鍋の季節到来!大戸屋に「コク辛」「塩出汁」の鍋定食が登場!

鍋の季節到来!大戸屋に「コク辛」「塩出汁」の鍋定食が登場!

2019/11/07

大戸屋に、11月5日(火)から、鍋定食メニューが登場。チゲスープの「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」と、塩出汁スープの「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」の2品を紹介!

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

魚介たっぷりのチゲ鍋と野菜満載のとろ旨鍋

「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」は、魚介の旨味を加えたチゲスープ。揚げたすけそう鱈殻付きのあさり、手造り豆腐、白菜、長ねぎなどを一緒に煮込んでいるピリ辛の鍋だ。「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」は、さっぱりした塩出汁スープ炭火焼き鶏、白菜、長ねぎ、しめじ、なめこなどを煮て、たっぷりのとろろを入れて食べる、これからの季節にぴったりの一品だ。

ピリ辛スープに魚介のコクが凝縮

「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」890円(11/5発売)

小松菜がアクセントになっている

――おすすめの食べ方はありますか?

コーポレートブランド室の岩熊さん
コーポレートブランド室の岩熊さん
「魚介の旨味とピリ辛のスープがよくマッチしています。『ビールに合う!』という声も多い一品です。半熟に仕上げた卵を割って溶かすと、まろやかな味の変化が楽しめますよ」

ヘルシーなとろろをたっぷり!

「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」890円(11/5発売)

ゆず胡椒で味の変化も楽しめる

――こだわったポイントはどこでしょうか?

コーポレートブランド室の岩熊さん
コーポレートブランド室の岩熊さん
「炭火で焼いた鶏肉と塩出汁スープがよく合う、家族で囲みたくなるような鍋です。味の変化を楽しんでいただけるようこだわりました。とろろを加え、ゆず胡椒を入れると、味が変化します。あっさり風味ですが、おなかも心も温めてくれます」

人気の「根室沖 生さんま炭火焼き定食」が販売期間延長

10月いっぱいで販売終了の予定だった「根室沖 生さんま炭火焼き定食」が、11月30日(土)まで延長して販売される。魚体は大型化してきており、これまで130グラムほどのさんまが多かったが、今後は昨年並みの150グラム以上のさんまが増えてきそうだ。鮮度にこだわった生さんまを炭火でパリッと焼いた絶品メニューを食べられるのも、あとわずかだけに、お忘れなく!

「根室沖 生さんまの炭火焼き定食(さんま1尾入り)」(980円)

生さんまの炭火焼きに、大根おろしなどが付いている。さんま2尾入りは1380円

チゲスープに魚介、豆腐、野菜が入った「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」は、卵を溶かすとまろやかな味になり、「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」は、とろろ、ゆず胡椒を加えると風味が変わっていく。寒くなってくるこれからの季節にぴったりな、味の変化を楽しめる鍋定食を食べて温まろう!

【商品等の問い合わせ】
大戸屋お客様相談室 0120-72-0108

取材・文/田口裕(エンターバンク)

この記事を書いたライター情報

Yahoo!ライフマガジン編集部

Yahoo!ライフマガジン編集部

グルメ、おでかけ、イベントなど、ライフスタイルを豊かにする情報を編集部が厳選して紹介します。

おすすめのコンテンツ

特集

連載