩ロース

さあ、お肉の安全確認がとれました。あとはいただくだけです。
「牛かつ定食」には、小(約120g)・中(約160g)・大(約200g)がありますが、もちろん威勢よく「大」をオーダー!!

武蔵坊弁慶にも扮したところで、いっただっきまーす!!

『牛若丸』に対峙するのだからと、マーヤは武蔵坊弁慶に扮した!

5種類のタレからどれを選ぼう? おいしい組み合わせは?

タレは牛かつとの相性を追求した5種類!

(1)昆布醤油
(2)山椒塩
(3)にんにく醤油
(4)ブラックカレータレ
(5)温泉卵タレ

皿にはワサビもありますね。これは迷う!!

カレーや温泉卵を付けたら一体どんな味になるの? そして鉄板があるけどどれぐらい焼くのがベスト?
自由と迷いを同時に手にするマーヤである。

だがしかし、そんなこともあろうかと、事前にスタッフさんからオススメの食べ方を聞いていたのです!

スタッフ「片面だけ昆布醤油につける! 焼くのも片面だけ!!そして、ワサビをつけるのが旨いです」
マーヤ「(そうか……焼くのは片面だけ……左手は添えるだけ……か)」

いいつけ通り、昆布醤油をつけた面を焼く……

半分火が通ったあたりで引き上げ、ワサビを少量のせて。

実食!!

うまっ……!

やわっ……!

口に近づけた時点で昆布醤油の香りがふわりとやってくる! サクッ……、繊細な音を立てる衣の歯ごたえを感じた後に、片面だけ焼いたため段階的に移りゆく食感と旨味! くさみがない赤身肉とワサビで品の良い味になっています(肉を揚げたら普通ジャンクになるはずなのに……)。

にんにく醤油なら片手にご飯スタンバイが必須!

今度はサッと炙る程度にして、にんにく醤油をお試し! 食べた瞬間に、

「ゴハン」

と脳が手に信号を出したので、すかさずご飯を口に放り込む! これはご飯が進む!!

それにしても、衣がはがれることなくぴったりお肉と一体化してる。
これは細かさにこだわったパン粉を使っているからなんですって。

他にも、肉×卵って最高のコンビなので、温泉卵タレは期待を裏切らない相性で。ブラックカレータレは牛かつに付けず、そのまま食べてもおいしい。

牛かつカレーが2019年9月末から登場!!

「牛かつブラックカレー 牛すじ肉入り」(880円・税別)

赤と黒のコントラストが美しい。炒めタマネギやスパイスを入れ、じっくりと煮込んだカレー。トロトロの牛スジも入っていて、牛づくしだ! 牛かつ・牛スジ・カレーをワンスプーンに収めて、一気にほおばりたい。

弁慶に扮し、君も『牛若丸』に行こう!

ごちそうさまでした! 牛かつ定食もカレーライスも食べたけど、あんまり胃もたれしないのはやっぱり赤身肉だから? 私の満腹中枢がぶっ壊れてるから?

食事としての利用も良いですが、牛かつを頼むと樽詰めワイン(通常400円)が1杯190円(税別)に、生ビール・レモンサワー・ハイボール(通常500円)が1杯290円(税別)ととってもお得。牛かつをおつまみに飲むなんて、なんだか贅沢じゃないですか!

ぜひ、皆さんも『牛若丸』のおいしい牛かつを味わいに行ってくださいね(弁慶に扮するのも忘れずに)。

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

毎月25日発売

福島県北エリアのタウン情報誌。創刊(1985年)から、地域に密着したメディアとして親しまれている。 ※主なコンテンツ…グルメ・イベント・おでかけ・宴会・子育て・映画・地元の人紹介。

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

上質なふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)

奇数月10日発売

「福島再発見」にこだわり、地域の魅力を発信。福島の四季やおでかけ情報を中心とした、大人の地元情報誌。

この記事を書いたライター情報

シティ情報ふくしま

シティ情報ふくしま

『シティ情報ふくしま』は、福島に精通した編集者選りすぐりの情報を、雑誌・Web・SNSでお届けしています。Webでは、グルメ、おでかけ、イベント、その他福島での生活を彩る情報を毎日配信中!

シティ情報ふくしま が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載