ディナーやアメニティが大阪風に変身!ホテルのコテコテ企画体験

ディナーやアメニティが大阪風に変身!ホテルのコテコテ企画体験

2019/12/09

粉もん、アニマルの街として確固たる地位を築いているここ、大阪。そんな大阪にある一声でディナーやアメニティなど、いろんなものが「大阪バージョン」に変身してしまうという、なんともクセの強い企画を行うホテルがオープンしたと聞いて、私服は毎日ヒョウ柄ライターYが調査に伺いました。

ラプレ

ラプレ

これぞ大阪流の「O・MO・TE・NA・SHI」!超一流外資系ホテルの姿勢が素晴らしい

そんな大阪愛強めのホテルがあると聞いて、ヒョウ柄の戦闘服に身を包みやってきたのがこちら大阪・本町。地下鉄の18番出口すぐにあります!と聞いて、見えてきたホテルがこちら・・・・

「コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町」

え・・・めっちゃキレイなホテルやん・・・めっちゃオシャレやん・・・
そんな企画をやるぐらいだから、どうせ「ホテル ええ感じ」とか、コテコテの名前のホテルだと思っていたわ・・・(知らんけど)。

オシャレすぎる外観に、来たところ間違えたかな?と思いましたが、大きな扉を抜けて早速中へ。
見えてきたのは、ま~オシャレで天井が高く、ハイセンスなロビー!

※公式サイトより

しかもめっちゃいい匂いしますここ。窓側にはアトリウムも。

※公式HPより

ちなみに、そのさらに奥にはバー「M18」が!「M18」とは、こちらのホテルが大阪メトロ御堂筋線 本町駅18番出口の前に位置していることが由来だそう。朝10時より深夜まで、多彩なアルコールを含むドリンクや軽食を楽しむことができます。

TWGのお紅茶
夜は一段とムーディーな雰囲気
ここで一人で飲んでる姿を想像したらめっちゃかっこいいですよね

こちらでは、シグネチャーカクテルの「M18」「冷やし飴カクテル」も提供しています。

左:「M18」 右:「冷やし飴カクテル」

バーを堪能したところで鍵を受け取り、早速お部屋へ!

じゃーん!

スタイリッシュな印象のお部屋

こちらが「アンビシャスキング」タイプのお部屋。

大阪感全然ないけど?オシャレなお部屋だけど・・・?

と思った皆さん、私のお部屋はこちらです。

ヒョウ柄!

見て下さいこれ!なんとお部屋のインテリアがヒョウ柄なんです!!!超カワイイ!!!!!

実はこれにはからくりがあるのです。宿泊予約の際に合言葉「大阪チェンジ」でと伝えておいたのです!

インテリアだけでなく、部屋の様々なアイテムがヒョウ柄になっていました。

これが
こう!
これが
こう!
これが
こう!!

ちょっと!芸が細かすぎませんかマリオットさん!!アニマル好きにはたまりません。鼻息荒めにインスタにアップしたところ、同じ関西人マインドをもった女子たちから「やばい!」「可愛すぎる!」「これはすごい!」とコメントが殺到。やはり、同じ血が流れています。

からすみのパスタが「豚の焼きそば」?チーズケーキが「ヒョウ柄の甘いもん」?!ディナーも大阪チェンジ対応

大阪チェンジはお部屋や備品だけではござません。なんと、ディナーメニューまでチェンジできちゃうのです!

メニュー表もヒョウ柄

対応メニューはこちらの「プリフィックスディナー」(4,500円・税サ別)。前菜+パスタ+メインチョイス+デザートチョイスの4品にコーヒーまたは紅茶が付いたものです。

前菜は通常メニューと同じものです。ちょこちょこと色々な味を楽しめるのが嬉しい♪

マイクロ前菜 5種盛り

「イカとウニのカラスミパスタ」は

大阪チェンジ!

「豚の焼きそば」に!いくらなんでもおしゃれにアレンジされているのでは?と思い食べてみると、まごうことなき焼きそばでした。豚の焼きそばって本当美味しいですよね・・・大阪のソウルを感じます!

お次はメイン!「牛ほほ肉の煮込み」→「牛ほほ肉のどて焼き」、「シーフードグリル」→「本日の海鮮 串揚げ 2度づけOK」、「ポルチーニとトリュフのピザ」→「フォアグラのお好み焼き」にチェンジされます!

どれも捨てがたいのですが、今回は「フォアグラのお好み焼き」をチョイス。

「ポルチーニとトリュフのピザ」→「フォアグラのお好み焼き」に大阪チェンジ!

お好み焼きって大阪のピザみたいなもんですよね。なるほど!!フォアグラを乗せられてランクアップしたお好み焼きは、ソースとフォアグラが意外とマッチしていてとっても美味しかったです。やるなぁ、お好み焼き!ワインも進みます。

最後はデザート。通常メニューは「季節のタルト」or「チーズケーキ」は、なんと「ヒョウ柄の甘いもん」一択!ヒョウ柄の甘いもんってちょっとマリオットさん!笑

見て下さい、こちらです。

ヒョウ柄のあまいもんを持つヒョウ柄の女

超かわいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!

これにはアニマル好き大興奮です。食べずに飾っておきたい・・・!甘いもん=スイーツ全般を指すときに使っている言葉なので、見ただけでは何かはわかりません。食べてみると、しっとりとした生地にベリー系のソースがかかっている、チーズケーキのようなものでした!大満足!!

なぜこんな大阪色の強いメニューを作ったのかを聞いてみると「海外から来られたお客様は、イタリアンやフレンチなどのレストランの食事よりもローカルフードが食べたいのではと思ったから」とのこと。確かに、そうですよね!海外や県外の方はもちろんのこと、関西人の私でも十分に楽しめました。通常バージョンとシェアして食べても楽しいですね♪

大阪チェンジだけではない魅力!露天風呂が最高過ぎた

ここまで読んで、ただの面白ホテルだと思っていたみなさん。侮ることなかれ!

実はこのコートヤード バイ マリオット 大阪本町 には、大浴場と露天風呂があるのです!!!

お部屋から大浴場までは部屋着とスリッパで移動できてとってもらくちん♪お風呂行く用バッグも完備なのがポイント高いです。これ本当あると嬉しいんですよ・・・

こちらのシャツはライターY私物です

ヒョウ柄のバスローブを纏って脱衣所に行くと、私だけが大阪チェンジしていたようで、1人だけヒョウ柄・・・。他の皆さんの羨望の眼差しを感じました。

そしていざ中へ♪

こじんまじりとしていますが、清潔感がありいい雰囲気

これがオフィス街の本町とは思えない、静かでゆったりとした時間が流れています。はあ・・・最高・・・

そして奥には露天風呂が!!!!

(拍手喝采!!!!!)

いざ入浴!

(撮影不可のため、イメージでお送りしております)

めっちゃいい・・・。永遠に入っていられそう・・・。
アメニティがタイのスパブランド「THANN(タン)」と言うのもSO GOOD。女子の皆さんは特にあるあるだと思うのですが、自分の好みのやつを使いたいからお風呂にはアメニティ持参しますよね。タオルも脱衣所にありますので、ここでは本当に手ぶらでお風呂に行くことができます!

いかがでしたか?

ハイセンスでスタイリッシュながらも、大阪のユーモアが随所に感じられるコートヤード・バイ・マリオット大阪本町!ぜひみなさんも大阪チェンジしに行ってみて下さい。

この記事を書いたライター情報

ラプレ

ラプレ

大阪・関西を中心に、新しいお店、イベントなどの取材活動を行っています。地域ニュースサイト「梅田経済新聞」「なんば経済新聞」「大阪ベイ経済新聞」も運営しています。

ラプレ が最近書いた記事

おすすめのコンテンツ

連載